ヨドバシカメラ
[Uncyclopedia|▼Menu]

ヨドバシカメラとは、日本の各地に点在している電化製品専門店である。だが、近年飛躍的に進歩しているオタク文化の影響により、俗に言う「萌え」等の商品も取り扱うようになっているようである。実際の所、秋葉原のヨドバシカメラはこの様な商品を大量に取り扱っている様である。

が、他の支部の商品を見てみるとその様な商品はごく一部にしか並んでおらず、殆どが電化製品やビデオゲーム等の玩具、パソコン周辺機器などのハードウェアである。こうして見るとごく普通の電化製品チェーン店にしか思えない。

だが、それは間違いだ!!!!

ごく普通の店としての顔はただのカムフラージュに過ぎない。実はヨドバシカメラには裏の顔が存在している。その裏の顔については後述していく。目次

1 ヨドバシの裏の顔

1.1 ヨドバシについての諸説ある見解


2 ヨドバシの経済力

3 ヨドバシの支配者

4 社会から見るヨドバシ

5 ヨドバシカメラのテーマソング

5.1 1084 新宿本店

5.2 梅田店

5.3 京都店


6 関連項目



ヨドバシの裏の顔

ヨドバシの裏の顔は、まだはっきりとは明かされていない箇所も多いが、大体の見当は付いているようだ。政府が結成したヨドバシ調査隊の報告によると、オタク養成施設ではないかとの見解が出されている。この他にも、ヨドバシの裏の顔のついては諸説あるが、その中で最も有力な意見として発表されている。
ヨドバシについての諸説ある見解

オタク養成施設説
前述にもあるヨドバシについての説。普段は入る事ができない関係者以外立ち入り禁止
区画はオタク学を学ぶ学校であるとされている。未来のエリートオタクとなる若者を教育している施設ではないかと調査隊の教授が発言している。

秘密兵器開発所説
これも有力な説の一つ。ヨドバシの地下スペースは軍事目的での兵器開発所であるとする説。既に調査隊によって不審な地下スペースの存在が確認されている。

NHK中継基地説
NHKの中継基地であるとする説。ヨドバシカメラの各支店の中に電波塔の様なものがあるとの報告がある為、可能性は無いとは言えない。

スーパーコンピューター説
店そのものが建造物の様な 2812 スーパーコンピューターであるとする説。だが、その証拠となるものは見つかっておらず、可能性は低いとされている。 規模の大きさからしても、内部に多彩なシステムを備えた施設であるとされる。
ヨドバシの経済力

ヨドバシカメラには、少なくとも考えられないほどの経済力を保持しているといえよう。何故ならば、多大な財力を持っていなければ日本各地に支部を置く事等不可能であるからである。その予想もつかない様な財力に加え、スタッフの人数も多いため、強大な勢力を持っていると思われる。これほどの力を持つヨドバシカメラは、日本有数の超企業組織であると断言することができる。 各支店に残されているヨドバシくんの肖像。
ヨドバシの支配者 支配者の指示に従い働いている店員たち。

この様な強大な勢力を操っている支配者は果たしているのだろうか!?という学会での意見に対し、調査隊は「ヨドバシを動かす支配者」についての調査を決行した。

調査の結果、その支配者であるとされる絵画がヨドバシの各支店に残されていた。その名前は「ヨドバシくん」姿形は人間ではなく電車の様である。このヨドバシくんこそがヨドバシカメラを束ねる総支配者であると絵画に記されていたようだ。ヨドバシのスタッフは皆、このヨドバシくんをと崇めており、ヨドバシくんが描かれた制服を着用している。
社会から見るヨドバシ 大阪ではあまりのクオリティの為に3Dテレビの購入を思わず避けてしまうらしい。

ヨドバシカメラの勢力や経済面に至っては現時点での我々は非力であると言えよう。予測もつかない力を蓄えている企業、ヨドバシカメラが、今の社会に対してどのような影響があるのかは計り知れない。だが、ヨドバシが何らかの原因で反乱を起こした場合、とても太刀打ちできる相手ではないだろう。

とにかく、今はヨドバシカメラと共に、発展していく社会を見届けるのみである。
ヨドバシカメラのテーマソング

店舗の最寄の駅や品揃え・ 1bd7 設備について歌われた歌詞のテーマソングがあり、地方ごとに異なった歌詞になっている。なお、ライバルであるはずのビックカメラのテーマソングとメロディーがきわめて酷似しているが、そこには大人の事情が介在する。
新宿本店

まるい緑の山手線、まんなか通るは中央線、そう、東京の路線図の概形を一発で把握できる秀逸なテーマソングである。だが、当初からそうだったのだろうか?

アメリカ初の有人宇宙船、マーキュリー号の船内でジョン・グレンにより歌われたことで、世界的に有名になったが、彼は、当然ながら山手線が緑色なことを知らない。当時はまだ山手線も中央線も茶色いオンボロであった。

新宿副都心開発まで、ヨドバシカメラの周囲は、淀橋浄水場の緑あふれる田園地帯であった。その辺縁を、都電杉並線と京王電鉄の緑の電車が走り、官営鉄道へと客を運ぶ。そういえば京王電鉄が乗り越えていく真下には、省線電車のほか、甲武鉄道の汽車や電車が行き交っていたはずである。「まんなか通る中央線」には、色は明記されていない。

そう、初代は、京王電鉄の緑で丸みを帯びた電車と、鉄道国有化法により甲武鉄道から改名された中央本線を歌い上げたものだったのである。
梅田店

大阪地下鉄中央線と大阪環状線を持つ、日本第二の大都市圏、大阪。ここでは、もともとの歌詞を踏襲して、丸いオレンジ環状線となるはずであった。

しかし、不幸にして Osaka Metro中央線は、ラインカラーがオレンジである。色を歌う意味が完全に無い。

大阪を縦方向に貫通する、Osaka Metro御堂筋線にすればよいという異論もあったが、同線の淀屋橋駅で誤って降りる客が続出すると予想され、また模式図が何かを想像させると苦情があり、結局は日本有数の地下迷宮である梅田を歌いあげることとなった。

なお似非大阪弁CMを大々的に流していたライバルのビックカメラは、吉本興業のおひざ元・千日デパートビル跡地といういわくつきのビルに入り、コテコテの大阪出身らしく擬態している。
京都店

近鉄百貨店をNTRして大々的に開業した、千年の都、京都。寺町綾小路界隈の電気街を壊滅させながら、ヤカラ文化を適当に街外れに追いやることに成功したのだが、ここは丸い緑(とクリーム色)の環状鉄道となる、京都市電自体が半世紀前に壊滅済みである。環状路線自体は大量に存在するが乗り心地と定時性は保証できない。

真ん中に通るのが京都市営地下鉄の東西線か烏丸線か阪急線か京阪本線かでも紛糾し、名古屋あたりのみんなが集まる京都(市内とは言っていない)には、と無難な歌詞にされた。

当然ながらエスカレーターは左側に客が並び、はんなりとはかけ離れたワイルドな店内に、今日も客の怒号が響き渡る。

一方、電気街を壊滅されてしまった EIDEN は、市内ど真ん中の河原町四条にそびえるマルイを NTR し、叡山電鉄のふりをして繁盛している。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの 8f3 専門家気取りたちが「ヨドバシカメラ」の項目を執筆しています。

ヨドバシ病

仙台

秋葉原

オタク

待て!貴様が今見ているこの項目『ヨドバシカメラ』はまだ書きかけ項目だ。つまり、ただの執筆者には興味がない。それが分かったら、その命、神に返せ!ハハハ…ボタン… 俺のボタンだ!! くっ!? 離せ! 俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!! (Portal:スタブ)
3cc

更新日時:2022年11月20日(日)18:32
取得日時:2023/01/17 05:50


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef