バカマツタケ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バカマツタケ」の項目を執筆しています。

バカマツタケ(学名 Tricholoma bakamatsutake)とは、ハラタケ目キシメジ科のキノコで、マツタケの近縁種である。マツタケよりやや小振りだが、マツタケよりも強い香りを持ち、地域によっては珍重される。サマツタケ(早松茸)ともいう。(サマツタケは種類の違うマツタケモドキや、季節を間違えたマツタケそのものをさすこともある。)目次

1 何がバカなのか

2 調理法

3 入手法

4 余談

5 結論

6 似て非なるもの

何がバカなのか

通常、マツタケと言えば松林に生えるものである。しかし、バカマツタケは雑木林に生える。時期もほんのチョッピリ早い。これ以外の習性は全くと言っていいほど同じである。林の中のやや痩せた土地を好み、どちらも地中にシロと言われる菌糸の固まりを作り、地面から直接生える。また、毒などは一切無く、マツタケと同等か(香りは本家に勝るとも言う)それ以上とも言える優れた食用キノコなのであるが、これだけのことで標準和名がバカである。さらに不幸なことに、日本固有種なのが災いしたか、学名までバカである。学名は世界共通なので、インターナショナルにバカ呼ばわりである。可哀想にもほどがある。ていうかラテン語バカってどういうんだよ。もーゆるさんです!長野のじいちゃんにあやまれよです!
調理法

基本的にマツタケと同じと思っていい。炊き込みご飯も良し、焼くのも良し、土瓶蒸しにしても乙である。バカなのは名前だけで、味は一切妥協無しなので安心してほしい。だが油断するなよ?相手は何たって松茸先生なんだからな・・・失礼が無いようにな・・ブルブル
入手法

基本的に市場には流れない。マツタケ以上に入手は困難である。マツタケ同様栽培は現在のところ不可能であるし、しようとする人も今のところいない。食べたければ自分で取りに行くしかないが、素人が専門職の方にショバ代を払わずに山に入り、キノコに手を出すと危険なので、キノコ名人を探す方が現実的かもしれない。そんなわけでこれを書いているオレ様はキノコ採り名人だ、いつでも話しかけてきな!でも飛行機だけは勘弁な!

ついに本家を差し置いて栽培実験に成功したらしいので、本家より普及するかもしれない。

無論日本特産なのでまちがってもアメ横などでアラブ人や朝鮮人から「バカマツタケカワナイ?」と言われても断るべきだ、バカマツタケは朝鮮民主主義人民共和国からも中国からもモロッコからも来ない、また、アラブからアブラは取れてもバカマツタケは取れない。
余談

中国産マツタケはブナ科の常緑樹林に生えるそうである。それってバカマツタケじゃ 457b ないの? と言いたくなるが、バカマツタケとは宿主にしている木が違っている(バカマツタケは雑木林に生える)ので、もしかしたらまた別の種類のキノコかもしれないが、とりあえずはマツタケ近縁種なのでマツタケにひっくるめて問題ないようである。
結論

バカマツタケって名前つけた奴、バカマツタケに謝れ。たぶん150年くらい前の信州長野は飯田あたりのじいちゃん。どらーえーもーん!「しょうがないなあ」たーいむーましーん!以下略ていうか、バカって言ったやつが、バカなんだよ。  俺もバカって言っちゃった。
似て非なるもの

マツタケ

馬鹿

この項目「バカマツタケ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2020年3月14日(土)21:06
取得日時:2021/06/08 00:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5628 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef