ダチョウ倶楽部
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…」の項目を執筆しています。

トラタ(トラタ デンゲキ ネットワーク)は現在ダチョウの中で唯一絶滅した個体である。

主なエサはサソリ、ドライアイス、エンジンオイルなどであった。

絶滅した理由としてトラタの生意気な性格が考えられる。そのため前述の3種類とは仲が悪かった。また、普段から悪乗りした鳴き方で先住動物を威嚇していたが、その生意気な威嚇が先住動物達の逆鱗に触れ、とうとうトラタは絶滅させられてしまった。

鳴き声なんか書くなよ! 絶対に書くなよ!

ダチョウは非常に様々な鳴き方をする。所詮鳥なので前述のように言語的な意味は無いとされているが、ある特定の鳴き声をした後に奇行に走る個体があることから、種族間である種のコミュニケーションをとる為の手段ではないかと考えられている。以下に確認されている鳴き声の一例を挙げる。
ヤー
鳴き声としては一番短いものである。声を発する時に羽を前に突き出す動きを見せることから、威嚇の際に挙げる奇声であると考えられる。
ムッシュムラムラ
ダチョウが求愛行動、交尾を行う際の鳴き声である。脳が興奮状態にあり、アドレナリンの放出が一定量を越えると発せられることがわかっている。
クルリンパ
ウエシマがこの鳴き声を発することがわかっている。この声を発した後に帽子を被りなおす仕草を見せることがわかっているが、行動との関連性は今のところわかっていない。
コロスキカ
ウエシマが酷い扱いを受けた後必死の形相で発する鳴き声である。「ウッタエテヤル」と鳴くこともある。
オスナヨ、オスナヨ、ゼッタイニオスナヨ
ウエシマが熱湯風呂を食べる際に発する鳴き声である。この鳴き声をあげた後リーダー、ジモンなどに押されることが多いが、行動との関連性は今のところわかっていない。
オレハゼッタイヤラナイゾ、オマエヤラナイノ、ジャアオレガヤルヨ、イヤココハオレガヤルヨ、? 185a ?ャアオレガヤルヨ、ドウゾドウゾ
このような長い鳴き声をあげる生物は、今のところダチョウ以外には存在が確認されていない。ウエシマ、リーダー、ジモンが三羽そろっている時にこの声をあげることが多い。この鳴き方をした後、ウエシマが危険な行動をとることが多いが、行動との関連性は今のところわかっていない。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目なんて書きやがって! 訴えてやる!

デガワ
- リアクションゲイニン科の仲間。主に「ヤバイヨヤバイヨ」と鳴く。

シムラ - ダチョウと仲の良い先住動物

ドリカム - ヒゴンヌモドキの一人

肥後ちゃんラーメン - リーダーが経営していたが、所詮鳥なのでものすごくまずい。

釣りバカ日誌 - リュウヘイモドキの一人が出演

お笑いウルトラクイズ - ダチョウの初舞台


左「おい、だれが編集するんだよ?」
中「オレは絶対やらないからな!」
右「え、お前やらないの?」
左「じゃあオレがやるよ!」
右「いや、ここはオレがやるよ!」
中「じゃあオレが!
右・左「どうぞどうぞ!」
中「えー!」 (Portal:スタブ)


更新日時:2021年2月18日(木)17:02
取得日時:2021/09/24 08:33


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef