モンゴル帝国
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…」の項目を執筆しています。

オゴテイの死後、グユク、モンケを経て五代目頭領はクビライ・ハーンである。チンギスの孫にあたるクビライは、北海道の伝説の料理を自分のものにするという目的に対してあまり関心を抱かなくなり、代わって人口が多くて豊かな中国全域を支配下に入れることを目論むようになった。しかしこれに対しては、先祖代々の目的をないがしろにするとは何事だとして同族からも強い反発を抱き、ついにキプチャク・ハン国、チャガタイ・ハン国、イルハン朝が分裂発足してしまうことになる。といっても、それは表向きで、モンゴル帝国が巨大になりすぎて、遠隔地を統治していた王族たちが時間の経過とともにモンゴル高原の本国と疎遠になっていき、自立の機会をうかがっていたのである。

世界一の領土を誇った帝国が崩れたことに対してショックを少しは受けたクビライだったが、気を取り直して中国南部を統治していた南宋への攻撃を図り、ついにそれを滅ぼして中国の統一支配化を達成した。またそれに先駆けて、クビライはよっぽど中国かぶれしていたらしく、国号も中国歴代王朝みたいにしようと大元に改称し、中書省という行政本部を設置し、首都をモンゴル高原のカラコルムから大都(現在の北京)に移した。

さてそんなクビライは、北海道に関してはあまり興味を抱いていなかったが、日本そのものへは強い関心を抱いていた。それは、自分のところに服属しようとしない姿勢についキレてしまったというのが最も大きかったが、腹心にしていたヴェネツィア出身の旅行商人であるマルコ・ポーロがどっか変なところから仕入れてきた情報(黄金の国ジパング)を鵜呑みにし、日本に山ほどあると頭の中で妄想した(実際にはない)鉱山を占領しようとして、2回も九州に攻撃を仕掛けた(元寇)。しかし、陸戦ばっかりに慣れていて海戦には弱いモンゴル軍のこと、野分(台風)のことも知らなかったのか、それによる大被害を受けて撤退した。その後はベトナム遠征にもインドネシア遠征にも失敗する。
衰退・滅亡

もともと大元は圧倒的大多数の現地住民である中国人(漢民族)の上に、少数ながら精鋭揃いの軍事力を有するモンゴル人が君臨する構造だったが、その後、大元は中国かぶれし、モンゴル人はすっかり精鋭ぶりを失った。そのくせ中国人を蔑視していた姿勢や、無茶な海外進出費用、新興宗教への傾斜で財政が傾き、税金を重くしていったことか中国人の反発を抱き、ついに紅巾の乱で朱元璋(洪武帝)が明を建国、北方のモンゴル高原に追いやられた。後には清(女真、満州族)の支配下に入り、20世紀まで独立することはできなかった。
後世への影響

後の日本になって、北海道で生まれたその肉鍋料理にジンギスカンと名づけられたのは、もちろん上記のチンギスの逸話に因んでいる。

また、関西で人気を集める阪神タイガースは彼らの末裔が作ったといわれている。蒙古打線という言葉はここから来ている。
それから現在 世界初モンゴルの新アトラクション

モンゴルの相撲協会は、最近の若者による力士離れを見て力士業活性化を構想し、オープンキャンパスならぬオープン場所を年に4回開催する中で、担当の力士が子供達を掴んで投げ回しているアトラクションを生み出した。

どう動いているかといえば、腰から上が回るか、両手を上下へ回すのいずれかである。
関連項目

チンギス・ハーン

蒼き狼

ナーダム



元寇

オゴデイ・ハン国

チャガタイ・ハン国

キプチャク・ハン国

イル・ハン国

ティムール朝

クリム・ハン国

カザン・ハン国

シビル・ハン国

アストラハン・ハン国

ヒヴァ・ハン国

コーカンド・ハン国

ブハラ・ハン国

カシモフ・ハン国

ムガル帝国


 ・話・編・歴 世界の国々(過去ないし未来の国)

神聖ローマ帝国 | 新帝国ギア | チバラギ共和国 | 行川アイランド | ビザンツ帝国 | モンゴル帝国 | ローマ帝国
その他の地域 : アジア日本から独立) | アメリカ | アフリカ | ヨーロッパ | オセアニア | その他地球上 | 電脳世界 | 地球以外 | 過去・未来


この項目「モンゴル帝国」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2021? cac ?7月18日(日)08:06
取得日時:2021/07/27 20:15


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:14 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef