フン族
[Uncyclopedia|▼Menu]

フン族とは、4世紀から5世紀にかけ、欧州を荒らしまわった、遊牧民族。フンという言葉は彼らが戦闘の際に糞を相手に向かって投げつけたことに由来する。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フン族」の項目を執筆しています。目次

1 起源

2 ゲルマン民族との接触

3 ローマ帝国への進入

4 フン族の崩壊

起源

彼らの起源については諸説あるが、一説によれば中国との戦いに敗れた匈奴の一派が何百年にもわたってユーラシア大陸を西に移動して欧州に現れたのがフン族であるという。長い逃避行のうちに全ての武器を使い果たしてしまったため、糞を武器として使用するようになったと思われる。
ゲルマン民族との接触

4世紀ごろ欧州へ侵入したフン族は、パンノニア平原(現在のハンガリーあたり)に根拠地を置き、欧州各地で略奪を繰り返した。彼らが欧州各地で暴れまわったため、欧州にはジャン=バティスト・グルヌイユでもどうにもできないほどの悪臭が立ち込めた。当時東欧を中心に居住していたゲルマン民族は、フン族に圧迫される形で、ローマ帝国領内に移住するようになり、フン族はゲルマン民族大移動の原因となった。このとき、猛烈な糞の悪臭に耐える中で培われたのが、後にワールドカップで猛威を振るうことになるゲルマン魂である。
ローマ帝国への進入

5世紀中ごろ、フン族の王になったアッティラは、フン族全盛期の王で欧州人から「神の災い」と恐れられた。彼はまず、東ローマ帝国へ侵入し、コンスタンティノープルを包囲する。堅固な城壁で囲まれたこの都市を落とすことはできなかったが、撤退の見返りに膨大な賠償金を得た。続いて西ローマ領へ侵入したアッティラは、451年にフランス北部のカタラウヌムという地でローマ軍と世界史に残る死闘を繰り広げた後、翌年ローマへ侵入する。ここでローマ教皇レオ1世の説得によりローマから撤兵するが、なぜ教皇の説得ごときで撤退したのかは世界史上最大の謎とされている。

一説によれば、レオ教皇が糞攻撃に備えて、大量のバキュームカー(当時は馬車)を動員していたためともいわれる。なおこのバキュームカーに搭載されたポンプ技術は、数百年の後には石油を汲み上げての火炎放射器(ギリシャの火と呼ばれた)となり、[コンスタンティノープルに来襲したセルジュク朝軍を撃退したとされる。
フン族の崩壊

アッティラの死後、フン族はバラバラに四散し、歴史から姿を消した。現在も残る「Hungary」という地名は「糞」の「Hun」、そしていつも腹を空かせていたことから「Hungry」がごっちゃに混ざり合ってできたという説が? b19 ?る。  

世界の民族 :アイヌ民族 | アーリア民族 | アナル族 | 漢語族 | 黄巾族 | サイゴ族 | 女真族 | スベリ族 | タサダイ族 | 朝鮮民族 | ピグミー族 | フー族 | フン族 | 満州族 | 5e65 ミャオ族 | モンゴル族 | 大和民族 | ユダヤ民族 | 裸族 | ラコタ族 | リス族
社会の族 :アパッチ族 | ヴィップ族 | エロゲ族 | オタク族 | カラス族 | 貴族 | 京成族 | 山賊 | 転勤族 | 道路族 | 輩民族 | ヒルズ族 | 暴走族 | ホームレス民族 | 窓際族 | 三河民族 | みゆき族 | 早稲田民族
伝説の族 :悪魔族 | カミナリ族 | ソフィア族 | 飛龍族 | 有翼種族 | 妖怪族
架空の族 :ウーキー族 | グミ族 | グロンギ族 | 小人族 | ゴロン族 | 堕天翅族 | 薔薇族 | ピク民族 | 豆猫族 | ムーミン族 | 優しいクリーンロボット族 | 流星のR一族 | ワドルディ族
その他の族 :アカウント族とその他のIP原人 | ソウメン族 | 第1族 | 第2族 | 第3族 | 第13族 | 第18族 | タイタン族 | 武田騎馬族 | 猫族


更新日時:2021年3月13日(土)15:10
取得日時:2022/11/27 02:37


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9886 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef