スバル・レオーネ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スバル・レオーネ」の項目を執筆しています。

スバル・レオーネ(Subaru Leone)は、かつてのスバルを支えてきた老害隠れた名車である。目次

1 概要

2 歴史

2.1 初代(1971年-1979年)

2.2 2代目(1979年-1984年)

2.3 3代目(1984年-1994年)

2.4 4代目(1994年-1999年)

2.5 5代目(1999年-2001年)


3 関連項目

概要

かつてのスバルの基幹車種である。セダンからワゴン、クーペやバンもあり、挙げ句の果てにはピックアップトラックまで何でもござれのラインアップであった。意外と日本初や世界初のメカニズムがあったが、レオーネ自体が地味であったため目立つことはなかった。ジャッキー・チェンが映画「キャノンボール」で2代目を使用していたことは有名ではない。また、アメリカでは農夫御用達で、アメリカの農道で最も速かったと言われている。日本で言うサンバーみたいなものである。それ故、ラリーでもかなり速かった。レガシィインプレッサについ最近まで使われていたサッシレスドアを、わざわざバンにまで使っていた。
歴史
初代(1971年-1979年)

1971年デビュー。エンジンは1966年にデビューした1000以来のEA型が使われたが、以後このエンジンが末期まで使い回されることとなる。

1972年、世界で初めてバンに4WD追加。これが後にレガシィに繋がっていることは、今となっては誰も気にしてはいない

1975年、セダンに4WDを追加。世界初の乗用車の4WDである。このセダン4WDが、あのインプレッサやレガシィのラリーでの活躍に繋がっていることも、今となっては誰も気にしてはいない。更に、FF初のオートマチック車も設定していた。地味に凄いことではある。

1977年、BRATなるレオーネベースのピックアップトラックがアメリカで発売された。
2代目(1979年-1984年) 1f77

1979年デビュー。3ドアハッチバックの「スウィングバック」があったが、後にも先にもスバルの乗用車で3ドアハッチバックはこのレオーネだけだった。

1981年、ツーリングワゴン追加。これがレガシィツーリングワゴンに繋がっていることは言うまでもない

1982年、セダンとツーリングワゴンにターボを追加。これがレガシィやインプレッサに繋がっていることは言うまでもない。このターボは1.8リッターOHVで120馬力だったが、ラリーで速かったため誰も気にしていなかった
3代目(1984年-1994年)

1984年デビュー。運輸省に審査するときに重りを入れて重量をごまかしていたのがバレて、日本での発売が遅れてしまった。ようやくエンジンがOHVからOHCに進化したが、レオーネの影が薄かったため誰も気にしていなかった

1986年、ファミリアに遅れてフルタイム4WDを3ドアクーペに追加した。しかし、1.8リッターのターボにもかかわらず、156馬力を大きく下回っていた。

1988年、スバルブランド30周年を記念してお買い得車「マイヤ」が登場した。

1989年レガシィのデビューによって更に影が薄くなった。この頃から覆面パトとしてよく採用され、警察バラエティ番組「警察24時」で西部警察日産・セドリックようにクラッシュされる。

1994年、インプレッサのデビューにより、とうとう永らくスバルを担ってきたレオーネが引退した。が、バンの名前だけが2001年まで続くことになるが、そちらは日産製であったためにスバリストにはそっぽ向かれた。
4代目(1994年-1999年)

このモデルの説明は、単にADバンにスバルの六連星を貼っ付けて「レオーネ」と名乗らせているだけであるため、省略する。
5代目(1999年-2001年)

4代目に同じく。
関連項目

スバル・レガシィ

スバル・インプレッサ

日産・ADバン

この「スバル・レオーネ」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)
dea

更新日時:2020年6月24日(水)23:28
取得日時:2021/07/11 10:53


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8127 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef