出会い系業者
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事にはユーモアが不足しています。
治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「出会い系業者」の項目を執筆しています。

出会い系業者(であいけいぎょうしゃ)とは日本の報道と表現の自由をなによりも尊重し、どれほどイヤーンな感じの内容が多いアングラ本であっても広告を出してくれる懐の広い業者である。また、どんなに人と話しが出来ないようなDQNであっても優しくメールの相手になってくれる人を付けてくれる、とても心優しい業者でもある。そのメールの相手の女性が実在するのかどうかについては分かりません。目次

1 概要

2 歴史

3 問題点など

4 関連項目

概要

大半の出版社は広告収入を得なければ本が出せないほど財政が逼迫しており、広告主の確保は大手から零細まで共通した難問である。出版社の中でもアングラ本やエロ本などの社会的に問題のある出版物は広告主を探すのが難しい、しかし、出会い系業者が一般のスポンサーが付いてくれないマイナーな雑誌に対して惜しみなく援助を申し出てくれる。しかも、どれほどマイナーな雑誌であっても1ページ50万円の非常に高額な広告料を支払ってくれる気前の良さである。出会い系業者のおかげで、これらの性的に中二病的にありがたい雑誌が出版できているのである。

大手マスメディアから報道と表現の自由が失われた現在の日本における自由を守ってくれる最期のスポンサーであると言っても良い。しかし、近年では国家権力による出会い系業者潰しによって自由な表現が保証された場所は減りつつある。
歴史

出会い系業者とは、日本では太古から存在する業者の一種である。具体的に言うと江戸時代とかその前らへんからあったらしい。その昔は、悪代官(悪い事が大好きなお代官様のこと。)が経営しており、元々お金を払ってでも帯引き(町娘の帯を引っ張ってくるくる回転させる遊びの一種。帯は100m程度巻くのが普通で、制限時間内に引っ張りきると町娘の着物がはだけるサービスがある。)を楽しみたい人たちに頑丈な三半規管とチラリズムの極意を知る町娘を斡旋するもの凄く粋な事業だった。この頃はまだ今のように通信機器が発達していなかったので、利用者は直接店舗へと出向く形態の営業を行っていた。利用者が店舗を訪れると取締役の悪代官が「出会え!出会え!」といって歓迎することから「出会い系業者」という名前が付いた。

時が流れて通信機器が発達するにつれてそのような粋なサービスは姿を消し、町娘も絶滅してしまったのでとりあえず女性との出会いの場になり、女性の社会進出の結果男女共に知り合える場になった。
問題点など

高額な広告料の財源は一般の友達も恋人もいない寂しい人たちからの搾取であるが、日本の報道と表現の自由を守るためには仕方が無い社会負担であるため、出会い系サイトの使いすぎで自殺者が出たとしてもそれは仕方が無いのである。

出会い系サイトで相手をしてくれる女性の大半は常に優しさと奉仕の心を忘れず、なかなか会ってくれない奥ゆかしい人々ばかりだが、たまに、援助交際目当てやなにか心がセレブな女性が紛れ込んできてリアルな問題に発展する場合がある。
関連項目[ 46b1 編集]

出会え系業者

別れ系業者

本記事内容ハ皇室ノ尊嚴ヲ冒?シ、政體ヲ變改シ又ハ其ノ他公安風俗ヲ害スルモノニ依リテ掲載スルヲ得ズ
直チニ然ルベキ加筆、修正ヲ加ヘ、新タニ此レヲ掲載スベシ
              内務省 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年10月3日(水)09:02
取得日時:2022/07/01 13:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5490 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef