噴火
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「噴火」の項目を執筆しています。

噴火(ふんか)とは火山周辺で開催される、を伴うこともある祭りである。主催者は人間ではないので訴えることも逮捕もできない。目次

1 概要

2 運営組織「ぷれいと」

2.1 地球との関係


3 祭りの用語

4 代表的な祭りの開催場所と例

4.1 海外

4.2 日本


5 参加者の心得

6 脚注

7 関連項目

概要

地球の鬱憤ばらしのためだけの祭り。その歴史は古く、少なくとも人間の誕生以前から存在する。有史以後は、人間も参加できるようになり開催される度に賑わいを見せている。なお、開催はの地下組織「ぷれいと」(英名:playt)によって地球から委託運営されており、詳細を知る者は少なかった。しかし、近年学者や専門家によって開催を取りやめるべきではないかと指摘されているにも関わらず21世紀現在も祭りが中止されることはなく、事前告知を学者でも理解するのは難しい。
運営組織「ぷれいと」

祭りの委託運営先に地球から指定されている営利団体。しかし、地上の生物たちにとっては利益どころか損害を生む。地下深くに存在し、人間とのコンタクトを拒絶している。地上から約660kmあたりまでの範囲と地球の表面全体を広域で営業エリアに指定しているため、地域によってばらつきが多い。20世紀初頭、ドイツの科学者ウェゲナーなどはこの組織がより他方面に暗躍しているのではないかと唱えたが生きている間は認めてもらえなかった。

また、「ぷれいと」には多数の支社が存在するためイザコザが絶えない。日本周辺はユーラシア支社、フィリピン海支社、北アメリカ支社、太平洋支社によって管轄されているため組織内の営業成績を上げようと祭りが絶えない。
地球との関係

地球にできたイボイボを借りて「ぷれいと」は祭りを開催しているため人間たちにはで行われるこの祭りには基本的には参加できない。
開催された経緯は地球が「全身が痒い、痛い!」などと言って1万マントルを支払い、地球上でうごめく生物達にお灸を据えるようにマグマで出来た火山灰という花火を「ぷれいと」に打ち上げさせたことに始まる。

また、噴火によって地球が怪我をして新しくかさぶたができることもある。最近では西之島でこの現象が発生し、断続的な噴火の開催で面積が10倍以上に増えた。
祭りの用語

運営側の巧みな運営により、危険そうではない人間の言葉を用いてイベントが開催される。ここではイベント名も学名も日本語に翻訳された名前で紹介する。 56d6

灰ポール(学名:噴煙柱)
呑み込めません。要するに火山灰の柱である。風に乗って遠くまで降り注ぐ。

流れるアッシュ(学名:火砕流)
少なくとも人間が並走して遊べる速さではないが、なぜか人はその様子を記録しようとする。

ヨ・ガンリュ(学名:溶岩流)
KPOPスターのような名称でキムチと同じ色をして若者受けを狙っているが、1000℃以上もあり、絶対に近づいてはならない。
代表的な祭りの開催場所と例
海外
ポンペイ(ヴェスヴィオ火山)
イタリアのナポリ付近に存在する。2000年前に催されたため、「ぷれいと」の存在すら知らなかった人が多かったであろう。なお、一部の参加者は盛り上がりすぎたためか頭の温度も上昇してしまった。[1]
キラウェア火山
ハワイに存在する。桜島と同じくらい噴火頻度が高い。今でも噴火があるが、もはや観光スポットとして名高い。完璧に団体「ぷれいと」に人間たちが騙されている証拠である。[2]
日本
雲仙岳(雲仙普賢岳)
1991年、
長崎県で起きた祭り。自衛隊警察、消防隊もイベントスタッフとして参加させられ、殉職してしまった人もいる。多くのマスコミと呼ばれるフォトグラファーやとある夫妻については後述する。
富士山
1707年の「宝永噴火まつり」以降、開催されていない。しかし、開催されれば東海地方や関東地方に住む人々は参加者になる可能性が高く、参加しないという早い決断が求められる。

その他にもたくさんの「ホットスポット」が世界には存在するので気になる人は火山一覧を参照。
参加者の心得

まずそもそもこの祭りには参加しない方が良いですが、開催地域が広く、また突発的なため気持ちを興奮させたり、浮かれることのないことをお勧めします。祭りの様子を記録または放映しようとして、を落とすことのないようお願い致します。また、クラフト夫妻というこの祭りの常連がいましたが、前述の雲仙普賢岳において「流れるアッシュ」により亡くなられました。
脚注^ 恐ろしい大噴火、高熱で脳が沸騰、頭骨が爆発
^ この通りである。死者を出す祭りの開催場所なのだが...

関連項目

地震(同じく「ぷれいと」によって委託開催される祭り。文字通り深い関係がある。)

世界の果てまでイッテQ!(祭り男たちもこの祭りには参加しなかった)

UnNews:世界各地で大規模な火祭りが行われた(祭りで死を伴うことは少なくない)


更新日時:2021年10月6日(水)17:06
取得日時:2021/11/25 19:26


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8423 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef