ツチノコ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…普通に考えて[ 4ebc 編集]何かの見間違いか、大きい獲物を飲み込んで腹が膨らんでいるだけだったりする。目撃証言が一致しないのも、複数の種のヘビを見ただけであろう。そもそもヘビの古語を「ツツ」や「ツチ」というわけで、ツチノコとはそのまま「ヘビの子」なのである。

他、アオジタトカゲなど類似動物との誤解か、それらが他国から船で来て一時期生息した個体がいたか、デブ猫のジャンプを見間違えたなど、様々な説が流されており、実際の目撃情報の多くは、それら複合的な要素を「ツチノコ」のイメージに基づく先入観で統合してしまったことにより生じたと考えるのが自然である。

だからさ、そんなもん探してるヒマと情熱があるなら、もっと他のことに使おうぜ。な?
目撃、捕獲したと主張する人達

野比のび太
学校の裏山で目撃したと主張。

スネーク
ネズミ捕りを仕掛けたところ、ツチノコが捕まったと主張。食べてしまったので現物は無いと言う。

霧雨魔理沙
ペットとして飼育していたと主張。飽きて捨てたので現物は無いと言う。

剛田武
「あ、ツチノコ!僕が見つけたんです。偶然この空き地で!」と本人が新聞記者たちに実物のツチノコを見せながら主張。
関連項目

ヘビ

UMA

西遊記

ノコッチ


大変なことになっちゃった。この記事「ツチノコ」はおもしろくないドラえもんが暴走しているよ!早く良い記事にして、ドラえもんを止めなくちゃ!良い記事にしてくれたら僕のお小遣いX円あげるからよろしく! のび犬より (Portal:スタブ)


更新日時:2021年2月23日(火)22:18
取得日時:2021/07/22 19:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7236 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef