以下略
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…ぜ略されてしまうのか[編集]そもそも略されない人というのは何につけても華があるもので、略す側から見ても無視できないだけの魅力を備えているため、略されないべくして略されないのであり、逆に略されてしまう人というのは何につけても地味なもので、略す側から見てもそもそも認識できないくらいの存在感しか備えていないため、略されるべくして略されてしまうのである。もちろん略されてしまう人も略されてしまうなりに自己主張はするのだが、それでも無視できない、略されないだけの存在感を醸し出すのは容易なことではなく、結局のところ略されてしまうのである。かくして略されない人は略されない努力などしなくてもますます略されない存在感を保ち続け、略されてしまう人はどれだけ略されない努力を重ねようとかえってドツボにはまり、これからも略され続けてしまうのである。

このように略されてしまう人々は古今東西に存在し、世界に負のエネルギーを募らせ続けるのだが、逆に考えれば略されてしまう人がいるからこそ略されない人が略されないことに意味が生まれて来るのであり、略されてしまうからと言ってその存在がイコール無意味なたわごとである訳ではなく、+(プラス)を+たらしめるためには同じ値の?(マイナス)が必要不可欠である(ゼロサムの概念)のと同じだけの意味を持っているのである。
文化としての以下略 あはは、略されてやんの。

また、古来より日本には和をもって尊しとする精神文化が底流にあり、それが「武士の情け」という時代的変化を経てあえて隠すことによって相手のメンツを保ってやると言うか、せめてトドメは刺さずに置こう、という大きなお世話を好む傾向にある。そこでやむなく割愛する、泣いて馬謖を切り捨てる、肉を切らせて骨を断つ、という一見すると素直じゃなく、実に回りくどい手法によって以下を略すのであるが、冷たく見? 468b ?てしまうのは実は愛情の故であり、脚光を浴びさせることによってかえって恥をかかせてしまわぬよう、むしろ守っているのである。そのあたりの絶妙な心理がいかにも日本人好みであるが、21世紀に入ってその風潮は頽廃の傾向にあり、古き良き伝統は次第に廃れていくのであった。「いためることを 恐れるあまりに 冷たく突き放す 愛もあるさ」
? 以下略 について、ルパン三世



結論

(ry
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「以下略」の項目を執筆しています。

空気 (人種)

サイレントマジョリティ

以下同文


更新日時:2019年9月7日(土)11:07
取得日時:2021/09/22 02:01


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6685 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef