チー牛
[Uncyclopedia|▼Menu]
模範的なチー牛。

チー牛(-ぎゅう)とは、(肉牛)の亜種。日本固有種である。このページの閲覧者の大半もこのチー牛である。目次

1 概要

2 生態

3 展望

4 脚注

5 関連項目

概要

肉牛は日本の中でも特に重要な産品であり、味を追求して日々品種改良がなされている。特に神戸牛などは世界的にも知名度の高い品種となっており[1]TPPなどで衰退が懸念される農業分野において、最後の砦とも目されている。

こうした状況の中で、2018年に新しく発見された新種がこのチー牛である。本ブランドの生産者はすき家で、農業経営には直接手を出していない企業がブランド開発に成功したとあって界隈に激震が走った。しかも牛としては非常に珍しい性質をいくつも持っておりその点でも注目を集め、姿がTwitter上で激しく拡散された。その評価は様々であり、嬉々としてこの牛を受け入れる者、反対にこれを拒絶する者とに大きくは二分された。

現在はある程度落ち着き、1週間に1度程度タイムラインで見かける程度である。
生態

前述のとおり非常に特殊な生態である。いくつかの点を取り出し、これらについて概説する。
姿が人間に酷似している
一見して牛と判断するのが困難なほど
擬態のレベルが高い。一般に眼鏡をかけており短髪の男性に擬態することが多いが、ごくまれに女性に擬態する個体もいる。その場合も顔はほぼ同一であり、服装もGU、ユニクロなど画一的であることから、慣れてしまえば見分けるのは容易である。個体の性別と擬態先の性別に関連性があるかは現状不明であるが、その著しいオス:メス比に鑑みて「個体の性別と擬態先の性別には関係がない」説と「少数のメスが多数のオスを従える、逆ハーレムを形成する」説の二つが有力である。
乳製品・卵を好む
本来牛は草食動物であるが、この種は乳製品・卵を好むという非常にまれな進化を遂げたことが分かっている。哺乳類のは栄養満点であり、これを奪い合う闘争が同種内で発生するのを防ぐために成長過程でラクトースの分解能は普通消失するが、チー牛はこれを回避して進化したようだ[2]。乳製品の中でも三色チーズ、卵製品の中でも温玉が好物であるとされる。なお、これらを食する前には意味不明な高速詠唱を行うのもチー牛の特徴の一つである。
人間のメスを避ける
原因はまだ未解明であるが、その極端なオス:メス比から同種のメス[3]に集中している必要があり、結果として異種である人間の女性に興味を示さないという説が現状有力である。なお、人間の女性がチー牛を避けているという説もあるが、あまり顧みられていない。
展望

新種の開発は非常に時間がかかるうえ大規模になりがちだが、短期間・秘密裏に品種改良を行ったすき家は非常に高いノウハウを隠し持っていると推察される。多くの農家がこれを手に入れようとしているものの、成功していないのが実情である。

今後すき家がチー牛の品種改良に乗り出すのか、はたまた新種を再度作り出すのかは不明である。動向を注視しておく必要があるだろう。
脚注 1d5c ^ プロバスケットボール選手のコービー・ブライアントの名もここからきている。
^ 人間の多くもこの進化過程をたどっている。牛乳を飲むと腹を壊す人がいるのはこのためである。
^ 二次元の女性はこちらと判断されるケースが多いとの統計が出ている。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チー牛」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「チー牛」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「チー牛」の記事を執筆しています。

すき家

君は牛を二頭持っている。

オタク

童貞


更新日時:2022年6月2日(木)22:11
取得日時:2022/06/25 22:16


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6444 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef