テクノストレス
[Uncyclopedia|▼Menu]

テクノストレスとは、ネットワークを介して人間に感染するという性質を持つ特殊な病原体である。コンピュータへの過剰適応を引き起こすA型と適応障害を引き起こすB型の2種類が知られている。

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


目次

1 概要

1.1 テクノストレスA

1.2 テクノストレスB

1.3 複合感染の例


2 治療方法

概要

A型B型どちらも自らをデータ化し、人から人に距離を問わずに感染を広げるという特徴を持っている。その性質より元々はA型が存在し、感染を広げていくうちに変異したものがB型と考えられている。以下、それぞれの特徴を示す。
テクノストレスA

コンピュータへの過剰適応の結果として、半分コンピュータのようになってしまう症状を引き起こすとされる。感覚の鈍麻、時間感覚の喪失、曖昧なものの嫌悪などが主な症状である。引きこもりなら誰でもそうなるだろうとか言ってはいけない。

また、比較的軽症の例として単語の最後が長音符で終わる場合その長音符を無かったことにしてしまう長音符忌避症候群や、ウィキペディア依存症などもテクノストレスA型の感染によるものと考えられている。
テクノストレスB

コンピュータへの適応障害が主な症状である。現代ではコンピュータにある程度適応できないとそれを苦痛として鬱の症状や自律神経系にダメージを受けることが考えられるため、深刻な問題となっている。ただし、管理職にある人間にとっては部下に押しつけてしまえばいいので直接は問題ない。毎度簡単な操作を押しつけられる部下のストレスと、それによる体調不良、退職などを考えに入れなければ。
複合感染の例

A型B型は正反対の性質を持つため、複合感染はないであろうと考えられていた。しかし現在、ユーモア欠落症などの複雑な症状を呈し、類型化できないテクノストレス症と思われる病も発生している状況で、こういった症状はテクノストレスABの複合感染によるものではないかと疑われている。
治療方法

A型に関しては簡単である。1週間ほど患者をコンピュータから隔離すればよい。A型はコンピュータから離れたところにでは生存不可能だからである。人とのコミュニケーションを取らざるを得ない状況に置くとさらに効果的であると言われる。しかし、B型はコンピュータから離れた場所で勢力を拡大するため、隔離によって適応障害が固定化することも考えられる。よってこの方法での治療は絶対禁忌となる。とはいえ、コンピュータと同じ空間に閉じ込めても悲劇的な転機をたどることが容易に想像でき、これまた行えない。現在は「ぱそこんきょうしつ」による対症療法に頼る以外にないため、効 a88 果的な治療法の確立が待たれるところである。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テクノストレス」の項目を執筆しています。

この記事「テクノストレス」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)
752

更新日時:2014年10月5日(日)23:55
取得日時:2022/01/28 06:20


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5403 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef