テレビ宮崎
[Uncyclopedia|▼Menu]

テレビ宮崎( - みやざき)とは、宮崎県を放送エリアとする放送局である。略称は「UMK」と書いてう○こと呼ぶ[要出典]。どこにでもあるようなローカル局の一つに見えるが、実際はとんでもないプロフェッショナル集団でありその名は全国に知られており日本国内で最強のテレビ局である。
概要

1970年、宮崎県で民放局として二番目に開局した。非常に欲張りかつ見栄っ張りであり何でも欲しがるが、その割には放送終了時刻が早く、持てるものが少ない。終了時刻前の最後の番組では歌を流し、実はこれによって少しずつ県民を洗脳していたが、後にJAROより手タレCMの使用期間の長さに関してと同時にお叱りを受け、現在はこの歌を廃止している。

大分県や高知県が介入する可能性に関しては時々噂になるものの、テレビ宮崎はいつも即座にこれを否定している。利益を考えた結果としては現状維持を望んでいると言われている。
得意技
三重残像拳
地方局である為、自社番組を制作する予算も企画力も技術力もやる気も無い。そのため、放送する番組の大半はキー局から輸入している。輸入先は
韓国寄りで叩かれた某キー局一局で全国に放送網を広げようと目論んだ日本で初めての民放テレビ局元々教育テレビだったけどお情けで一般局になった某キー局のなんと三局であり、これは全国でも唯一の事例であるらしい。県民にとってキー局より準キー局の方が強い系列の番組なんてあったっけ?と思われるが平日の朝10時の(九州ローカル)番組や昼前のニュースを同時ネットしている。他県民に対するロビー活動もしっかりしており、「一つのテレビ局が3つの電波を持っている」、「日本で唯一地デジの劣化放送を認められている」等他県民へのデマを流している。これが、宮崎県における自殺率の上昇に拍車をかけている。
舞空術
上記の通り、キー3局から直輸入しているが放送は必ず、決められた比率で放送しなければならないので、長時間にわたる特番であっても容赦なくこの術を使用する。有名なのは、毎年夏に放送される「だいたい24時間テレビ」と「24時間〇〇マラソン」。運行中の新幹線車内、飛行機内、スペースシャトル内であっても時間になれば平然と飛び乗り、飛び降りを繰り返す。特に、後者の「24時間〇〇マラソン」はとても酷く途中にキムチ臭い番組や、この日くらい休めばいい系列のニュース、更には出演者やスタッフ等が大幅に劣化した、「24時間宮崎マラソン」に幾度と飛び降り飛び乗りを繰り返し、毎年必ず「どこが24時間だ?」、「(番組の)話がつながらない」等とクレームの電話が多数入る。同一放送局が、夏の二大24時間番組を両方とも放送するのはテレビ宮崎ただ一つであり、とてつもなく欲張りであることを示す象徴とも言える。
デジョン
黒魔法の一つ。県民が待ち望んでいる番組をなかったことにする。発動するとキー局の番宣の時刻表示欄の下に小さな字で”一部地域を除く”が表示される。
スロウ
白魔法の一つ。県民救済を銘打ってフィギュアスケートを深夜に放送する、キムチ臭いテレビ局の月9ドラマを週遅れで時間帯を変えて放送する。
スロウガ
白魔法の一つ。スロウの強化版であり、番組を実際の放映日時より数か月から一年以上の遅れで放送する。
ストップ
黒魔法の一つ。突然サンジの眉毛をどアップで映したまま数時間ほど時が止まる。
バニシュ
白魔法の一つ。対象を透明化する効果を持つ。県内3局目として開局を目指そうとした局に対して、開局準備の場所を自社内に提供しこの技を使用。その後デジョンでなかったことに。
レイズ
白魔法の一つ。行動不能となった対象を蘇生する能力を持つ。自社アナウンサーが泥の中で尻相撲をした際に頭から泥の中へ勢いよく飛び込み戦闘不能となるも、バニシュ→デジョンで戦闘終了後に使用したことで復活させた。ただし瀕死には変わりない模様。
リターン
時空魔法の一つ。過去に放送された番組を対象としてもう一度再放送する効果を持つ。人気ある番組ならともかく、裸の大将に何度も発動させ県民の自殺率を上昇させた。
クラッシュダウン
他局の視聴率を急落させる。自分のとこの視聴率が自然に減少するのを恐れて、他県の民放局や県内のCATV局にこの技を使用。県境のCATV局では加入率が低下しパルチザンが大量発生。渋々技発動を解除した。どげんかせんといかん知事こと東国原英夫の「3局目をどげんかせんといかん運動」にも発動しその後バニシュ→デジョンのコンボでなかったことにしたとかしないとか・・・。
酔拳
アナウンサーに焼酎を飲ませて発動させる必殺技。一般家庭を祭という名目で滅茶苦茶に荒らした。酩酊状態の為、家主は訴えるにも訴えられずキー局主催のアナウンサー大賞やハプニング大賞を総なめにし局にとって一石二鳥の結果に。 48bf
ぶんどる
自社ではスポーツ中継する能力が無い為、他局のスタッフをぶんどりちゃっかり自社で放送する。
ものまね
ものまね王座決定戦はよく放送されたが、それとは違う。ここでのものまねとは、一つしかない裏の民放局である宮崎放送と同じカテゴリや同じタレントを敢えてぶつける技である。例として、月曜夜9時にテレビ朝日の土曜夜9時のサスペンスをスロウ発動して放送、日曜朝8時にどっちの料理SHOWにスロウガ発動して放送。ライバル局の宮崎放送も面白がってHEY!×3のスロウ発動放送の時間にダウンタウンDXをスロウガ発動して放送した。
UMKでは録画放送のため該当いたしません。
最強必殺。当然と言えば当然だが、録画放送による番組内で豪華な応募賞品の案内が表示された際にこの宣告を行い、糠喜びした視聴者を一気に落胆させる効果を持つ。どの番組を見ても出てくるので、バブル崩壊直後の豪華プレゼントの抽選に応募しようとした県民を多数惨殺した。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テレビ宮崎」の項目を執筆しています。

宮崎県

宮崎放送

NHK総合

NHK教育

東国原英夫


更新日時:2019年8月15日(木)15:58
取得日時:2021/06/07 10:11


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7405 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef