サーロ
[Uncyclopedia|▼Menu]

ウクライナ人は、と勇気とサーロ(Сало)で出来ている[要出典]。目次

1 概要

2 兵糧として

3 食卓にて

4 結論

5 サーロインステーキ

6 外部リンク

7 関連項目

概要

和訳すると「豚の白い脂」であり、要するにの脂身を漬けにしただけの保存食なのであるが、ウクライナ人にとっては欠かすことの出来ない命の糧なのである。
兵糧としてユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セルデューク」の項目を執筆しています。

何しろウクライナでもっとも忠誠心に篤い精鋭コサック部隊(セルデューク、Сердюк)において一日の糧食の三分の一がこのサーロであり、他のいかなる美食にも代えがたいエネルギー源なのであった。またコサックの歴史上、サーロがふんだんに支給された戦争はたいてい大勝利している一方で、サーロが欠乏したり、配給がケチられている戦争はほとんど大敗あるいは将校の反乱もしくは兵士の暴動が起こっているのであった。
食卓にて

そんな民族の運命を左右してきたサーロであるがゆえに、ウクライナ国民もまたこよなくサーロを愛し、崇敬してきたのであった。軽く(あるいはお好みでこんがりと)炙ってウォッカのつまみにするのが最高であるのはもちろんの事、ビーフストロガノフボルシチの隠し味として使うもよし、あるいは生でそのままかぶりつくもよし、チュウチュウとじっくり塩味の脂をしゃぶり出すのもサーロにおける醍醐味の一つであることは言うまでもない
結論 やっぱり美味しい、みんなのサーロ。

そんなこんなでいつも脂身ばかり食べているから、ウクライナ人にはデブが多い[要出典]んだよ、などと言わ? 130d ??たところでサーロさえあればみんな幸せなので、誰も気にしないのであった。が、最近は国民の低カロリー志向からサーロよりもパンを食べる裏切り者が続出しており、国民食として地位が危ぶまれているという情報もある。
サーロインステーキ

ちなみに、サーロインステーキ(Sirloin steak)とはサーロを混ぜて成型されたステーキのことであり、身100%のサーロインという表現が矛盾していること、サーロイン(成型肉)の語源がこのサーロである[要出典]ことなどを知っておくと、ちょっとした食通を気取れるかも知れない。
外部リンク

Клуб любител?в САЛА - Розважально-?нформац?йний портал サーロ愛好会(ウクライナ語)

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サーロ」の項目を執筆しています。

ラード

ウクライナ

デブ


更新日時:2010年9月17日(金)12:21
取得日時:2021/09/20 14:17


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6386 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef