処女膜
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…処女膜非存在論[編集]処女膜は解剖学的に人間やアルパカなど複数の生物に確認されている実在の器官だが、これに対してフェミニストを中心に激しい反発が巻き起こっている。彼女らが言うには「そのような性差別的な器官は存在するべきではない」とのことで、彼女らの思想が強い女性誌などでも「男社会のでっち上げ」「医学的な根拠は何もないのに、妄信している男たちは気持ち悪い」とバッシングを日常的に行っている。また「処女膜があるなら童貞膜もあるべき」という思想も見られている。

ただし、これはあくまで感情的な女尊男卑思想に端を発する非科学的な妄想である。処女膜の有無が女性の価値に影響することは今も昔も無く、かつての生娘信仰は「子供の親がだれか明確にする」という目的のものであり使用済みか否かを判断するものではない[2]。膜一枚で性差別的だというなら、男女が性差を持つこと自体が差別的になってしまう。

ちなみに男性の精嚢から延びる射精管の内側には細かい襞があり、最初の射精(精通)までは閉じた状態だが精通することで「開通」し精液を 4be4 流せる状態になる[要出典]。これが「童貞膜」と言えないこともない。一部の女性は「特殊な男性には童貞膜があり、初挿入されると破れる」と信じていたりもする[3]が、これはまた別方面での勘違いである。
脚注^ というかかなり頑丈であり、一回二回では破れず出産でようやくということも少なくない。
^ 実際中世の江戸っ子たちは「乳臭い生娘よりも色薫る年増がいい」と感じており、「姉さん女房は金の草鞋を履いてでも探せ」と年上の嫁を求めたのである。
^ ちなみに。「童貞膜」でぐぐると、2017年5月の時点では「童貞膜少年 ?男にもあった初体験で破れる膜?」というBL作品がトップに出てくる。

関連項目

処女

童貞

フェミニズム



破瓜


更新日時:2018年12月5日(水)13:41
取得日時:2021/12/01 19:05


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6021 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef