割り箸
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…割り箸のリサイクル[編集]本来の用途に使用した後の割り箸は、以下のようにリサイクルされている。

金魚用の墓標として

りんご飴や綿菓子の芯

手で触れるのを避けたいもの(検閲により削除など)をつまむ

背中のかゆいところを掻く

タイヤの溝に詰まった小石などを取り除く

たき火や炭おこしの際のつけ木として

武器として

食材として(外部サイト参照)

どうしても箸がない場合、箸の代用品として

包装 和紙でできた高級品。 111f

割り箸の多くは、紙袋または透明なプラスチック袋に入れられていることが多い。また、紙袋は

ポケット状の紙に、ただ割り箸が差し込まれているもの

二つ折りにした紙に割り箸をはさみ、三方を圧着してあるもの

の二種類に大別される。また、高級品の一部では、縦三つ折りにした和紙の片側を折り返しただけのものも用いられている。多くの場合、これらの袋には「おてもと」という文字が印刷されていることから、割り箸の正式名称は「おてもと」であるという説も存在する。袋にはそれ以外にも、提供者の店名、電話番号などが印刷されていることが多いが、余白を使用したい場合(ナンパした相手のメアドをメモするなど)には邪魔となる。その場合は接着してある部分を剥がし、開いて裏面(内側)を使うといい。
環境問題と割り箸

かつて「割り箸は資源の無駄遣い」とされ、地球に優しくないとか環境負荷が高いとかいう理由で目の敵にされていた[1]。環境問題に関心が高いことをアピールしたい人たちによって「マイ箸運動」というものが行われていたが、これは「割り箸」と「箸」が同じ用途のものであるという誤解に基づいているのは言うまでもない。マイ箸は割り箸と違い占いに使うことはできない。

また、割り箸は「占い」という(広義の)宗教儀式、祭祀的なものに用いられているのであり、このように儀礼的な「ハレ」の場で使われるものに対してまで環境問題を持ち出すのは野暮というものである。マイ箸運動は庶民の間に伝統的に伝わる祭祀に対する軽視であるとして、現在はすっかり下火となっている。

ちなみに、自作の弁当を食する際に用いる箸は携帯箸であり、割り箸の代用品を僭称するマイ箸とは全く異なるものである点には注意が必要である。見分け方は簡単で、「箱またはケースに入っているのは携帯箸」「和柄の布に包んで持ち運ぶのがマイ箸」である。
関連項目

割り箸鉄砲

脚注^ ただし、「割り箸は本来間伐材や端材など、他に利用できず廃棄されるものを利用しているので、環境に優しい」という反論がある。しかし、実際のところ、世に流通する割り箸の大部分は海外から? 767 ??輸入品によって占められており、間伐材を利用したものはわざわざそのことが「環境に優しい」という宣伝文句にできるほどのレア物であり、価格も高い。

外部リンク

割り箸を使ったメンマの作り方


割り箸を使った鉄砲の作り方


更新日時:2021年9月10日(金)20:12
取得日時:2022/01/18 07:23


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9891 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef