スタンド使い
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…闘争本能を具現化した武器。スタンドと同じく、個々人によって形態・性能・特殊能力(特性と呼ばれる)が異なる。特に習得にあたってのリスク・デメリットはないが、核金を失うと使えなくなる。武器という形態が示すとおり物理的な破壊に重点が置かれており、特殊能力も搦め手というより単純な力押しタイプが多い。その分出力はでたらめで、ブラックホールを作るだの、大気圏離脱して月まで吹っ飛ぶだの恐ろしいインフレを起こしている。一般人にも普通に見えるし、遠隔操作タイプもあんまりないため、戦闘以外の役には立たない。
試験召喚獣化学とオカルトと偶然によって生み出された試験召喚システムによって召喚できる召喚獣。テストの点数に比例したパワーを持ち、召喚獣を使った「設備の異なる教室状況」を改善するためのクラス間抗争、通称・試験召喚戦争の手段として用いられる。スタンドと違い(学園の問題児である観察処分者の召喚獣を除いて)本体にダメージがフィードバックされないという安全なシステムであるが、その反面「試験召喚フィールド内でしか召喚できない」「低得点と高得点の召喚獣ではパワーに差がありすぎるため、低得点者が高得点者のリンチに遭ってしまう」という不平等な問題点がある。さらに「学園長の暇つぶしのための召喚獣の試運転のために甚大な被害に遭った生徒が数名いる」「学園側の大人の事情で試験召喚戦争自体を無効にできる」「高得点者なのに何者かに騙されて観察処分者となってしまった生徒がいる」などの新たな問題点が明らかとなった。最終巻でもその問題点は改善されないまま放置されてしまったため、結局学園長のオモチャ同然の代物と成り下がってしまっている。
ペルソナぶっちゃけ、まんま。昔はフィレモンとかいう人に認められないとダメだったけど、今ではそうでもない。犬だろうがロボットだろうが得体の知れない化け物だろうが発動可能という無茶苦茶状態。何故かは知らないが、神様の名前や英雄の名前の存在が多い。ただそれを言い出したらイギーやアヌビス神の立場が(ry荒木飛呂彦と金子一馬は以前に対談を行ったりと人間関係は良好らしい。
ゾンビ召喚ぶっちゃけ、まんまその2。使い手は体のどこかに魔法陣のような星印がある。人によっては代々ゾンビ使いの血統でつまり一族には必ず星印があったりする。あれ、なんか聞いたことある。地獄の住人(当然、生前は罪人・悪党の類)を一体呼び出しゾンビとして使役できる。でも群れで呼び出せる奴もいたりする。ゾンビは実体を持っているので通常の物理攻撃が有効、使い手にゾンビのダメージは基本的に反映されない、ゾンビによっては独立した意思をもっていたりするのがスタンドとの相違点。改造も可能で腕とかくっつけたり、内蔵抜いてスピード強化とかできる。あとゾンビの交換、複数と契約してまとめて呼び出すとかもできる。たまにいうことの聞かないゾンビを呼び出す羽目になって、勝手に銃を乱射してたら使い手もろとも雷に打たれたりする。でも、言うこと聞かないけど使い手のピンチを察して勝手に現れ状況を打開してまた勝手に戻っていく便利で空気の読めるQUEEN(キュエーン)のゾンビもいたりする。使い手そのものに特殊能力(死体のゾンビ化・星印の奪取・譲渡等)があったりするので、その場合首だけになっても近くの首なし死体を使って生き返ったりする。あれ、これも聞い(ryなお、星印がなくなると召喚・特殊能力ともに使えなくなる。
サモン召喚ケータイ・スマホにインストールされた「召喚アプリ」による悪魔や天使を召喚して他の悪魔や天使(主にウイルス感染・突然変化等)を攻撃する。但し、召喚獣によって各種ステータスに個体差があり使い勝手のわからないもの(カエル・小妖精等)まで存在する。また、歴代の主人公等のような高能力の持ち主の場合、「サモン合成」なる合成獣の生成を行ったり、自ら魔法陣を作って防御力・斥力等を発生させることができる。
使い魔 (まどかの世界)基本は魔女によって生成されるが、上記とは異なり自ら生成することもあるようだ。主に魔女ごとに張られる魔女結界の中でしか生きられない。ゆえに「百江なぎさ」と騙って世を忍ぶ人間の姿に変貌させられた「シャルロッテ」ことお菓子の魔女や、「ワルプルギスの夜」こと舞台装置の魔女の手下は色んな意味で特異な存在である。
ユニーク・ジツニンジャの扱う特殊能力「ジツ」の内、そのニンジャが最も得意とするジツや、そのニンジャにしか使えぬ固有のジツのこと。しかし、ニンジャ同士のイクサはカラテが物を言う。いくら強力なユニーク・ジツを持っていてもカラテの鍛錬を疎かにする者はサンシタであり、容易く爆発四散してしまうだろう。小手先のジツなど、モータルならまだしもカラテを極めたニンジャには通用しないのだ。
関連項目

ジョジョの奇妙な冒険

スタンド

超能力者

ペルソナ

クイズマジックアカデミー

注釈^ それでもしつこく攻撃してくるスタンドが居るが、そういったスタンドはスピードに関しては人間並かそれ以下である場合が多く、先に引き金を引くことができれば勝ち目はある。
^ 実際スタープラチナはナイフ弾幕をさばききれなかったし、メイドインヘブンも毒ガスでやられている。逆に言うと、一般人が時系スタンドを打倒しようとすればそれぐらいしか手段がないわけだが。また、こちらが手を出す前に時を止められたら…来世で幸せになろう。ちなみにキングクリムゾンは予知能力(エピタフ)をもつため「奇襲・狙撃で本体狙い」さえ通用せず、面攻撃さえ透過されてしまうためどうしようもない。出会ったら素直に逃げよう。
^ もし巻き込まれた場合、スタンドによる広域殲滅には何らかのルール(体温を冷やすと効かないなど)が存在するため、それを見極めることが重要となる。幸い広域殲滅型のスタンドはそれにエネルギーの大半を割いているため、直接戦闘能力は低いことが多い。本体探しも巻き込まれていない者を見つければよいだけなので、比較的楽だろう。
^ ずっとひきこもっているわけではないので、を出した瞬間をねらって攻撃すること。
^ 上空を高速で飛行している相手を捕捉できるほどの射程距離とスピードを併せ持つスタンドは(ほとんど)存在しないため(これは作中でも明言されており、敵スタンドから逃れるために飛行機が使われるシーンがいくつかある。)


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは "スタンド使い" を見つけたと思ったらそれはスタブだった』
な… 何を言ってるのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった… 身長が156cmだとか1が2だっただとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ… (Portal:スタブ)


更新日時:2020年11月22日(日)00:53
取得日時:2021/06/16 11:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:31 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef