バラク・フセイン・オバマ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…ケニア[編集]ルースと一緒にケニアに帰還した彼は、最初の妻、ケジマとその子供達と一緒に暮らしはじめる。

もはや何も言わないほうがいい。

最初、石油会社に雇用された後、運輸省に勤務することになった。その後は財務省に引き抜かれるなど、ケニアでも卓越した経済官僚としてその地位を築くことになる。また、帰国直後には、ケニアの社会主義問題についての論文を執筆している。しかし、その論文はケニアの初代大統領であるジョモ・ケニヤッタの逆鱗に触れ、以後、彼は閑職へと回されることになる。

しかし、彼は故郷であるニャンゴマ・コゲロには大きく貢献しており、村の小中学校は彼が寄付をした土地に建造されている。
その死

1982年、彼はケニアの首都ナイロビで交通事故により死亡する。享年46。
誤報の数々

2008年の春から、20年以上前に亡くなったケニアの経済学者に関する報道が多くなされるようになる。どうしてだろう?しかし、なぜか、その多くがまるで何かにとりつかれたかのように誤報を繰り返している。その中でも多く見られるのが、現在、ニャンゴマ・コゲロに在住する彼の義母を彼の母親だと報道したり、彼がケニアで結婚した後、ハワイでもう一回結婚し、その後、本土でまた結婚するまでを正確に報道しなかったり、世界中に散らばっている彼の子供達に対するあからさまな情報の遮断など、その多くが目に余るものである。

まぁ、でも、報道に事実を伝える力がないときはしょうがない。

なお、日本語版ウィキペディアにある超重要記事において、彼の9人の子供うち4人が死んでいるという記述がある。なお、英語版のウィキペディアにおけるその記事にそんな記述は存在していない。併せて、インターネットで検索をかけてみた結果、死亡が確認された彼の子供は、デビッド・ンデサンジョ一人である。
彼の家族
フセイン・オニャンゴ・オバマ(1895年~1979年)
父。彼は元々料理人だったが、第一次世界大戦のとき、イギリス軍に入隊。彼はカトリックに入信していたが、その後にイスラム教に改宗したとされる。
ハビバ・バクム・オバマ
母。オニャンゴ・オバマの二番目の妻にあたる。
サラ・オバマ
義母。オニャンゴ・オバマの三番目の妻。現在もニャンゴマ・コゲロに住む熱心なイスラム教徒。
ケジマ・オバマ(1940年~)
最初の妻。現在はケニアを離れ、イギリスに住んでいる。
アン・ダナム(1942年~1995年)
二番目の妻。彼と離婚した後、インドネシア人実業家と再婚し、1970年に一女をもうけている。
ルース・ンデサンジョ
彼の三番目の妻。彼と死別した後、タンザニア人と再婚している。
マリク・オバマ(1958年~)
彼の長男。ケジマとの間の子。ナイロビ生まれ。父にならいナイロビ大学で会計の学位をとった彼は現在もニャンゴマ・コゲロに住み、近くで電気屋を営んでいる。
アウマ・オバマ(1960年~)
彼の長女。ケジマとの間の子。彼女は
ドイツの大学に留学し、博士号を取得。現在はイギリスに在住し、1996年に結婚。現在、娘が一人。
バラク・フセイン・オバマ・ジュニア(1961年~)
彼の次男。アン・ダナムとの間の子。現在はアメリカに在住。
アボ・オバマ(1968年~)
彼の息子。現在、ケニアで国際電話のマネージャーを務めている。
バーナード・オバマ(1970年~)
彼の息子。ケジマとの間の子。彼はナイロビで自動車関係の仕事についていたが、その後、母親であるケジマ、および家族とともにイギリスに移り住んでいる。
マーク・ンデサンジョ
彼の息子。スタンフォード大学で物理学を研究した彼は、現在、中国向けのインターネット会社を経営している。現在は、中国人の妻と一緒に深センに在住している。
デビッド・ンデサンジョ
彼の息子。1982年にバラク・フセイン・オバマが死亡したオートバイ事故で一緒に死亡している。
ジョージ・フセイン・オニャンゴ・オバマ(1982年~)
彼の息子。母親はアトランタ生まれのアメリカ人。結婚はしていない。その後、彼の母親とフランス人の継父に育てられる。その後、韓国で2年暮らしたあとケニアへ戻り、スラム街で暮らす。その後は、整備士として働くも、2009年に麻薬不法所持の疑いで逮捕されている。
ゼイチュニ・オニャンゴ(1952~)
彼の妹。プログラマーとして働いていた。現在はアメリカに在住。
オマル・オバマ
彼の弟。現在はアメリカに在住。
ユセフ・オバマ
彼の弟。
サイード・オバマ
彼の弟。
関連項目

留学


留学生

ケニア

結婚

離婚

お前じゃない


更新日時:2020年11月13日(金)21:02
取得日時:2023/01/24 09:04


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef