キャラ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…着用[編集]キャラ作りからキャラかぶり、そしてキャラ立ちを経験し、キャラを着こなした男子高校生の日記を紹介する。

今日から、僕も高校生だ。だから、新しいキャラを作った。基本はいい人だけど天然ボケ要素もあって、この絶妙なミックスが我ながら最高だと思う。今日からこれを着けて、イメージチェンジをするんだ。
ところが高校に行けば、僕と同じキャラを着けている奴がいた。キャラがかぶるとまずいことになってしまう。だけど、僕はこのキャラを譲りはしない。うまくキャラ立ちして、あいつとのバトルに勝って、そして人気者になってやるんだ。

そして昼休み、ついにあいつが僕の前にやってきた。
「おいそこの兄ちゃん、いいキャラしてんじゃん。だがな、あいにく俺とキャラかぶってんだよ。譲ってくれなきゃ…しばきあげるぞゴルァ!!!」
キャラかぶりによる怒りのあまりか、さっそくそいつのキャラが崩壊し始めた。その後僕は予告通りしばきあげられたものの、キャラを崩さなかったため一応バトルは制し、僕はうまくキャラを立てることができた。これからの高校生活が楽しみだ。



普及

キャラは、特に日本において流行している。日本では、一人で複数のキャラを持つ者も少なくはなく、逆に一つ 3eb1 もキャラを持たない者のほうが珍しいくらいである。そのため、日本ではキャラの普及率が120%を超える異常現象を巻き起こしている。その影響か、日本ではキャラを身に付けない者は社会から疎外される、それ以前に相手にもされないことが多い。そのような事態を防ぐためにも日本人はキャラを身に付け、さらに社会からの疎外が進むという悪循環が広がっている。

このように、日本ではキャラの普及が進んでいるが、キャラに依存してしまうとキャラよりもっと大切なものを失ってしまう恐れがある。たとえ人気者にならなくても、友達を持たなくても、グループに入らなくても、キャラに依存せずにありのままの素顔のままで生きることが大切ではなかろうか。

更新日時:2015年6月8日(月)22:25
取得日時:2021/06/15 11:11


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4797 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef