ラウル・カストロ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…] チェ・ゲバラとも仲良し。一説によればタイマンだとゲバラよりも強かったとも。

公の場には眼鏡をかけて登場することが多い。兄と比べるとその風貌は温和に見え、穏やかな人柄を思わせるが、実際には兄に従い革命の為に数多の戦場を潜り抜け、カストロ暗殺とキューバの国家転覆をもくろむアメリカのCIAと四半世紀渡り合ってきた歴戦のインテリヤクザである。あのウゴ・チャベスも、彼に窘められると萎縮してしまうというのだから、実際には凄まじい気迫と威圧感の持ち主であることが推察される。

兄フィデル同様、偶像として崇拝されることを嫌い、目立つことを好まない。革命時代も、自分の武功をゲバラやカミロ・シエンフエゴスのおかげだと言ってあまり誇示しなかった。そのため謙虚な人間だと周りから思われ人望が上昇した。本人はルイージを模範として行動したと後に述懐している。

CIAはフィデル? b12 ??何度も暗殺しようと刺客を送り込んだが、刺客に対してラウルは幾度となくボディーガードとして立ちふさがり、これを撃退することに成功している。もっともCIAのへなちょこ刺客などフィデル一人でも容易に撃退できるのでCIAの勝機はゼロに近かった。

有名な口癖として「諦めたらそこで試合終了ですよ」というものがある。この言葉によって、ラウルは無数の若手バスケ選手やキューバ兵を鼓舞してきた。今ではこの言葉はラウルの代名詞となっている。

日本においては兄のフィデルやチェ・ゲバラよりも人気が高く、「安西先生」という愛称で呼ばれ親しまれている。なぜ安西先生と呼ばれているかは不明。
同一人物疑惑

CIA関係筋が提供した情報によれば、ラウル・カストロはフィデル・カストロと同一人物だという。フィデル・カストロが、キューバが自分一人の独裁国家ではないことを内外に見せつけるために、人目を憚りラウル・カストロに変身して、一人二役を演じているという。フィデルとラウルが同時に登場している場面については、影武者の変装だという。カストロのネガキャンを目的としたただの陰謀論だが、この同一人物疑惑を信じているアメリカ人は意外と多い。
関連項目 589 ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ラウル・カストロ」の項目を執筆しています。

となりのトトロ

大トロ

スカトロ
b6b

更新日時:2018年9月21日(金)01:03
取得日時:2021/12/03 00:33


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6073 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef