リヒテンシュタイン
[Uncyclopedia|▼Menu]
リヒテンシュタイン大公国及びリヒテンシュタイン公国有限会社Furstentum Liechtenstein GmbH

[[File:|100px]]
(国旗)(国章)
国の標語 :

公用語ドイツ語など
首都ファドゥーツ
最大の都市シャーン
首都機能分割都市不明
指導者不明
会長ハンス・アダム2世
代表取締役クラウス・チュッチャー
面積
 - 総計
 - 水面積率世界第190位
160平方km
極僅か
人口
 - 総計(2004年
 - 人口密度世界第188位
33,436人
世界第xx
209人/平方km
政府創業者一族の権限が強い
国民的な英雄
独立1719年1月23日
通貨スイス・フラン (CHF)
時間帯UTC +1 (DST: +2)
国歌若きライン川上流に
宗教
国際電話番号423

リヒテンシュタイン公国有限会社( - こうこくゆうげんがいしゃ)とは、精密機械や切手の販売を生業とする企業である。警備会社として有名なスイスの隣にあり、リヒテンシュタインはスイスに警備事業などを委託している。 10e0 目次

1 歴史

2 経営

3 営業

4 事業内容

5 関連項目

歴史

リヒテンシュタインは創業以来、神聖ローマ企業組合、ライン企業連合、ドイツ企業連合と渡り歩いてきたが、今日まで他の企業に吸収合併されなかったのは規模の小ささと地理的な要因によるものが大きい。戦略的な要地でもなければ買収を仕掛けるにも旨みがなく、他の企業から攻撃される口実を与えることになるなど、仕掛けた側にとってはハイリスクローリターンなためである。

1600年 関ヶ原の戦いで東軍が勝利する。

1719年 神聖ローマ企業組合から、リヒテンシュタイン家が興した会社の創業を認められる。

1806年 神聖ローマ企業組合が崩壊。

1897年 フランス傘下のライン企業連合に参加する。企業としての認知が広まる。

1813年 ライン企業連合解散。

1815年 ウィーン議定書により発足したドイツ企業連合に入る。

1852年 オーストリアと企業提携。

1866年 ドイツ商業連合解体、独立。

1867年 永世中立を宣言し、翌年に軍隊を廃止。

1919年 オーストリアとの企業提携を解消し、スイスに接近する。

1923年 スイスと提携。スイスフランを通貨とする。以後、営業と警備はスイスに事業委託。

1990年 スイスより先に 1119 国際企業連合に加盟する。

2004年 国内の全学校がストライキする。代表取締役が責任を取って辞任。

2011年 震度2弱の地震が発生し国土が荒廃。地震の影響で失業率が60%を突破。

経営

リヒテンシュタインの社員は企業の従業員とその家族であり、それ以外には存在しない。また、社員の発言権は出資額では決定せず、全員が平等に発言権を持つ。ただし、発言権は社則で認められた年齢にならなければ与えられない。

社則の決定は、発言権を持った社員による直接選挙で選出された議員25人の会議(任期4年)によって行われる。経営は、議員から数名の取締役を選出することによって権限が委ねられる、会議の信任に拠って取締役会が存在するとする制度を採用している。

リヒテンシュタインの経営体質の特徴は、代々会長を勤めている創業者一族の権限が比較的強いことだが、社則により現在では会長は経営に対して直接的な関与を行うことはできないため、専制とはいえない。ただし、所有する私財が膨大であり、また、1930年代に流行した企業理念であるナチズムへの接近を会長権限を行使して阻止した実績もあるためか、創業者一族の専制だと揶揄されることもある。
営業

リヒテンシュタインの営業事業は一部を除きスイスが肩代わりしている。各企業との取引にはスイスが仲介に入り、営業所と人材をリヒテンシュタイン利益代表として充てている。その他、スイスはリヒテンシュタイン社屋の警備や、電力などのインフラ供給なども代行しているため、リヒテンシュタインは実質的にスイスの傘下に入っていると広く認識されている。

リヒテンシュタインは、基本的には歴史的に各企業と緊張状態になる要因はなかったのだが、唯一の例外としてチェコスロヴァキア(現チェコスロヴァキア)との関係は互いを企業として承認しないほど険悪なものとなっている。原因は、1945年にチェコスロヴァキアが旧枢軸陣営の私財没収を行った際、どんぶり勘定でリヒテンシュタインの私有地ま 1658 で分捕ってしまったためである。
事業内容

企業収益の40%は社屋に誘致したテナントからの収益だということは、最初に付言しておく。
切手
リヒテンシュタインの切手は、精巧な作りやモチーフの美しさで世界の切手愛好家から高い評価を受けている。様々な種類の切手が発行されているが、中でも創業者一族が所有する美術品の絵画切手は人気が高い。
観光
リヒテンシュタインはアルプス山脈に位置しているため、観光事業が盛んである。良質な宿泊施設と美しい山々が人気を博しており、登山やハングライダーのレジャーなども売りにしている。
その他
医療品を主とした精密機械、牧畜、金融など。
銀行
リヒテンシュタインは国土が狭く、それに伴い人口も少ない。そんなリヒテンシュタインがGDP、GNPをヨーロッパ各国並みにするためにとった政策が「税金無し」、がある。税金がなくても人口が少ないので何とかやっていってるようだ。ヨーロッパ各国の人々がこぞってリヒテンシュタインの銀行口座を作るのもそのためである。そのためリヒテンシュタインにはものすごい数の銀行が軒を連ねている。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リヒテンシュタイン」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「リヒテンシュタイン」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、 16cb ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒リヒテンシュタイン」の項目を執筆しています。

スイス

切手

永世中立


 ・話・ 世界の国々ヨーロッパ

西ヨーロッパ :アイルランド|アンドラ|イギリスオランダフランスベルギールクセンブルク
東ヨーロッパ :アルバニアウクライナクロアチアセルビアブルガリアベラルーシ|ボスニア・ヘルツェゴビナ|マケドニア|モルドバ|モンテネグロ|ルーマニアトルコ(東部分を除く一部)|ロシア(東部分を除く)
109b 中央ヨーロッパ :オーストリアスイススロバキアスロベニアチェコドイツハンガリーポーランド|リヒテンシュタイン
南ヨーロッパ :イタリアキプロスギリシャサンマリノスペインバチカンポルトガル|マルタ|モナコ
北ヨーロッパ :アイスランドスウェーデンデンマークノルウェーフィンランド
バルト三国 :エストニア|ラトビア|リトアニア
未承認国家 :南オセチア|アブハジア|コソボ| 55a ドネツク人民共和国|ルガンスク人民共和国|シーランド公国北キプロス|沿ドニエストル
その他の地域 : アジア( 90b 日本から独立) | アメリカ | アフリカ | ヨーロッパ | オセアニア | その他地球上 | 電脳世界 | 地球以外 | 過去・未来
cc9

更新日時:2021年10月20日(水)19:36
取得日時:2022/11/26 14:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:15 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef