エビフライ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…に生息する巨大なエビフライ近縁種は世界中に生息していて、アマゾン川には全長三メートルを超える巨大なエビフライの仲間も生息している。ヨーロッパに生息しているヨーロッパエビフライも食用として利用されている。また日本近海にもエビテンとよばれる近縁種が生息している。

なお、形態的に似ているものの全く系統を異にするものにエビテン(エビ天)がある。
化石種

古生代カンブリア紀からエビのしっぽのみの形を持つアノマロカリスが発見されている。これは当初エビフライではないかと考えられ、しかし衣が発見されなかったことからこの名(奇妙なエビの意)が与えられたものである。ただし現在ではエビの尾といわれたのは触手というのが公式見解となっている。これには裏があるが、それについては該当の項を参照のこと。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エビフライ」の項目を執筆しています。

エビ

唐揚げ

アジフライ

KFC

とんかつ

名古屋共和国

名古屋めし

エビちゃん


更新日時:2021年1月6日(水)02:43
取得日時:2021/09/13 20:46


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6881 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef