ロハス
[Uncyclopedia|▼Menu]

ロハス(LOHAS)とは「お財布の事情」に関心の高い人々のライフスタイルとされる。「ロハ」すなわち無料(タダ)のものを好んで使用することが多いことから、その名がついた。目次

1 概要

2 欧米におけるLOHAS

3 日本におけるLOHAS

4 ロハスのジャンル

4.1 デパ地下の試食

4.2 スーパーのビニール袋

4.3 い・ろ・は・す


5 LOHASの哲学

6 LOHASの団体

7 関連項目

概要

1998年、アメリカ合衆国の社会学者と心理学者のが、15年間の調査により、カルチュアル・クリエイティブスと呼ばれる節約や省エネへの意識が高い人々の存在を確認し、そのことを元に起業家のジルカ・リサビが開発したドケチな会社理念がLOHASである。大阪では毎年、節制を拡大するためのLOHAS会議が大阪のおばちゃんを中心に開催されている。現実では、LOHASは健康と環境のための取り組みと、ごまかされている。けちなLOHASにとって、LOHASが広まるのは都合が悪い。

ジャイアンの「オレのものはオレのものお前のものもオレのもの」と言う発言はLOHASの先駆けもといえる。
欧米におけるLOHAS

アメリカ合衆国の調査機関NMIが、LOHAS層を「節制と省エネに関心、社会に対するせこさ、自己主張・割引の向上に関心が高く、実際の行動に移す人々」と定義し、2002年よりその割合を調査している。2005年の調査によるとアメリカの人口の3%がLOHAS層だという。
日本におけるLOHAS

日本のLOHASの調査機関はLOHASの精神に基づき、大阪のおばちゃんがケチって存在しない。推定では人口の29%がLOHAS層といわれる。大阪の人口の内、LOHAS層は79%にも上る。
ロハスのジャンル
デパ地下の試食

無料で食事が出来る

さまざまな種類の料理が食べられる

スーパーのビニール袋

買い物をすれば無料で手に入る

ただし最近は企業もLOHAS志向で料金を取るとこがある。


my
レジ袋の持参はLOHAS精神に反する

い・ろ・は・す

水道水が入っているため、コストがかかっていない

ペットボトルの強度が余りに弱いのは、コストを極力削減したため

愛媛県の水道 574 で採取された、みかんジュース(を微量に含んだ、ただの水)も商品化されている

「IROHAS」とも表記される

以上の特徴を持つにもかかわらず、い・ろ・は・すは全国の店舗及び自動販売機で有料にて販売されている。そのため、一部では名称の変更を求める声が出ている。
LOHASの哲学

財布の紐
はきつく縛る

ポケットティッシュは何往復でもして貰う

試食で満腹にする

5f4 懸賞に応募しまくる

LOHASの団体

株式会社タカミコーポレーション
ポケットティッシュを製造している

日本
コカコーラ株式会社
頻繁にキャンペーンを行う他、おまけにボトルキャップをつけるなど。
関連項目[編集 2946 ]ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロハス」の項目を執筆しています。

おばちゃん

真のおばちゃん

大阪のおばちゃん


エコ

坂本龍一


更新日時:2020年12月19日(土)08:41
取得日時:2021/07/19 11:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6582 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef