ナポレオン・ボナパルト
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…」の項目を執筆しています。

数学好きであり、ナポレオンの定理を発見した。

一方で、文学に関しては不得手で、辞書の中にある「不可能(impossible)」の文字を探すことができず、余の辞書に不可能の文字はないと言い出した。

それに歯向かう人に対して、「不可能と言う文字は愚か者の辞書にのみ存在する」という言葉をのこした。

一日三時間しか寝なかった話が有名だが、彼は昼寝をしっかりと取っていた。但し、真似して睡眠時間を縮めると寿命まで縮むので注意が必要。彼は王であり、軍神という偶像化された立場も持っていたが、実は全くそんなイメージには似合わない人物であり、夜遅くまで酒を飲み、脂っこい飯を食べ、昼にグーグー寝るというのが死期を早めたと思われる。

ジャック=ルイ・ダヴィッドによるアルプス越えの絵画で彼が乗っているのは白馬だが、実際に乗っていたのは河馬だった。

ナポレオンがロシア遠征の際に、兵士達が袖で鼻水を拭くと顔がズタズタになるようにという意地悪から服の袖口に鋭利なボタンを付けたが、これがファッションセンス的にもナイスだったため、現代のブレザーのデザインにも継承されている。

友人に宛てて書いた手紙があまりの悪筆で、戦場の地図と間違えられたことがある。

打たれ弱い性格であったため、重大な失敗を犯して2回自殺未遂をしたことがあった。

妻のジョゼフィーヌに、毎晩寝る時に絵本を読んでもらわないと寝られなかった。

読書好きであるが飽きっぽく読破できたことがない。特にゲーテの「若きウェルテルの悩み」は7回以上読み直しているが結局最後まで読み切れなかった。

ナポレオンは臭いフェチだった。例として戦場から恋人に、「今から帰るから、風呂にだけは入るな」という手紙を書いたこともあった。ちなみに、ナポレオンが寝ているところにブルーチーズを持って行ったところ、ナポレオンは「おお、ジョゼフィーヌか」と起床したという。

異常なほどの音痴であり、「フランスのジャイアン」という異名を持っていた。また、当時としては珍しいギター弾きでもあったが、腕前は歌のセンスと大して変わらない。

落ち着きがなく、1秒以上同じ位置に留まることが出来ない。常に歩き続けていないと死んでしまうことから、「フランスの本マグロ」という異名を持っていた。

幼少学校時代イタズラを教師に咎められ「貴様は一体何様のつもりだ」と言われたナポレオン少年は、威厳をもって「私は一人の人間である」と応じた。

青年時代の学業成績は、実は中の下レベルで、彼が陣頭指揮を執った雪合戦で大勝利を収めただけである。しかし、近代民法典を構築したのは確かに同一人物のナポレオンであるため、二重人格者であるという説がある。

ナポレオンは、左手にコインを持って、右手のフライパンで焼けたクレープをうまくひっくり返せたら1年がうまくいくというクレープ占いにハマっていた。周囲に広めてブームを起こそうとしたが、流行らなかった。

背が低いとされ、バーゼル大病院のリュグリの研究によると身長156cmと推定されている。帽子を戦闘中に打抜かれたことがあるが、背がもう少し高ければ戦死していたかも知れない。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ナポレオン・ボナパルト」の項目を執筆しています。ナポレオン・ボナパルトが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/君主」へ収録されています。

ピット君 - 対仏大同盟を指揮した大英帝国 b16 の首相。ナポレオンの宿命のライバル。

ナポレオンズ - ナポレオンが結成した、2人組の魔法使いグループ。

いいちこ - 下町のナポレオン

北の将軍 - このお方にナポレオンは負けたのだ。

アホルス・ヒットラエヨー - ドイツ人の仮面をかぶったチェコ人独裁者。

   

ハイル・ヒットラー!
このナポレオン・ボナパルトは、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)

2232

更新日時:2018年6月18日(月)16:31
取得日時:2021/06/22 00:21


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef