クレオパトラ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…後世の評価[編集]後世の歴史学者たちからもクレオパトラは極めて高い評価を受けている。そのためか、「一目でいいからクレオパトラに会いたい」という学者も多い。しかし実際に彼女の生涯や業績に関する研究はほとんどなされていない。20世紀に書かれたクレオパトラに関する論文の内訳は以下のとおりである。

顔の推定に関するもの:48%
文理問わず広く研究されている

性的魅力に関するもの:25%

全身プロポーションに関するもの:18%

恋愛歴に関するもの:6%

子孫探索に関するもの:2%
ハリウッドや雑誌社による研究がさかん

生い立ちや業績に関するもの:1%

実はブスだったんだよ説

古代ローマ時代の歴史家プルタルコス
は、クレオパトラ7世を、複数の言語(ギリシャ語・エジプト語・シリア語・パルチア語・アラビア語・ラテン語など)に通じた政治・軍事・外交に長けた高貴で知的な女性として伝えている。その一方で容貌については「美貌も若さもオクタウィアに適うものではなかった」と評している。

夫の浮気に悩んでいたユリウス・カエサルの妻は、クレオパトラの鼻が高すぎるのを見て、溜飲を下げたと伝えられる。

2007年2月14日付の英タイムズ紙は、クレオパトラは実はブスだったと報じた。それによると、ニューカッスル大学が発見した銀貨に描かれていたクレオパトラの顔は、とがったあごに薄い唇で、鼻も鋭角。同大学の考古学博物館のアシスタントディレクター、クレア・ピッカースギル氏は「クレオパトラの一般的なイメージはローマの政治家や軍人を魅了した美しい女王というものです。クレオパトラとマーク・アントニーの関係はこれまで長い間、作家やアーティスト、映画製作者によってロマンチックに美化されてきたのです」と語った。

歴史上に美人は多いが、ここまで嫉妬の対象となり、現代に至るもけなされた例は皆無である。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クレオパトラ7世」の項目を執筆しています。

楊貴妃

小野小町

かぐや姫


更新日時:2018年8月12日(日)12:43
取得日時:2022/01/15 08:32


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7544 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef