利用者:Kasuga/ポローン
[Uncyclopedia|▼Menu]
ポローンの降臨を全裸で讃える崇拝者達の様子が描かれた、紀元前5世紀の赤像式陶器

ポローン(ギリシャ語:π?λλων(Poll?n))とは、ギリシャ神話における太陽神アポローンの娘であり、希望の女神にして、思春期前の少女たちの守護神である。また、その一方で少女愛を司る女神でもある。日本語では慣例的に長音を略して、ポロンと表記される。

ほとんどの古代絵画で、ポローンは、金髪碧眼に月桂樹の冠を頂き、朱鷺色のトーガを纏った、十歳前後の少女として描かれている。父アポローンが古代ギリシャにおける理想の青年像とされたのと同様に、ポローンもまた理想の思春期前の少女像とされていた。また、幾つかの絵画では白い大きなアヒルに乗った姿で描かれる。古代ギリシャにおいて、アヒルはポローン神の使いであると見なされていた。

ポローンの名の由来は確定していないが、ギリシャ語においてπ?λλωνとは「多数の」を意味する形容詞であることから、ポローンのもたらす希望の多数である様がその名の由来であるとの説が人口に膾炙している。
ポローンに捧げる雅歌
原詩 Δεν ε?μαι φοβησμ?νου, αλλ? τρ?μο?. Ε?μαι, αλλ? ευτυχ??. Θ?λω να ξ?ρω, θ?λω να π?ω. Θ?λω να γ?νω θε? σ?ντομα. Το μυαλ? μου ε?ναι εν?λικο, αλλ? το σ?μα μου ε?ναι ακ?μα παιδ?. Μου δ?στε περισσ?τερε? θαυμ?σιε? δυν?μει?.
日本語訳我は懼れじ、されど懼れたり。我は羞じたり、されど歓べり。我は知りたし、我は行きたし。我は直ちに女神に成らん事を望めり。我が心は大人なれど、未だ我が肉体は小児(しょうに)の儘なり。与えよ、我に更なる不可思議の力を。

更新日時:2018年7月30日(月)04:59
取得日時:2021/09/18 16:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2291 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef