ヘンゼルとグレーテル
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヘンゼルとグレーテル」の項目を執筆しています。

ヘンゼルとグレーテル (へんぜるとぐれーてる)は、子供の睡眠導入用の物語として、ヘンリック・イプセンが書き下ろしたおとぎ話である。恐怖と怖さを巧みに使い、誰かが言ったことに従わなければ死ぬ、ということを子供に叩き込むための教育ツールとしての役割も果たしている。目次

1 概要

2 解説

3 真実

4 脚注

5 関連項目

概要

ヘンゼルとグレーテルはかなり昔に作られた物語なので、現代と言葉のニュアンスが少し違う。なので、現代語に直したものを脚注に付記しておく。


正当防衛だ。ためらいなく押そう。

ある森の中に、ヘンゼルとグレーテルという双子の兄妹[1]がいた。ヘンゼルとグレーテルは、やまおとこである父親[2]と、継母[3]である父親の妻と暮らしていた。彼らの父親は社会的にとても不利な人だったため、彼らの家は貧しく、彼らの継母でさえ焼きそばパンに見えてくるほど食糧が不足していた。耐えかねた継母は父親に、子供たちを最も暗いアフリカのジャングルで処分してくるように命じた。二人の子供を心から愛している父親はその命令を断るわけもなく、意気揚々と子供たちを熱帯雨林に放り出した。[4]

しかし、ヘンゼルは頭がよかったのである。ヘンゼルは、自分が持っていたパンをちぎり、地面に落として道しるべにしたのだ。するとヘンゼルが狙っていた通り、パンは小鳥に食べられて家までの道のりがわからなくなった。そのうちに夜になり、ヘンゼルがパンを全てちぎって小鳥に上げてしまったがために食べるものもなく、ただただ暗い夜道を泣きながら歩く羽目になった。

かなり歩いたのち、森の奥でお菓子の家[5]を見つけた。アリが這っている屋根のところをかじってみると、バキンッと歯が折れる...ということはなく、普通においしかったため、飢えた双子は夢中になりながら誰のかもわからない家をかじった。[6]

そのころ、おかしの家の住民・魔女は、のんきに自分の家を破壊していく双子を自分のディナーに迎えることを決めた。魔女は早速双子を気絶させ、グレーテルは雑用係に、ヘンゼルは鶏小屋に押し込んで家畜にした[7]。ヘンゼルがいい具合に食べごろになってきたころ、魔女はグレーテルに兄の調理を命じた。グレーテルは無い頭をひねり、どうにか兄を助ける方法はない物かと考えた。そして、ある一つの作戦を思いつく。それは、「魔女をこうしてしまう」というものだった。グレーテルはかまどの使い方がわからないふりをし、まんまと引っかかった魔女をかまどの中に押し込んで中までおいしく焼くことに成功した。[8]

こうして双子は魔女の財宝を根こそぎ持って家に帰った。[9]そして、その財宝で家族みんな幸せに暮らした。[10]
解説

この物語には上? 569 ?の通り、「誰かが言ったことに従わなければ死ぬ」という教訓が隠されている。

まず父親である。父親は妻の命令に従わなければいけないのである。これは、この物語が書かれた時代だけではなく、今の日本の一般家庭においても同様である。


そして、ヘンゼルとグレーテルである。グレーテルはヘンゼルの言うことに素直に従う必要がある。なぜならヘンゼルの言った方法以外に、何もこの状況を脱出する手立てが考え付かないからである。グレーテルにとって、ヘンゼルとは従わなければ自分が死ぬ存在であり、誰かに従うことがいかに大事かを物語っている。

この物語が、子供の睡眠導入用として書かれているのには、実はれっきとした理由がある。

子育ての専門家は、子供たちに彼らの残虐な行動の結果について怖い話をすることは、子供たちがよく調整された大人に成長するのを助ける重要な人生の教訓であるとコメントしている。

就寝直前に何かを話されると、物語は子供の未発達な夢のサイクルに影響を与え、それによって物語の教訓を理解しやすくなるのだ。 104b

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

真実

ヘンゼルとグレーテルの行いは、日本の強盗殺人罪に当てはまる可能性がある。また、魔女は監禁罪、父親と継母は育児放棄と、この物語に一人としてまともな人間がいないのが手に取るようにわかるはずだ。しかし、そんなことを言ったらグリム童話の登場人物は大体アブナイやつなため、言及してはいけない。


グリム童話特有の性質として、「なんか物語が変わってる」というものがある。もちろんヘンゼルとグレーテルも例外ではなく、最初の残虐なストーリーから今のポップなストーリーに書き換えられている。また語り継がれていくにつれ、だんだん物語が変わってしまったり、違う言語間の翻訳がうまくいかなかったりなどいろいろ問題は起こる。そのため、アンサイクロペディア英語版と、この日本版の記事では、ストーリーがほとんど違うのだ。この記事は日本で一般的に普及しているヘンゼルとグレーテルに英語版の支離滅裂さをふりかけてできたものなので、おそらく
あなたが知っているストーリーとは違うものになっているだろう。まあ原因はこの記事を泣きながら作っている執筆者の努力、苦しみ、また翻訳するやる気がなくて途中で放り投げた怠惰さでもあったりする。
脚注^ 現代の言葉で「お子様ユーザー? bb ??という意味である。
^ 現代の言葉で「 1061 ウィキペディアの管理者」という意味である。
^ こちらも現代の言葉で「ウィキペディアの中堅ユーザー」という意味である。
^ ウィキペディアにおける一週間の投稿ブロックである。
^ アンサイクロペディアのことである。
^ これは「アンサイクロペディアにどうしようもない記事を乱立している」という意味である。
^アンサイクロペディアンからようこそメッセージをもらった」という意味である。
^ 「つまらない記事を作りまくりアンサイクロペディアンを激昂させた」という意味である。
^ 「ブロック期間が終わり投稿ができるようになった」という意味である。
^ 「ウィキペディアにアンサイクロペディアの記事を張り付けた」という意味である。もちろんその後ヘンゼルとグレーテルはさらに長い投稿ブロック期間を与えられることになる。

関連項目

グリム童話

教訓

おとぎ話


この項目「ヘンゼルとグレーテル」は、何とか家に帰ってこれましたが、またいつ継母に家を追い出されてもおかしくありません。ど d1 うかこの哀れな執筆者のために、家までの道に a86 パンくずをまいてやってください。 (Portal:スタブ)


更新日時:2022年6月19日(日)14:07
取得日時:2022/06/27 07:23


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef