ゾンビ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

… 228d 迫害の歴史[編集]ここではゾンビへの偏見を煽った作品を挙げる。

ウィザードリィ/ドラゴンクエスト:中世ヨーロッパをモデルにした架空の世界を舞台にしたゲーム。この作品に出てくるゾンビは犯罪者や悪党であり、無差別に殺害されているわけではないのでそれほど問題視されていない。

Night of the Living Dead:世界中にゾンビは邪悪で人を襲うものだという風評を広めた、最低最悪な映画。ゾンビ権保護協会は監督の ジョージ・A・ロメロに公開質問状を送ったが、未だ回答はない。

サンゲリア:ロメロによって堅苦しい哲学ゾンビが知名度を上げ、ゾンビへの誤認が席巻していた中登場したのが、ルチオ・フルチのサンゲリアである。日本では特にサンガリアとの類似が議論されるが、海外では違う、サンガリアが海外には存在しないためである。フルチンは哲学ゾンビに対して「明るく、楽しく、そして激しく」を標榜し、ゾンビ対サメや間寛平要素をゾンビへ導入する(サンゲリア2)など、次々と新機軸を打ち出した。
ルチオ・フルチによって召喚されたゾンビのひとり。このゾンビだけは何故か映画に出演できた。(映画「ビヨンド」の一場面)

ビヨンド:同じくルチオ・フルチ監督作品、制作当初ドイツの出資者が「ゾンビを出したら制作費を出してやる」と言ったので、フルチはゾンビを召還したが、そのゾンビが怖すぎたため出資は取りやめとなった。このためラストシーンの撮影ではそこらへんの浮浪者に小遣いを渡して死体役として寝てもらい撮影したことで有名。

バイオハザード:ラクーンシティで実際に起きた、人間の警官による大量殺人事件を描いたドキュメンタリー。しかし人間側の視点で作られており、明らかに事実と異なる描写が多い。ちなみにラクーンとは狸のことである。

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:銃を偏愛するトリガーハッピーがゾンビを虐殺するゲーム。

デッドライジング:ウィラメッテを舞台に大量のゾンビを面白可笑しい方法で殺害してゆく趣味の悪いゲーム。この作品のおかげでウィラメッテの経済は大打撃を受けた。

ゾンビ屋れい子:ゾンビがスタンド同様に扱われている漫画。

ゾンビ賛美

ゾンビを賛美した作品

スリラー:ゾンビのコミカルで元気な様子が描かれている。[1][1]

Is this a zombie?:ゾンビの強さや魅力、重度のフラグアッパーであることが事細かに描かれている。いやむしろネクロマンサーのことの方がたくさん書かれている。

b81 脚注^"がっこうぐらし!のOPがスリラーだった". モーグ (2015年7月18日).2018年6月28日閲覧。

関連項目

ゾンビと同じく迫害されているが、元は人間の生物。

亀田大毅

前田智徳

アンデッド

キョンシー

ミイラ

1b0e グール

スケルトン

キリスト 死後復活を遂げた事が証明され、ゾンビであることが最近の研究で明らかになった。

哲学的ゾンビ

宮古芳香

すごい臭いよおにいさん

シャベル - 対ゾンビ戦で使用される事がある。

ゾンビ議員


この項目「ゾンビ」の執筆者は残念ながら死亡しました。
へんじがない、ただのしかばねのようだ。
でも早くしないとゾンビになって襲ってくるかもしれません。防ぐのであれば、今すぐにザオラルかザオリクを使って蘇生させて下さい。 (Portal:スタブ)



更新日時:2021年5月6日(木)17:01
取得日時:2021/07/27 15:19


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef