ギフテッド
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…精神的、社会的な行動幾ら一般人の上位人種であり選民たるギフテッドと言えども完全無欠たる存在ではない。彼らはしばし特定の刺激に対して並々ならない反応を示す。落ち着きがなく精神的に他動であったり、五感の特定部位、もしくは全てにおいて敏感になる、更に様々な知的なものを好み続けたり、強い想像力を持ち合わせている場合もあり、感情の起伏が激しいのも特徴である。

だが、これら5つの特徴全てにおいて敏感であるのはむしろまれである。彼らは得手不得手の差も非常に大きく、学習障害を両立する場合も多い。不均衡である場合が多いのである。

あまりにもアンバランスな存在であるが、それ故に得意分野においてすさまじい能力を発揮するために彼らは選民であるのである。彼らは凡人の集団から孤立し、異端者扱いを受ける、自らの能力を隠すことを試みる場合もあるが、あまりにも目立つため成功しない。また知的指数が高いほど、すこしの経験から多数の情報を受け取るため、情報過多になり、社会を風刺したり、人間や恋愛を精神病例で分け、話を理解できない人には話さない、等で冷たい、世慣れした印象を与えてしまうことも多い。そして当の本人たちは同じ知能指数のギフテッドの仲間を見つけるまではとても孤独を感じ、自殺を考える人が多い。だがその高い知能指数のおかげで、それすらの乗り越え経験とする。

更に彼らは先天的に完ぺき主義でもある。完全なものを追い求めるがゆえにありとあらゆる分野で成功するのである。だからこそ学問などのありとあらゆる歴史は彼らの独壇場に近い存在となるのである。
ギフテッドの認識

ギフテッドは先天的なものであり、その特徴は一生涯において続く。つまり、ギフテッドとして生まれた人間は、永遠にギフテッドであるということであり、ギフテッドとして生まれなかった人間はギフテッドになることはない。

ここには断絶があり、マリアナ海溝よりも更に大きな溝が存在するのである。

ギフテッドは皆、死後にはとなるが、一般人の死後神になるよりも、必ず上位に位置するようになる。

それは、彼らが選民であるためであろう。
ギフテッドが両立しやすいもの

ギフテッドは発達障害を持っている場合が多い、真逆の存在であると誤解されやすいが、それは知的障害であり、ギフテッドは知的障害とは対極に位置するであろう。
アスペルガー症候群
ギフテッドとは非常に両立しやすい発達障害としてあまりにも有名なものである。また、ギフテッドとアスペルガーを兼ねた場合、更にギフテッドよりも上位の人種であるとの説もあるが、アスペルガーを兼ねないギフテッドでも兼ねているギフテッドより優れていることもあり、一概には言えないのも事実である。
ADHD
注意欠陥多動性障害とも言う、アスペルガー症候群の次にギフテッドと両立しやすい発達障害である。他動であったり、注意に欠けたりするが、それ故別の何かに集中できるからかもしれない。
学習障害
LDとも言う、特定の分野の学習に支障があることをさす。要は、学校の期末テストでは興味のある一科目では100点に近いかもしれないが、興味が無い一科目だと赤点+10点くらい(平均点ちょい下くらい)でやりすごすことができる、というもの。
ディスレクシア
識字障害とも言う、学習障害の一種である。文字の習得が遅く、文章が読めなかったり、読もうとしても文脈を理解できなかったり、鏡文字を書いてしまうことも。あるいは字そのものが動いたり踊ったりするような感覚を持つこともある。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギフテッド」の項目を執筆しています。

知能指数

選民

凡人

天才




更新日時:2020年7月25日(土)10:46
取得日時:2021/07/23 06:17


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef