ブラックジョーク
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…ラックユーモアの性質[編集]先に述べたように白人文化とは対照的に明るく奔放な黒人文化として育まれただけあって、ブラックユーモアは様々な意味で過激なものが多い。古典アフリカ文学の代表として知られる『ブラック・デカメロン』では、節のように色を塗った巨大な男性器を領主の女性器に挿入して[2]どの色まで入るかで貰う土地を決めようとしたり、役人がの巣を割って田舎の女たちに蜜を舐めさせ「これは王様の性器から出たものです。あなたたちが私の国に来るなら、王様の性器を直に舐めさせてあげましょう」と騙して連れていったりと、セックスにまつわる様々なお話が多数収録されている。また貧困や美醜なども明るく笑い飛ばす、過激ではあるが非常に陽気でカラッとしたセンスがブラックユーモアの要と言える。

ただし白人文化圏を中心として扱う近代の価値観からは、未開扱いされる土着文化だとして「差別的」と批判的に見られる事も多い。またハリウッドの映画界では「黒人同士がジョークとして差別的な事を言い合う事」がブラックユーモアなのだと誤解されており、黒人同士の軽口を白人や黄色人種のキャラクターが真似して冷ややかな目で見られたり殴られたりするシーンが定番化している[3]。しかし近年ではインターネットの普及により文化面での差別意識は薄れつつあり、ブラックユーモアもこの先日常の表現として定着していく可能性が高い[要出典]。
脚注 4c6e ^ 例えば白人文化の中心となったキリスト教では、幸福を感じること自体が罪とされ「常に飢えと痛みに苛まれ不幸を背負う者こそ神に救われる」「富める者が天国の扉を通るより、駱駝に乗って針の穴を通る方が易しい」と不幸を美徳扱いしていた。
^ ちなみに日本の漫画『おしとね天繕』ではこれを元に、男性器に「南無阿弥陀仏」の文字を書いて挿入するエピソードがある。
^ ジャッキーとクリス・タッカーが初共演した『ラッシュアワー』でも、ジャッキー演じるリー警部がバーで「ようニガー」「なんだニガー」と呼び会う黒人の真似をしてバーテンに「やぁ、ニガー!」と話しかけて周囲からボコボコにされるシーンがある。

関連項目

ユーモア

黒人

黒人差別をなくす会

この項目「ブラックユーモア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2021年8月29日(日)19:22
取得日時:2021/11/26 02:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6667 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef