スカイチーム
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スカイチーム」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「スカイチーム」の項目を執筆しています。

スカイチーム(SkyTeam)とは、三大航空アライアンスの中で最もスリリングな航空連合である。目次

1 概要

2 特徴

2.1 よく知られたスカイチーム伝説


3 現在の加盟航空会社

3.1 かつて会員だった会社

3.2 加盟予定だった航空会社


4 加盟が期待される航空会社

5 関連項目

概要

2000年に df7 デルタ航空、エールフランス、コリアン・エアー及びアエロメヒコ航空の四社によって結成された。この時点である意味東アジア三大航空会社(他に日本航空チャイナエアライン)の一角を占めることで知られるコリアン・エアーと後にコンコルド墜落事故、447便墜落事故を起こすエールフランスが入っており、既にスリル満点のアライアンスとなっていた。

その後拡張を重ね、2004年にはウィングスアライアンス(ノースワースト航空、KLMオランダ航空(以前パンアメリカン航空とタッグを組んで大事故を起こしている)及びコンチネンタル航空)を吸収合併し規模を大幅に拡大したが、特筆すべきはやはり2006年のアエロフロート・ロシア航空の加盟だろう。ある意味世界最強の人間貨物旅客輸送空軍部隊航? 51f ??会社として定評のあるアエロフロートの加盟によって、設立時からのメンバーであるコリアン・エアーとのコンボにより世界で最もエキサイティングな旅を提供出来るようになったのである。

その後も拡張を続けており、現在では三大アライアンスで初めて中国の航空会社・中国南方航空が加盟したとの事であるが、ワンワールドにはとっくの昔に香港のキャセイパシフィック航空が加盟していたという事は突っ込んではいけない。2011年には 1061 中国東方航空も加盟し、中国において圧倒的なシェアを持つようになった。(2019年の正月に中国南方航空が「デルタがずっと中国東方航空とばっかりつるんでてずーるーいー!!」と、検閲により削除。)

そして、ついに2011年に、あのアジア最強と目されるチャイナエアラインの加盟が決定した。2014年には危険航空会社リストの常連であるガルーダ・インドネシア航空も正式加盟した。これで、スカイチームはどんなテーマパークにも負けないあのスリル満点のアトラクションを提供できるようになった。
特徴

他のアライアンスとは異なり、スリリングな航空会社が目立つ。特にアエロフロート・ロシア航空は旧共産圏ならではの顔が引きつるようなサービスとスリルが期待できる事で知られている。

また、特筆すべきは特定アジアで最大のシェアを誇るアライアンスと言う事実。つまり、航空会社ばかりか大量に乗ってくるお客もまた、日本人乗客にこれ以上ないスリルと苦痛を味あわせてくれるだろう。
よく知られたスカイチーム伝説

領空侵犯は当然、機体を銃で撃たれることもある。

世界最大の航空事故を頻発

実際、アエロフロート・ロシア航空は死者数世界ワースト1位、2位もエールフランス航空である。


荷物紛失も日常茶飯事。

「乗客?なにそれ?おいしいの?」

679 この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

現在の加盟航空会社

2000年の設立メンバー

11a7 デルタ航空
- 世界各地に以遠権を持つ、スカイチームでは一番デカイ航空会社。ノースワースト航空と合併した。

エールフランス - 2009年に墜落事故を起こしていて、スリル満点である。スカイチーム★四天王の一員。

大韓航空 - これまでに数々の事故を起こしていて、アメリカに「もう路線増やすな!」とブチギレられたことがある。チャイナエアラインと同様、スカイチーム★四天王の一員である。

アエロメヒコ航空


2001年加盟

チェコ航空

アリタリア-イタリア航空 - 当時は「アリタリア航空」として加盟。預けた荷物をよく紛失する。


2004年加盟

KLMオランダ航空 - 今は亡きパンアメリカン航空とコンビを組んで、ジャンボ機同士をごっつんこ??させたことがある。


2006年加盟

アエロフロート・ロシア航空 - ソ連時代では事故が当たり前のように起きており、アエロフロート一社による航空事故で5000人を超える人が粛清されましたということらしく、もちろんこれは世界でダントツのワースト1位。


2007年加盟

エア・ヨーロッパ - 2010年にアソシエイト・メンバーからフルメンバーへと変更。スカイチームで事故なしなのはこの航空会社だけ。

ケニア航空 - 2010年にアソシエイト・メン? 1000 ??ーからフルメンバーへと変更


2010年加盟

ベトナム航空

タロム航空


2011年加盟

チャイナエアライン - 過去に200人以上の死者を出す事故を何度も何度も起こしてきたこの会社、ついに加盟してしまった。チャイナエアラインの加盟により、スカイチームはいろんな意味で世界最強の航空アライアンスとなった。当然、スカイチーム★四天王のメンバーである。

マンダリン航空 - 親のチャイナエアラインが事故ったせいで、理不尽な風評被害を受けたことがある。


中国東方航空 - デルタさんとイチャイチャしすぎて、中国南方航空にフラれてしまった。(と言うより中国南方航空を振ってしまった)

上海航空 - かつては中国初の民間航空会社と自称していたが、2010年に買収されてスターアライアンスも強制退会。すべて中国政府の意向によるらしい。



2012年加盟

サウディア - 旧会社名はサウジアラビア航空。過去にカザフスタンのイリューシンに300人乗りのジャンボが体当たりされたり、300人乗りのトライスターが人間ごと丸焼きになったり、と色々とヤバい。

ミドル・イースト航空

アルゼンチン航空 6d0

厦門航空 - 親の中国南方航空に置いてきぼりにされてしまった。


2014年加盟

ガルーダ・インドネシア航空 - 危険航空会社リスト常連の航空会社。A300を森に突っ込ませて人間まるごと粉々にしたり、B737であぁ^?心がぴょんぴょんするんじゃぁ^?をやったり、福岡でDC-10を落としたり、などと大量の前科がある。EUが「14回もの死亡事故が起きているなら、安全性に問題あるのでヨーロッパに来ないでください」と2007年に欧州締め出しキャンペーンを行っていたが、2009年にヨーロッパへの運航が許可された 16b4 。ガルーダ・インドネシア航空の加盟によって、スカイチームは確実に世界最強の航空アライアンスの地位を固めるだろう。勿論、スカイチーム★四天王のメンバーである。


かつて会員だった会社

コンチネンタル航空
- 「うちはそんなにスリルのある会社じゃないからスターアライアンスに行く」と2009年10月25日脱退。その後ユナイテッド航空と対等合併した。

コパ航空 - 「コンチネンタルに何処までもついていく」とやはり2009年10月25日脱退。そして案の定スターアライアンス加盟。さらにコンチネンタルが合併してユナイテッドになったあとも何処までもついていってる。

ノースワースト航空 - かつては有数のマイナートラブルメーカーだった。デルタ航空と吸収合併し、システムの一本化などを理由にデルタ航空に吸収されたので2010年1月31日に消滅。

中国南方航空 - 中国最大の航空会社だったが、デルタさんからの扱いが中国東方航空に比べてあまりにもクソだったことに耐えられず、アメリカンさんやフィンエアーさんとグルになって脱退してしまった。

加盟予定だった航空会社

日本航空 - 倒産し、ワンワールドから愛想を尽かされ加入するはずだったが、土壇場で元の鞘に収まってしまった。

加盟が期待される航空会社

スカイマーク
- 全日本空輸が加盟しているスターアライアンスや日本航空が加盟したワンワールドとは異なり、スカイチームには日系航空会社が加盟していない。このため、日本人にとっては海外旅行で十分にマイルを得て、国内線の航空券を入手する事が出来ないという決定的な欠点がある。このため、スカイ繋がりでスカイマークのスカイチーム加盟を望む国内の b83 マイル修行僧も少なくない。機体を損傷した経験からスリリングさという点でもうってつけである。

スカイネットアジア航空 - 元々スカイ繋がりだったが、スカイマークほどあれではなく、しかも既に全日空の軍門に下っている上、ブランド名をソラシドエアという微妙な物に変更してしまったことから、加盟は期待されていない。

関連項目

スターアライアンス


ワンワールド

スカイマーク

マイレージ

ラウンジ

マイル修行僧


5e3 なあに、こんなスカイチームすぐに完成させるさ、出来たら遊びに行こうな! (Portal:スタブ)


更新日時:2020年7月6日(月)20:18
取得日時:2021/07/24 08:03


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef