ヘリウム
[Uncyclopedia|▼Menu]

ヘリウム(helium)とは元素番号2、1周期18族の元素である。元子記号は(He)。常温常圧では気体であり、原子量は4.002602。目次

1 生成

2 生産

3 利用

4 その他

生成

核爆発により大量に生成することが可能で、実際、アメリカ様からの贈り物により20万人の日本人の声が1オクターブほど高くなり、バケツ作業員に至っては3オクターブほど高くなった。近年では太陽から直接回収する方法も検討されている。
生産

アメリカ様による独裁。かつてイラクがわずかにヘリウムが出る隣国、カタールに攻め込んだとき、 175b アメリカ様はブチ切れてメシマズの国美食と芸術の国と共に大いなる制裁を課した。これによりアメリカ様は世界のヘリウムのうち60%を自国で生産し、30%を保護国で生産する超ヘリウム国家となった。

しかし、その美しい国と仲が悪いはずの眠らない獅子の人々の方が声が高いため、横流しがうわさされている。
利用
声を高くする

毎年数人のバカが極限まで声を高くしたいと言って純度100%のヘリウムガスを吸って死ぬ。
ダイビングの酸素ボンベ

窒素より体外排出しやすく安全なガスとして酸素に混ぜられている。しかし、不運な事故で死ぬ人も多い。
アーク溶接の不活性ガス

ヘリウムはぼっちであるため、爆発したり、なにかと反応してヤバい物質を作ることは無い。そのため、アーク溶接などの極限環境下で酸素を遮蔽するために使われることも多い。今のところアーク溶接用の不活性ガスで死んだ人の報告はないが、隠蔽されているかもしれないし、明日起こるかもしれない。
風船を天に召す

ヘリウムは空気より軽いためヘリウムを詰めた風船は大空へ飛び立とうとする。これを大型化したものが飛行船である。ちなみに人間とは愚かなもので、過去にこれと同じ要領で、ヘリウムを吸って空へ飛び立とうとした人がいた。その人は空へは飛びたてなかったものの、天に旅立つことはできた。
工業用冷却材

超電導現象を起こすぐらいまで何かを冷やすことに使われている。ちなみに人間を生きたまま冷凍保存して未来へワープする技術の、人間を冷却する溶液として使われているらしい。本当に未来で生き返れるのだろうか。。。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他
諺・慣用句 

ヘリウム以下の沸点……本来常圧ではヘリウムは液化しない。人間は常圧下でのみ生きられるため、このような人は常に沸騰している=怒っているということになる。

ヘリウム声………………電話に出るときの声。また、コロッと態度を変え媚びること。そう、母親の特技である。
化学的性質 

ぼっち。誰とも手を結ばない。沸点が低いが故の悲劇。


[周期表を編集する]


38ed 123456789101112131415161718
11
H2
He
23
Li4
Be5
B6
C7
N8
O9
F10
Ne
311
Na12
Mg13
Al14
Si15
P16
S17
Cl18
Ar
419
K20
Ca21
Sc22
Ti23
V24
Cr25
Mn26
Fe27
Co28
Ni29
Cu30
Zn31
Ga32
Ge33
As34
Se35
Br36
Kr
537
Rb38
Sr39
Y40
Zr41
Nb42
Mo43
Tc44
Ru45
Rh46
Pd47
Ag48
Cd49
In50
Sn51
Sb52
Te53
I54
Xe
655
Cs56
Ba*172
Hf73
Ta74
ff7 W75
Re76
Os77
Ir78
Pt79
Au80
Hg81
Tl82
Pb83
Bi84
Po85
At86
Rn
787
Fr88
Ra*2104
Rf105
Db106
Sg107
Bh108
Hs 2873 109
Mt110
Ds111
Rg112
Cn113
Nh114
Fl115
Mc116
Lv117
Ts118
Og
8119
?120
?*3 
 010203040506070809101112131415
*1 ランタノイド:
(Lanthanoid)57
La58
Ce59
Pr60
Nd61
Pm62
Sm63
Eu64
Gd65
Tb66
Dy67
Ho68
Er69
Tm70
Yb71
Lu
*2 アクチノイド:
(Actinoid)89
Ac90
Th91
Pa92
U93
Np94
Pu95
Am96
Cm97
Bk98
Cf99
Es100
Fm101
506b Md102
No103
Lr
 
*3 超アクチノイド:
(Superactinide)121
?
 

 水素用別枠 アルカリ金属 準アルカリ土類金属 純アルカリ土類金属
 希土類 遷移金属 典型元素
 半金属 非金属 ハロゲン 希ガス
 ランタノイド アクチノイド 超アクチノイド


この項目「ヘリウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2021年12月17日(金)15:38
取得日時:2022/01/12 15:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef