ツナ缶
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…食材として[編集]国の研究の過程で、人間が食しても問題ないことが判明したため、第一発見者である現在のはごろもフーズはシーチキンの商品化に挑戦した。しかし、シーチキンは生で食するにはあまりにも磯臭く、肉が塩辛かったため商業価値があるものではなかった。ただ、栄養価が高いことは調査で分かっていたので保存食としてはいけそうな気が社員一同しており、はごろもフーズは研究に研究を重ね、ついにある期間サラダオイルに漬けることによって磯臭さと濃すぎる塩分を抜く方法を発見した。味も申し分なく、はごろもフーズはシーチキンを市場に売り出すこととなったが、消費者はこの得体も知れない生物が入った缶にはじめは嫌悪感を示したものの次第に噂が広がり、はごろもフーズのヒット商品に成長した。なぜそのような商品を他社が売り出さないかといえば加工技術の特許をはごろもフーズがとったからである。しかし特許は切れるものなのであり、今では類似品が市場にあふれているが何十年もの間培ってきたブランド力にはかなわず、シーチキン市場ではごろもフーズは常時50パーセント以上の市場占有率を今でも維持している。
関連項目 4022





チキン

マグロ

カツオ

ツナ

はごろもフーズ

共同発明

コンビーフ - シュールストレミング


更新日時:2019年11月23日(土)15:43
取得日時:2021/05/15 12:07
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4551 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef