代替
[Uncyclopedia|▼Menu]

代替(だいたい)とは、読み方でお里が知れる単語である。いわばバカ発見器である。目次

1 概要

2 トラブルの例

3 読み方統一へ

4 その他

5 関連項目

概要

代替の読み方については様々な読み方があるとされているが、本来の正しい読み方はだいたいである。この言葉の意味は、「他のものにかえる」であり、比較的日常的に使われている単語である。

しかし最近では、代替をだいがえとの誤読が多発しており、女子(原文ママ)に読み方のアンケートを実施したところ、実に七割がだいがえと読んでしまう事実が判明している。

日常的に使われているが故に、この言葉の読み方に関するトラブルが絶えないとされている。
トラブルの例

代替をだいたいと読んだら、上司に「それはだいがえと読むのだ馬鹿者」と給料を減らされた。

代替をだいたいと読んだら、「本当はだいがえと読むのに馬鹿な人ね」と
村八分にされた。

代替をだいたいと読むかだいがえと読むかを巡り暴力事件に発展した。

また、大体と読みが同一なため、聞き間違い等により事故に繋がる恐れがあると問題視されている。 代替を巡り発生した事件。流石は修羅の国福岡である。
読み方統一へ

政府は、「代替」を巡り、日々事件事故が絶えないことを深刻な事態とし、文科省を中心として「代替の読み方を統一する有識者の会」を近く行う模様である。

しかし、「このコロナ鍋の中でやることではない」「命は代替できない」と打倒アベンジャーズ軍団がデモるらしい。]
その他

末尾に「え」を付けると一気に読みが変わる。ただし御法度である。
関連項目ウィキペディア専門家気取りたちも「代替」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。ユーモア欠落症患者のために、 ca2 ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「代替」の項目を執筆しています。

その他…同じく読みの揺れがある単語。ただしこちらは両者とも正しい読みである。

重箱読み


更新日時:2020年9月12日(土)10:24
取得日時:2022/06/28 09:14


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3808 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef