北海道旅客鉄道
[Uncyclopedia|▼Menu]
警告この会社はお金がありません。何をするかわからないので、乗車の際は自己責任でお願いします。また、北海道に訪れた場合は、ではなく汽車にぜひ乗ってあげましょう!!

トロピカル連合公認この事業者はトロピカル連合構成事業者じゃゴルァ!!
車内では俺様が神、貴様はただの土砂じゃゴルァ!!

北海道旅客鉄道株式会社
Hokkaido Railway Company
種類株式会社
市場情報非上場



略称JR北海道、JRH、JR北、検閲により削除
本社所在地機密事項です。閲覧できません
企業秘密です。閲覧できません
設立1987年昭和62年)4月1日
業種陸運業
事業内容旅客鉄道事業 他
代表者島田修 (しゃちょーさん)
資本金156円(2021年3月31日現在)
売上高連結:1119億円
単体:510億円
(2021年3月期)
従業員数約6000人(2021年4月1日現在)
決算期3月31日
外部リンク 4f41 https://www.jrhokkaido.co.jp/


第72回 (2013年エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー


ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北海道旅客鉄道」の項目を執筆しています。


長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「北海道旅客鉄道」の項目を執筆しています。


北海道旅客鉄道(ほっかいどうりょかくてつどう)とは、北海道における株式会社方式の国営旅客鉄道である。

人の手が加えられていない車両や線路が多く存在し、ローカル線フェチな鉄道教聖地になっている。かつては不祥事が相次いだが現在は以前より少なくなってる。 2011年の特急列車などの一連の事故以降、経営合理化の一環としてプレハブの本社ビルに建て替えられた。 JR北海道の経営エリア。目次

1 概説

2 現有路線

2.1 新幹線

2.2 幹線

2.3 地方交通線

2.4 なんか葬られた路線たち

2.4.1 幹線

2.4.2 地方交通線

2.4.3 航路



3 安全への取り組み

4 関連項目

概説ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北海道旅客鉄道」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「北海道旅客鉄道」の項目を執筆しています。 JR北海道の一般的な車両。吹雪など悪天候に備えて前照灯が多く設置されている。 JR発足時に車両につけられたマーク

試される大地北海道、津軽海峡の海底部、および青森県のほんの先っちょ(「先っぽ」「先端」との見方も根強い)を営業区域とし、鉄道を運営している。札幌都市圏ではヒトを旅客として、閑散な区域ではエゾジカとヒグマとキタキツネを乗せている。しかし、ヒトは運賃を徴収することが出来るものの他の動物は運賃を支払うことができず、わからせることで料金を徴収せしめることが常態化している。

北海道旅客鉄道発足時、運賃を払うヒトが乗車する路線を除いてほぼ全線を緑地化する予定であった。発足時には3,176.6kmあった営業路線は、2021年現在2,372.3kmまで緑化が完了している。残された路線も更なる緑化が施行される予定であるが、本来の乗客であるクマやキツネの利便性を損なう可能性があり、地元山林との打ち合わせを定期的に行い緑地化への合意を進めている。
現有路線

乗客減に対応するため、収益のあがっている路線のほかはアドベンチャー要素を盛り込んだ経営がなされている。
新幹線
北海道新幹線
飛行機が苦手で北海道に行きづらいという要望に応え整備新幹線として開通した新幹線。しかし飛行機が苦手な人々は全体からみればマイノリティであることが災いし、現在は赤字を吐き出す路線の扱いを受けている。2030年度末に北海道新幹線が札幌まで延伸予定であるが果たして開業後に黒字になるかはわからない。営業収益はオタクとこの会社以外、誰も気にしない
幹線
函館本線
JR北海道最長の路線。大半が特急・貨物列車で普通列車は少なく(特に森?長万部間)、18キッパー泣かせな区間でもある。函館と名が付く割に総延長が長い。鹿児島本線ぐらい長い。旭川に名前が存在している時点でおかしい。旭川駅に将来的には北海道新幹線のFGTを通すつもりだと道知事が寝言を言っている位なので、「第一閉塞、高速進行!」路線がJR車両で復活が密かに期待されている。このほど廃線への余命宣告を受けた区間が発生した。長万部?小樽間(通称山線)は全く客が乗らないので貨物路線としての存続を目論んでいたが、JR貨物に断られてしまったので完全にいらない子になり、北海道新幹線札幌開業と引き換えに緑地化される予定である。
根室本線
こちらも廃線内定となっている区間が存在する。富良野?新得(上落合信号所)は動物すら乗車しない様相を呈し、さらには台風で線路がギッタギタのメッタメタになってしまったため、近いうちに緑地化される予定である。「幾寅駅」の『鉄道員』状態が現実になってしまったが、列車が走らないまま廃線とは何とも物悲しいものである。何より健さんはもう帰ってこないのだから…
千歳線
ほとんど特急および新千歳空港へのアクセスのために運行されている路線。新千歳空港は地下に設けられた駅にもかかわらず、お構いなしに気動車が乗り入れるスチームパンクな演出は不評を買っていた。札幌圏の運行障害に巻き込まれると航空会社にも迷惑が掛かるデリケートな路線であり、したがって既存の路線とは系統を分離することに。特急カムイはカイムにしました。
室蘭本線
特急の通る路線だが、かの有名な秘境駅もある。有珠山が噴火すると、路線はディズニー顔負けのアドベンチャー路線の様相を見せる。
石勝線
石狩と十勝を結ぶ路線。列車が特定のポイントを通過後、後ろで走ってきた地盤が崩れて線路がU字に垂れ下がる危機一髪のアトラクションが有名。過去にはスーパーおおぞらをベースとした「ファイヤートレイン」を運行した事もある。この列車は車両自体が出火して列車全体が燃え盛りながら厳寒の北海道を走り抜けるという、身も心も暖まるアトラクションであった。
地方交通線 16b7
富良野線

ラベンダー畑の中を走るので、線路に生えたラベンダーが列車に踏み潰される姿が素晴らしい路線。美瑛・富良野の観光地を抱えながらも、アトラクション要素の薄い路線であるため、やはり赤字は不可避である。
留萌本線
もともとは「深毛線」と名乗っており、全国のハゲから絶大な人気を誇っていた人気路線であった。しかしながら植毛技術の発達により人気は低迷。留萌?増毛間は廃止になり、留萌本線自体の毛が減ってしまった。そして最近、石狩沼田?留萌間も余命宣告を受け、残る深川?石狩沼田間も廃線レッドカード状態となっている。もはや留萌でも本線でもなく、#なんか葬られた路線たちに移動する日もそう遠くはない。
宗谷本線
最果ての地に向かう路線。途中の名寄駅を境に列車の本数が激減する。名寄以南はまあまあ本数がありそれなりに利用者がいるが、名寄を過ぎると本数が減り当然利用者も減る。地元民も使わない。乗客のほとんどが鉄道教徒か熊である修行路線。沿線には多くの秘境駅があり長期休みには全国から鉄道教徒や秘境駅マニアが修行に訪れる。特急は旭川?稚内間2往復(サロベツ号)、札幌?稚内間1往復(宗谷号)の計3往復がある。違いとして特急は観光客、普通列車は鉄道教徒が使う。 典型的な宗谷本線の駅
釧網本線
観光路線。かつては中国人観光客が山ほどいたがアレの影響で激減。現在は学生が主に利用している。DMVの計画があったがこの会社がいろいろとやらかしたため中止になった。
石北本線
遠軽駅は山間部でもない平地なのに何故かスイッチバックしなければならない。道中にある常紋トンネルにはいわくつきの噂があるが、それはヒグマの気配である。さっさと逃げよう。
札沼線(学園都市線)
かつてはしがない地方交通線として動物を輸送していたが、大学の誘致や住宅地建設によってヒトの乗車が増加。不要な末端区間を処分し、ポストドル箱路線の道を歩む。
日高本線
海岸沿いを走る路線。砂利浜を走る区間があるが、年に何回かある満潮の度に線路が水没する。2015年1月に節婦?大狩部間が水没。その後、沿線にある6つの自治体と激しいバトルを繰り広げ、とうとう不通区間の鵡川?様似間が廃止されることに決まった。2021年4月に沿線住? b2d ?愛好家の皆さんに惜しまれつつこの世を去った
海峡線
青函トンネルを含む路線。新幹線や貨物列車が頻繁に走っているが、「北海道地方」に向かうため地方交通線の扱いを受けている。
なんか葬られた路線たち

国鉄は爆発寸前に道内の多くの路線を粛清したが、潰しきれなかったものはJR北海道に押し付けられ、しぶしぶ続きをやらされる羽目となった。ここではJR化後に消された路線のみ記す。
幹線
函館本線上砂川支線
砂川支線よりも存在感がなかったので
誰も気にしない
石勝線夕張支線
夕張市に業務委託。だが夕張市があれなのでほぼ運休状態だった。最後は市に厄介払いされるという悲惨な最期を迎えた。
地方交通線[編集 43ec ]
幌内線
北海道最初の鉄道という栄光も虚しくJR化後一瞬で廃止された。
松前線
函館から6両で来た列車を木古内で切り離し、江差線と松前線に3両ずつ運行するという奇妙な運行形態だった。この路線が廃止された当時、実は江差線より営業成績が良かったのは検閲により削除
歌志内線
なんて読むのかわからないという理由で粛清されてしまった。
標津線
上と同じ理由で廃止。
名寄本線
赤字のくせに「本線」を名乗って調子に乗ってたらあぼーんされてしまった。
天北線
もともと宗谷本線だったのに、後から天塩中川とか幌延とか豊富とかを通る新線に取って代わられ、結局あぼーんされてしまった可哀想な路線。
池北線
第三セクター北海道ちほく高原鉄道に転換するも、2006年にこちらも廃止。2度死んだ路線。
深名線
某アーティストのイメージビデオでこの路線が取り上げられた。その動画の編集があまりにも素晴らしかったため、その後しばらくJR北海道は廃線をひとつもしなかった。
江差線
末端区間に関しては北海道新幹線の開業を待たずして廃止することをJR北海道が提言し、「江差に行かない江差線」として存続を図る。ところが海峡線と一体となっていた区間も、新幹線開業に伴う経営分離で第三セクター道南いさりび鉄道に移行し、江差線の名は名実ともに消えてしまった。
航路
青函航路(青函連絡船)
かつては北海道に向かう唯一の手段であったが、
青函トンネルの開業によって1988年3月13日限りで役目を終えた。今は民間のカーフェリーが運行されている。北海道と本州を結ぶ道路がないので、自動車や二輪車はこちらを使わなければならない。
安全への取り組み

北海道旅客鉄道は安全運行を行うべく日々訓練を行なっている。より実践的な訓練が行えるよう営業運転中の車両を使って行なわれ、乗客への事前の周知も行われない。主な訓練は以下の通り。

火災訓練
気動車はその特性上火災を発生させる危険性がある。したがって、どんな場所でも対応できるよう訓練を積む必要がある。特に消防の手助けが効かない
閑散区で重点的に行われている。

脱線復旧訓練
日常的に行われている。道内約250箇所のレールに細工が施されているが、レールが元から歪んでいるためにあまり脱線は発生しない。

鹿との衝突訓練
運賃を支払えないシカに運賃分の貢献をしてもらうために、走行中の車両の前に出て衝突してもらう訓練を実施している。衝突訓練に参加した鹿の生死は定かでない。
関連項目

JR

日本国有鉄道

UnNews:JR北海道、新幹線の終着駅を「北海道大学」駅に変更へ
 ・話・ 


その他 : JR樺太 JR沖縄 JR貨物 JR総研 JNR 鉄道省JR
北海道
施設 : グリーン車 グランクラス みどりの窓口
関連企業 : キヨスク NRE
JR
東日本

JR
西日本

JR
九州

西
JR
東海

東京
JR四国

この「北海道旅客鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2022年8月5日(金)23:33
取得日時:2022/11/23 18:38


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:20 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef