ホワイト企業
[Uncyclopedia|▼Menu]

ホワイト企業(-きぎょう)とは、ブラック企業との対極をなす企業のことで、若者にとって理想郷といえる企業のことである。目次

1 概要

2 ホワイト企業の概要

2.1 労働内容

2.2 勤務体系

2.3 賃金

2.4 福利厚生


3 ホワイト企業の実態

4 関連項目

概要

近年、「ブラック企業」と呼ばれる企業が続出している、過酷な労働環境、精神的苦痛を与える上司・幹部、労働内容に見合わない遙かに低い賃金、その他諸々など、CMや企業活動ではまったく見えない、企業内部の実態がtwitterfacebook等のSNS、または過労死による遺族からの告訴のニュースなどで暴かれるようになってきている。

「企業の裏の顔」「有名企業の内幕」「現代の蟹工船」等とマスコミから書き殴られ、インターネットでは「ブラック企業」と呼ばれて、あらゆることころで炎上する等、「ブラック企業」のレッテルを貼られた企業は数知れない。

そういう社会情勢の中、「では、理想的な企業とは何か?」というところから生まれたのが「ホワイト企業」である。
ホワイト企業の概要

インターネット等で語られている「ブラック企業」とは正反対な存在が「ホワイト企業」である、そのことからホワイト企業とはおおよそ以下の様な会社と言える。
労働内容
肉体労働禁止
肉体を痛めつける行為を何時間も行わせるのは過労死につながる。労働者の体の健康維持こそが企業が第一に考えることである。
高度な頭脳労働禁止
頭脳の酷使は精神的な負担を強いることになり、神経衰弱から鬱病になりかねない。労働者の健全な精神維持も重要である。
勤務体系
好きな日に働く、好きな日に休む
強制的に勤務日を決められるのは精神的苦痛である。勤務日は労働者が好きに決められるべきである。
好きな時間に働き、好きな時間に働くのをやめる
労働意欲が湧かないのに労働させられるのは強制労働と同じである、労働者の意欲を最大限に尊重すべきである。
賃金
労働に見合った賃金は当然。必要な手当(食費、衣装代、光熱費等)はすべて支給すべき。
労働者が生活に不自由することを企業は放置してはいけない。そもそも企業は労働に見合った賃金を払うことは当たり前の話であり、必要な手当を支給するのも当然のこと。
福利厚生
住環境完備。住居について規則は一切なし。
企業は労働者に不自由な生活環境を強いることは決して許されることではない、労働者が自由な生活ができるよう行えるべきことは全てすべきである。
ホワイト企業の実態

このように「我々労働者が働きたい理想郷」は語られているが、現実社会ではこのような企業は一切見当たら 4b33 ない。どの企業も何かしらの問題があり、この条件に全てが当てはまらない。これは日本社会が労働者のことをまったく考えてこなかったことの結果であり、これからは日本中の企業がホワイト企業になるべく官民一体となって取り組まねばならない。



ただ、このような理想郷は実はすでに身近なところに存在しているようだ。



もしかして: ひきこもり
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホワイト企業」の項目を執筆しています。

刺身の上にタンポポをのせる仕事

自宅警備員

ブラック企業



ホワイト企業マーク認定制度


この項目「ホワイト企業」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2021年3月15日(月)19:57
取得日時:2021/06/14 14:53


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6649 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef