仙山線
[Uncyclopedia|▼Menu]

仙山線(せんざんせん;英Senzan Line)は、その名から察するとおり、宮城県仙台市山形県山形市を結ぶJR東日本が所有する幹線のひとつである。宮城県の属国である山形市に住むエセ宮城県民にとって山形新幹線より重要な路線であり、日本で一番初めに交流電化(20000V;50Hz)された路線であるにも関わらず、未だ全ての区間が単線のまま放置されている路線でもある。

特徴としてお互いに他の市町村を介さず、県庁所在地である仙台市山形市しか通らないということや、東北地方では珍しいことにクロスシート仕様の車両(E721系)で、あの701系は乗り入れていないなど、鉄道ヲタクにたいへんやさしい路線と言えることなどが挙げられる。

これだけしか書かないと一見、地方にある普通な一路線と思われるが、普通の路線と呼ぶにはあまりに特異であることは、これから述べる。目次

1 路線の概要

2 エクストリーム・我田引鉄

3 仙山線が抱える問題

3.1 自然界の脅威

3.2 人的問題


4 仙山線の隠れた功績

4.1 ロングレール

4.2 交流電化


5 仙山線の今後

5.1 高速化について


6 脚注 

7 関連項目

路線の概要

先述のとおり、2つの都市を結んでいるが、路線は仙台駅を基点として山形駅を結んでいる…、と見せかけて実は、奥羽本線と接続する羽前千歳駅を終点としている。

だったらこの路線の名称は、仙山線じゃなくて、仙千線(せんせんせん)でいいじゃんという意見は聞こえてこない。

これはおそらく、仙石線の始発駅であるあおば通駅から石巻駅までつながっているにも関わらず、青石線(せいせきせん)としなかったのと関係があるのではないかという説や、最近では、「終点駅の羽前千歳駅は、そこには誰もいません。千の風になって吹き渡っています。」説が有力視されている。

ちなみに仙山線は、この風が原因でよく遅れるので、利用客にとっては大きな迷惑である。

仙山線から羽前千歳へやってくる全ての列車が山形行きであり、羽前千歳から仙山線へ入る折り返し列車も山形駅を始発としている。羽前千歳から山形方面へ山形新幹線とほぼ完全に独立かつ並行して走ることから、以下の項目では、原則として山形駅を終着駅として扱う。
エクストリーム・我田引鉄 71cb 笹谷経由での横断線の重要性を訴える初代山形市長

まだ奥羽本線どころか東北本線も開通していない頃から仙台と山形を鉄道で結ぶ計画が存在していた。この理由には、どこぞのシスコン大名が統治していた時代から山形が公私入り乱れて「仙台におんぶにだっこ」状態だったことのほかに、昔から仙台がやませによる凶作で米が不足すると愛子村の人間を使って山形から米を持ち去っており、鉄道により効率的かつ大規模に米を持ち去ることを目論んでいたことなどが考えられる。

そんなこんなで当時の土木技術のレベルを無視してまで運動が盛んだった仙山鉄道計画は恰好のエクストリームスポーツ会場となった。 循環線が多く計画され、その憧れが伺える

まず奥羽山脈をどう超えるかで関山線、二口線、笹谷線のほか新川線、大井沢線等々揉め、ついにはま?るい緑の山手線に憧れた田舎者が「いくつか建設して環状線にすっべ!!」と画策するも財政難の政府によって粛清されました

山形市はコロコロと主張を変え続けるも最終的には二口線を希望し、米の禁輸をちらつかせるなど半ば恫喝し仙台の説得に成功。しかし、仙台市民に二口経由にしたことを恨まれ不買運動を起こされては元も子もないため、責任を擦り付けるべくルート選定を鉄道省に一任丸投げした上で建設を陳情した。

このようにしてルート選定を丸投げされた鉄道省は、なんやかんやで大正14年から建設することを決めた。仙台と山形は歓喜の声に包まれ、両市は仙山線のルート選定は紛争の的となるから鉄道省に一任丸投げすることを再度確認しあった。

しかしここからが本番。国が既に最短ルートで山寺から羽前千歳まで結びついでに建設費もケチれる北回りで決定していたにも関わらず、東回り派が現在の2億円近くの大金で議員を買収し、山形市の東側を経由して一旦蔵王に登ってから山形駅に至る東回りルートを陳情しその際の駅建設費は全額負担するという計画を大正13年の山形市会で反対者二名を出しながらも賛成多数で可決してしまっていた。完全な二枚舌外交である。

国の決定に安心していたのにそれをひっくり返され慌てた北回り派は東回り派からの遅れを取り戻すべく、更に多い現在の3億円近くの大金で国・市・鉄道局のお偉いさんや新聞記者らを買収。公民館や料亭等で接待したりした。目には目を。金には金をである。他にも市民大会で北回りの必然性をアピールするなどした。当時では珍しい自動車を現在の1000万円近く[1]で買い、東回り派の議員をほぼ毎日買収しに出かけていた北回り派の村長がいたという記録も残っている。

この問題は山形市民にとって非常に関心が高く、山形市会の秘密会に聞き耳を立てて下の階まで追い出されたりなど揉めに揉めまくったという。 仙山線のルートで揉める山形市民北回りはなんもないクソ田舎。鉱産物林産物その他天与の産物は東山形駅の出現により多くの需要に応じることができる
? 仙山線 について、東回り派東回りは地主の地価上昇を狙った陰謀である。地主は金銭感覚が狂っているのか財政難というものをわかっていないようだ
? 仙山線 について、北回り派どこを通ってもいいから、はやく開通させてとっとと仕事をくれよ!!
? 仙山線 について、昭和恐慌の貧困にあえぐ山形市民

このような状況は票田を獲得勢力を拡大したい政治家に頻?に利用され、事態は更に混沌へと導かれ、内閣も下手に手出しできない状況になっていた。

しかし昭和10年各都市を視察して帰ってきた議員が、「線路って都市を分断するから東側走ったら発展に不利にならねェが?」「東山形駅の建設費20万(現在の約10億円)とか山形市じゃ払えないんじゃねェが?」などと発言したため、「そんな大金払える訳ねェべ!!」と山形市民の意見は一致し、結局東回り案はおじゃんになった。

仙山西線(山寺?羽前千歳間)が開通した時、当時の新聞に「全くの無駄な政争だった」と言われる始末である。

その後は特に政治的抗争に巻き込まれることもなく奥羽山脈をぶち抜き、全線が開通し、山形は歓喜に包まれた。 おそらく開業当時はこのような状況だったと思われる。

全通当日は一番乗りを目指す人、仙台見物の人、松島見物に行くのに松島海岸駅ではなく松島駅までの切符を買ってしまった人、日の丸の小籏を振る人、北回りで建設されたことに文句を言う人、山形を脱出し仙台に移住する人、牛タンを食べに行く人等々で大混雑であったらしい。

全通により行商人の女性が山形から仙台に農産物を売りに行ったり、逆に仙台から山形に海産物を売りに来たりと食文化も大きく変化。仙台の学校への進学も容易になり更に山形市を「宮城県の属国」たらしめ、ついには仙台市山形区にしてしまった[不要出典]。

この節で記したような山形市の姿勢は現在でも変わらず、山形市民にしか用に立たない仙台空港鉄道に出資したり、仙台市側がやる気ない仙山線の仙台区間の機能強化に口を出したり、フル規格の仙山新幹線構想をぶちかましたりしている。もはや仙山リニア構想が出るのも時間の問題だろう。
仙山線が抱える問題
自然界の脅威

以下、自然界がもたらす仙山線遅延の事例を紹介する。
仙山線は、落ち葉で遅れる。
車体が軽くなったことで秋のみに発生するイベント。仙山線風物詩のひとつ。ですから宇都宮郡山停車の
山形新幹線をご利用ください。客車運用の頃は、機関車がやたら重たいので、このようなことは少なかったらしい。
仙山線は、風で遅れる。
終点の座を山形駅に完全に奪われて、千の風になった羽前千歳駅が起こす、春によく発生するイベント。仙山線風物詩のひとつ。直線的で平坦な区間(特に羽前千歳?高瀬間・作並?愛子間)に限ってよく起こる。ですから山形新幹線をご利用ください。
仙山線は、雨で遅れる。
主に夏に発生するイベント。これは、仙山線が熱帯雨林気候である「仙山ジャングル」を横断しているために起こると考えられている。仙山線風物詩のひとつ。以下同文
仙山線は、走行中に動物をはねて遅れる。
春から秋にかけて発生するイベント。犠牲者はカモシカであることが多い。仙山線風物詩のひとつ。以下同文。
仙山線は、雪で遅れる。
主に冬に発生するイベント。スキー客がいるのに、すでに電車車両が勝手に線路上でスキーを始めることで起こる。仙山線風物詩のひとつ。以下同文。
人的問題

以下、住民や乗客がもたらす仙山線離縁の事例を紹介する。
仙山線は、バスと競合している。
山形自動車道
が通ったことにより、所要時間が鉄道と大して変わらなくなったため、仙山線の乗客(主に仙台と山形を移動する客)が減ったというもの。
仙山線は、全線が単線である。
上記のとおり、単線区間でありながら、とりわけ仙台?愛子間の運用本数が限界近くに達しており、複線化が望まれるものの、仙台側の沿線開発が進みすぎてしまって、それが困難である。山形新幹線が奥羽本線経由となったのはそのためである。とはいえ山形側は、正直単線で十分だろう。
仙山線の隠れた功績
ロングレール

日本初のロングレールが仙山トンネルに開業時から設置された。しかし本当の意味で隠れた功績であるため知名度が極めて低く、なぜか平成になってから山形市民が山形県に対し仙山トンネル内をロングレールにするよう陳情している。石頭の鉄ヲタが集まる自称百科事典でも空気扱いだが誰も気にしない

なぜ誰も気がつかないかということには

仙山トンネルの騒音により鼓膜が破壊され、鉄道教徒が音でレールの違いに気づけない。

仙山トンネルが5361mととても長く、「トンネル区間に入ると息を止めるごっこ」という小・中学生遠足行事などで良くやるエクストリーム・息止めを、仙山トンネル手前に意図的に仕組まれた孔明の罠であるフェイントのように短いトンネルによってさも簡単なものであるかのように錯覚してしまったために、気づいた人間は粛清されました

等の説が提唱されている。
交流電化

仙山線は日本初の交流電化が行われた区間であり、その実験を経て十分実用化が可能であることがわかり、その成功をもって北陸本線をはじめとした全国各地の交流電化に貢献した。作並駅にその記念碑がある[2]

…というのは表向きの話であって、北陸本線は現在JR西日本が管轄する路線でも唯一の交流電化(20000V;60Hz)となっており、それ以外の電化路線は首都圏と同じ直流1500Vで電化が進められている。このせいで、北陸本線は大阪東京方面から優等列車を直通させるために、直流・交流区間両方で走れるように設計された電車を作らざるを得ず、その新型車両は直流専用車両や交流専用車両より割高になるため、JR西日本金沢支社の頭痛の種となっている。

それに追い討ちをかけるように、最近では関西圏から直通列車を走らせるためにわざわざ一部区間を交流から直流に変更したり、JR西日本が地元に出資させる形で新型車両を入れさせたりしている。また、北陸本線を含む九州圏は60Hz、東北・北海道圏は50Hzと交流Hz数が違う。このことから、JR東日本の50Hz交流にしか対応していない交直流電車が北陸本線に入線できないため、新潟方面からは、未だに国鉄時代に作られた骨董品のような特急車両が主流で走っていたり、車齢が軽く40年を超えるような、昼夜問わず酷使されたあげく、寝台特急電車からスライス改造された普通電車が平気で走っているカオスな路線となってしまった。

そして北陸新幹線が開業し、北陸本線の大半がJRの手を離れた現在、そういったボロ電車は一掃された。地元がお金を出してくれる西側では引き続き新型車両の投入が続いているが、地元のやる気がない東側では電化されているにもかかわらず気動車が走るという状況に。ここまで来るともはや交流電化が仇になってるとしか言えないだろう。

このように書いているけど、交流電化のほうが高速運転にむいているので、新幹線開業の基本電化方式が交流になったことや、交流区間が多い東北でミニ新幹線乗り入れに都合が良かったのも事実。だから、やはり仙山線の功績はすばらしいということも、ここにきちんと書いておくね。
仙山線の今後

仙山線は、厳密にはあまり競合しない山寺や作並といった観光需要も多く、また仙台側にも愛子?仙台間ではかなりの通勤需要がある。実現するかは疑問だが、仙台空港アクセス線への乗り入れも前向きに検討されている。山形道の高速路線バスは、本数も多く時刻表要らずとか。
? 仙山線の今後 について、仙山線は、無くなりはしない派仙台も山形も、移動手段はマイカーが主流とか。
? 仙山線の今後 について、仙山線は、無くなりはしないと思う派今度、高速道路がETC割引で片道1000円だとか、将来無料になるかもとか。
? 仙山線の今後 について、仙山線は、無くならないんじゃないかな派

ま、ちょっとは覚悟はしておけ。
高速化について

上記の通り、観光路線・通勤路線として市民に愛されてきた仙山線であるが、いかんせん単線のため現状以上の増発が難しい。実際にその弊害は出ており、新駅設置にともなうエクストリーム・通勤や、踏切による渋滞や、そもそも仙台都心のすぐそばなのに毎時2?3本しか電車が無いとか、いろいろとアレな状態にある。

そんな事態を憂いた市とJRはここ十数年間、複線化や東照宮?北仙台駅間の高架化を画策するも、景観問題やら宅地開発が進みすぎて用地収得がそもそも不可能と言ったどうしようもない壁にぶち当たり、最近は高速化の話自体が消沈気味。もうめんどくさいから東照宮から仙台駅周辺まで地下に埋めて中江踏切の渋滞だけでも改善してくれませんかねぇ・・・
脚注 ^ 当時、山形では東京ドーム1個分の田畑を買えるほどの大金
^ なお、両隣の八ツ森駅と西仙台ハイランド駅は、2014年3月14日にあぼーんされたが、鉄道教以外誰も気にしない

関連項目ユーモア欠落症患者のために、 117b ウィキペディア専門家気取りたちが「仙山線」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「仙山線」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「仙山線」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「仙山線」の記事を執筆しています。

東北本線

仙台空港アクセス線

左沢線

仙台市

山形市

千の風になって


  7a47 ・話・ 東北地方鉄道

JR東日本 東北新幹線 - 秋田新幹線 - 山形新幹線 | 東北本線仙石東北ライン - 仙台空港アクセス線) - 常磐線 - 仙山線 - 左沢線 - 大湊線 - 北上線 - 津軽線 - 米坂線 - 会津線 - 岩泉線
JR北海道 北海道新幹線
私鉄(公営) 仙台市地下鉄東西線
私鉄(三セク) 会津鉄道 - IGRいわて銀河鉄道 - 仙台空港鉄道 - 津軽鉄道 - 野岩鉄道 - 由利高原鉄道 - 弘南鉄道
北海道 | 東北 | 関東 | 甲信越 | 北陸 | 東海 | 近畿 | 中国・四国 | 九州 ・話・ JRの鉄道路線

JR北海道 (新幹線) 北海道新幹線
(在来線の幹線) K●Y●石勝線 | H●N●S●A●函館本線 | H●AP●千歳線
(地方交通線) G●札沼線 | A●石北本線 | 日高本線 | 江差線 | 池北線
JR東日本 (新幹線) 東北新幹線 | 山形新幹線 | 秋田新幹線 | 上越新幹線 | 北陸新幹線 | 長野新幹線
(在来線の幹線) JA赤羽線 | JC五日市線 | JT伊東線 | 内房線 | JC青梅線 | 川越線 | JE京葉線 (JMFUNABASHIデルタ) | 相模線 | 篠ノ井線 | 上越線 | 常磐線 (中距離 | JJ快速 | JL緩行) | 信越本線 | 仙山線 | 仙石線 | 総武本線 (JO快速) | 外房線 | 高崎線 | CO中央本線 (JC快速) | JI鶴見線 | JT東海道本線 | 東北本線 (JU宇都宮線) | 成田線 (JO成田空港線) | JN南武線 (尻手短絡線) | JK京浜東北線 | 根岸線 | 白新線 | 水戸線 | JM武蔵野線 | JY山手線 | JO横須賀線 | JH横浜線 | 両毛線
(地方交通線) 飯山線 | 越後線 | 大糸線 | 大湊線 | 鹿島線 | 烏山線 | 北上線 | 久留里線 | 津軽線 | 東金線 | 八高線 | 弥彦線 | 米坂線 | 会津線 | 岩泉線
(広域運転系統) 上野東京ライン | JA埼京線 | JS湘南新宿ライン | 仙石東北ライン | 仙台空港アクセス線 | JAJS相鉄・JR直通線 | JB中央・総武緩行線 (総武線各駅停車)
JR東海 (新幹線) 東海道新幹線 | 中央新幹線
(在来線の幹線)  CJ  関西本線 | 紀勢本線 |  CB  御殿場線 |  CF  中央本線 |  CA  東海道本線 ( CA  新垂井線 | 美濃赤坂線)
(地方交通線)  CD  飯田線 |  CG  高山本線 |  CE  武豊線 | 名松線 | 岡多線
JR西日本 (新幹線) 山陽新幹線 | 北陸新幹線
(在来線の幹線)  O  大阪環状線 |  V   Q  関西本線 |  W  紀勢本線 |  P  桜島線 |  H  JR東西線 |  E   A   D  山陰本線 ( E  嵯峨野線) |  A   S   W   X   G   R  山陽本線 ( A  JR神戸線 | 和田岬線) |  C  草津線 |  A  東海道本線 ( A  琵琶湖線 |  A  JR京都線 |  A  JR神戸線) |  D  奈良線 | 博多南線 |  V  伯備線 |  R  阪和線 |  G  福知山線
(地方交通線) 大糸線 |  B  可部線 |  K  姫新線 |  E  木次線 |  U  吉備線 | 七尾線 |  Z  福塩線 |  T  和歌山線 |  F  三江線 | 若桜線 |  T  津山線


(広域運転系統)  M  瀬戸大橋線
JR四国 (在来線の幹線) D●K●土讃線 | Y●U●S●予讃線
(地方交通線) U●内子線 | G●予土線
(広域運転系統) 瀬戸大橋線
JR九州 (新幹線) 九州新幹線 (鹿児島・長崎ルート)
(在来線の幹線) 鹿児島本線 | 篠栗線 | 山陽本線 | 筑肥線
(地方交通線) 指宿枕崎線 | 久大本線 | 筑豊本線 | 松浦線


更新日時:2021年12月13日(月)06:04
取得日時:2022/11/16 21:37


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:36 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef