ブルースワット
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの 1df1 専門家気取りたちが「ブルースワット」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒ブルースワット」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ブルースワット」の記事を執筆しています。

ブルースワットとは、テロリストに立ち向かう警視庁特殊部隊の活躍を描いたテレビドラマである。1994年から1995年にかけて放送された。目次

1 概要

2 内容

3 脚注

4 関連項目

概要

冷戦体制が崩壊し世界の情勢がドラスティックに変化していた1991年、湾岸戦争という新しい火種は時代の流れを「国家間の闘争」から「テロリズムと国家の闘争」へと動かして余りある物だった。各国が「仮想敵国」ではなく身内に紛れたテロリストへの警戒を強めていたのに呼応するように、日本でも思想的な変化が起こりつつあった。いくら憲法が戦争放棄を掲げても、不意に来るテロリストは防ぎようがない[1]。そこで対テロリストを主任務とする特殊部隊創設計画が、公安を軸として発案されるようになったのである。

それらテロリズム対策関連の動員や法整備をスムーズに行えるよう、これまでメタルヒーローシリーズを放送していた日曜朝8:30からの30分枠を使って、テロリズム対策チームが活動する様子[2]を映像として流すことにより、各種テロリズム対策を受け入れやすくなるように国民感情を調整するというメディア戦略が実行に移された。それこそがアンチテロリストチームドラマ、ブルースワットである。
内容 テロリストは様々な種類が確認されている。 652c 対テロリスト特殊部隊が指名手配されたことも。

放送枠こそメタルヒーローのものを使用している[3]が、内容としてはむしろ『西部警察』のような刑事ドラマに近い。一切の痕跡を残さずテロリストを捕縛・撃滅する、という目的でもって市民に紛れたテロリストと戦うのだが、使用する武器は火炎放射機大型拳銃[4]であり、レーザー状光るは装備していない。

番組後半では少々現実から逸脱した表現もあるものの、基本的には対テロリスト特殊部隊の奮闘をシリアスに描いている[5]。また序盤でテロリズムの影響を受けた左派思想勢力のメディアスクラムによって、「平和の敵」「税金で戦争ごっこをしている」とレッテルを貼られる等により表だった活動が不可能にされてしまい、ダミーとなる探偵事務所「ブルーリサーチ」を隠れ蓑としてテロリストとの戦いを継続するという政治的に重い展開も話題になった。

脚注^ 旧来のように国同士であれば、外交努力によりある程度までの回避は可能。
^ 実際の活動とは異なり、あくまでイメージとなる。
^ その為Wikipediaなどでは、前年の特捜ロボ ジャンパーソンから続くメタルヒーローシリーズとして扱われている。
^ この大型拳銃「ディクテイター」は架空の武器だが、薬莢排出ギミックなどが非常に作り込まれており評価は高い。
^ チームメンバー構成はスーパー戦隊に近いが、変身アイテムを用いた瞬間変身や合体必殺技など特撮的な要素は入っていない。

関連項目

テロリスト

マフィア

SAT

公安

自衛隊

警察

この項目『ブルースワット』はまだ書きかけの項目よ! ただの執筆者には興味ありません。この中で、宇宙人未来人超能力者異世界人の執筆者がいたら、この記事の加筆に協力しなさい、以上! (Portal:スタブ)
 ・話・ メタルヒーローシリーズ

宇宙刑事シリーズ(ギャバン ・シャリバン・シャイダー) | ジャスピオン | スピルバン | メタルダー | ジライヤ | ジバン | ウインスペクター
ソルブレイン | エクシードラフト | ジャンパーソン | ブルースワット | ビーファイター | BFカブト | カブタック | ロボタック


更新日時:2021年1月13日(水)08:35
取得日時:2021/10/21 06:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9645 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef