勃起
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…勃起の発生する原因[編集]通常、勃起は御威霊の御戯れと考えられているが、発生する条件に関して次のような規則性が認められる場合がある。ここに挙げるのはあくまで一例である。

何かを想像したら…

悶々としていたら…

朝起きたら何故か…

試験中に何故か…

山道の急な下り坂を車で走っていたら…

稼働中の洗濯機に押し付けていたら…

急に携帯が鳴ったので…

浴場の彫像をいじってたら…

女の子を見ていたら…

女の子の白いを見ていたら…

女の子の潤ったを見ていたら…

女の子のぬめった舌を見ていたら…

女の子の鎖骨を見ていた? 5b4 ??…

女の子の体操着姿を見ていたら…

女の子の水着姿を見ていたら…

女の子の胸部を見ていたら…

女の子の下着を見ていたら…

女の子の生足を見ていたら…

女の子の足の指を見ていたら…

女の子の足の裏を見ていたら…

女の子の足の裏で踏まれたら何故か…

女の子がチュッパチャップスを舌先で舐めていたら…

この項目を読んでいたら何故か…

男性の股間を見てた fe6 ら…

勃起時の秘具の大きさ

個人差があるがだいたい直径5?15chyde(センチハイド、1hydeの1/100)程度である。御仏の御戯れなのだから場合によって変化するのである。
勃起した秘具の名称に関して

勃起した秘具を英語では一般的に「phallus」と呼ぶが、これに対応するような一般的な日本語が存在しない。「『ちんこ』よりも『ちんぽ』の方が大きい」などの見方もあるが、どれも俗説のようなもので膾炙していない。「マラ」も「疲れマラ」の意味合いからすると、勃起していない状態も含んでいるように考えられる。日本において、「雨」が状況によって「五月雨」「時雨」「夕立」「にわか雨」「狐の嫁入り」などに名を変えたり、同じ魚が「ワカシ」「イナダ」「ワラサ」「ブリ」のように二通り以上に称される「出世魚」が存在する。たしかに秘具の名称が使用忌避される習慣を無視することはできないが、(包茎の分類はさておき)勃起した秘具だけが一つも名称をもたないというのは、日本人の性文化を考慮すれば不自然である。仏に名称があるように、御威霊にも状況に合わせて命名することは許されるべきである。このことは、勃起が「半立」、「朝立」、前述の「疲れマラ」などの呼び名をもつことからも主張しておかなくてはならない。
関連項目

勃ち読み

半立

陰茎

あそこ

小池一夫

[1]棒状のものが勃つ瞬間を捉えた貴重な映像

特撮におけるもっこり
360

更新日時:2021年1月7日(木)14:43
取得日時:2021/06/21 12:30


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7356 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef