ワールドカップ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…き[1]、叶わなかった。
黄金の中盤

ジーコらからなる4人の選手が、「黄金の中盤」としてもてはやされた。しかし、あまりに注目されすぎた為に逆に警戒されすぎて優勝することはできなかった。
神の子マラドーナ

ブラジルのペレの成功例を見たアルゼンチンは、マラドーナという新たなる神を作り出した。

マラドーナは新興宗教の専売特許ともいえる不正行為を繰り返し(手でボールをゴールに押し込む等)、またしても新興宗教がワールドカップを制した。そして、薬物まで合法化する事に成功したのである。
怪物ロナウド

ブラジルはその薬物の合法化でのバイオテクノロジーにより、スピードあふれる怪物ロナウドを作り出すことに成功した。ロナウドはその身体能力をもって世界中で猛威をふるい、万全の状態でワールドカップに乗り込んだが、一度目の襲撃のときは自身のオーバーヒートで不調に終わった。

二度目の襲撃では殺戮行為に成功し、ブラジルはワールドカップを制した。

三度目の大会では、すでにロナウドは旧型と言える兵器であり、ベスト8でブラジルは敗れ去った。ひとつの兵器に固執してはワールドカップは勝てないという典型である。所詮、世界大戦が変われば方式も変わるのだから。

ちなみに、ロナウドは3度目の2006年大会で、ゲルトミュラーの持つ14ゴールの記録を破り15ゴールの新記録を作り出した。
ネイマール

ブラジルの極秘研究所で生み出された、ドリブルで突破していくスタイルのAI。一度目の襲撃は途中まで上手くいったものの、本体の故障により襲撃を断念せざるを得なかった。尚、本体が故障し、ドイツにやられまくったのは、このAIの故障が原因であるとの説がある。二度目の襲撃は成功出来ると言った説も有力であったが、襲撃に失敗してしまった。2018年のワールドカップでは相手のファールに異常な反応を示し、世界中の人がネイマールチャレンジと称して真似した。
ルカ・モドリッチ b73

クロアチア、ザダル郊外のモドリッチ村で研究され、開発されたピッチ監視も兼ねる生物兵器。惜しくもブラジルでの襲撃は本襲撃の前に終わったが、ロシア大会ではあと一歩で襲撃は未遂に終わった。
開催地

前回の2014年大会の開催地は、ブラジルであった。

これはFIFA(世界サッカー連盟)の、「どうせならサッカーの本場で大会を開いて雰囲気を出したい。あと、前は南アフリカだったから今度は南アメリカでいこうwうはwww俺天才wwwww」という意向によるものであったが、目立った効果は見られず。

次回の2018年大会の開催地は、ロシアで決定している。ロシアの情報操作に注目が集まっている。

更に次回の2022年大会の開催地は、カタールで決定している。
その他

この大会が始まり、何かハプニング(ラフプレー、ハンド、大事な所で決められないなど)が起こると、生真面目な百科事典の選手の記事に落書きが増え治安対策がなされる a5b 事がある。これはUEFAチャンピオンズリーグの試合でも実際に起こっているのでワールドカップに限った事ではないとされる。
脚注^ マジレスすると、ヨハン・クライフは息子の誘拐未遂に遭い、襲撃を断念したのである。

関連項目

オリンピック

カイザースラウテルン大虐殺

1558年ワールドカップ

FIFAクラブワールドカップ

エマニュエル・エブエ

814

更新日時:2020年6月19日(金)21:41
取得日時:2022/01/23 10:53


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef