コンビーフ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…缶の形状[編集]現在、コンビーフは独特な台形状の缶に詰められて売られていることが多い。他の缶詰には類を見ない形状であり、コンビーフが他の缶詰とは違う独特の歴史を辿っていた事を窺わせる。

? 5354 ??の缶の形状の起源も、大航海時代の北アメリカ大陸にまで遡ることとなる。原住民の虐殺には鉄砲が当初は使用されていたが「撲殺した方がおいしい肉が獲れる」との理由で、廃屋の煉瓦が武器として使用されることとなった。後にで出来た煉瓦では殺傷性能に劣るということで、金属製の専用に作られた角材が使われるようになった。この専用の角材は、中に人肉のミンチを詰めて保存できるように作られた空洞があらかじめ作られており、これが現在の独特な形状の缶のルーツとなっている。
食材としてのコンビーフ

コンビーフはいろいろな食材との相性が極めて高く、非常に万能な食材であるともいえる。歴史の節でも述べたように、ジャガイモと一緒にあえて出されることが発祥の地であるアメリカでは非常にポピュラーである。日本では寿司のネタとして使われるなど、との相性も高いということを証明した。それほどコンビーフはあらゆる食材にマッチする食品である。

コンビーフはそのまま食べても美味である。少々くどくなるものの、マヨネーズチーズと混ぜ合わせ加熱すると一層コンビーフのおいしさが際立つ。ご飯のおかずやのつまみにピッタリである。

もちろん牛肉100%のコンビーフよりも、人肉100%のコンビーフの方を使った方が美味であるのは言うまでもないだろう。
日本のコンビーフ

山手線に乗ると線路沿いの柱に「ノザキのコンビーフ」の看板が多数ある。 この看板風景こそ日本人の生活にコンビーフが浸透している証拠とも言えるであろう。日本製のコンビーフは、日本人の好みに合わせて牛肉は控えめに作られており、その分日本の伝統食のマグロなどを混入している。このマグロは駅で人身事故の際に回収された物を利用している。つまり、日本の鉄道と日本のコンビーフは切っても切ることが出来ない関係にあるのである。
関連項目

カニバリズム

アメリカ料理

イギリス料理

SPAM

コンドーム


このコンビーフは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2017年10月8日(日)14:36
取得日時:2021/06/14 10:54


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8141 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef