エクストリーム・聖火リレー
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…中国国内[編集]5/2 香港
数人国外追放、前哨戦は妨害チームの集会よりメーデーの集会の方が多いとの情報、これは長野ラウンドがあるのに代々木公園に行くようなものなのか……。しかし、そんなメーデーにチベット旗一つ。妨害チームの抜け目の無さに審判員はこれからあるであろう苦行の励みとするのであった。コースは結局25qの行程に短縮、雨の中かなり忙しいスタートとなった。久々の生中継というまるで関羽の奇襲を食らった様な気分で審判員たちは慌てて中継を監視開始。妨害チームは中国ミンス党なるグループが集団で中国の民主化を求めて集会、纏めて逮捕され大型バンに乗せられて護送されていった。リレーチームと偽聖火リレーを行う妨害チームとの小競り合いも発生。チベット旗を持ち、拘束されて護送される美少女に審判員興奮。当然リレーチームのホームゲームなので、リレーチームが圧倒的。伝統のGTレースが行われる沙田競馬場では動員兵たちが聖火の到着を今か今かと待つのである。リレーチームは短縮分をトーチ・ドライブ(Torch drives) 、トーチ・ハイウエイ(Torch highway) を使用して本気で短縮。移動中はジャスラックも真っ青の下手な歌や変な踊りを見せられる恐るべき苦行……。結局は滞りなく「終わらぬ宴」より長いリレーが終了した。まさかここ香港で清く正しいエクストリーム・聖火リレーを見せられるとは思いにもよらない事である。現地駐在審判員によるとランナーの過半は財界の重鎮。中には賭博王の親戚まで混じっていたようである。また投入された警備員は3000人、逮捕者は20人を超えた。
5/3 マカオ
特に前哨戦の状況も伝えられず、寧ろエベレストの情報の方が逐一伝えられるなど、妨害チームの動向は一切無い状況での開催となった。時間が10時半開始と伝えられていたものが、15時半に変更、狭い土地で120人ものランナーを抱えているのだから、バケツリレー(Torch bucket brigade)でもするつもりなのか、それとも夜中まで続ける気なのかと心配の中スタート。86歳の賭博王スタンリー・ホーまで走らせる気合の入れよう。だが妨害チームの「ぼ」の字も現れない……。海外のメディアも思いっきり無視を決め込み、寧ろオバマの邪魔をする牧師に注目。審判員は次から次へと登場する親父ランナーの半ズボン姿を見せられ続ける苦行に苛まれる。まさに親父だらけの運動会と化したリレーは滞りなく1人1分の受け渡しにて終了するのであった。投入された警備員は2200人である。
5/4 海南省三亜市(中国)
初の人間外ランナーとして、香港固有種であり絶滅危惧種にも認定された極めて珍しい生物であるジャッキー・チェンによる大胆な挑発が記憶に新しいここ海南島ラウンド。誰もが「お前は何故乱戦の香港で戦わない」と、突っ込む言葉を腹の中に収めた状況での開催となった。リレーチーム主要関係者はアロハシャツの井出達でリゾート地のアピールをしたつもりだが、ホテルでは米国人等の宿泊を拒否・島の潜水艦基地が発見されるなど、せっかくのアピールも無駄に終わる。青服が紙テープに足を引っ掛ける中でのスタート。今回同伴の青服の背が著しく低い(1hyde未満か)ために走るランナー全てが巨人に見える始末。前回マカオ・ラウンドの反省もなく、再び親父だらけの運動会を敢行、審判員の士気を著しく下げていく。いつものように滞りなくリレーが終了した。ジャッキーに襲い掛かった妨害チームは当然いない。自作自演で功夫アトラクションでも見せてくれればよかったものを……。審判員もこれでエベレスト以外の注目案件が無くなって一安心である。
5/8 チョモランマ(エベレスト、ネパール・中国国境)
登頂に使用される聖火は3/31に北京に到着した際に取り分けられたもの。また、トーチは低気温・低酸素等に耐えられる特別仕様のトーチが用意されている。リレー開始の下準備としてわざわざネパールにリレーチームシンパの政権まで樹立、ネパール側入口を完全封鎖し妨害チームの登場に備える中での開催となった。4月30日にBCを設置し登頂を開始した。BCでは記者たちはニーハオトイレ、「世界の最も高い郵便局」でリレーチーム職員たちと格闘を繰り広げながら結果を待つことになる。2ちゃんねるオカルト板の祈りが長野に引き続いて通じてしまったのか、途中6400m近辺から雪と強風が襲いかかる。BCにも吹雪が襲い、審判員たちはロイター記者3人組(ニック、デイヴ、マーク)の動向が気がかりでならなかった。5月8日、吹雪で壊された各中継地点を修復させたリレーチームがついにアタック。8840mで聖火を取出すと5人のリレーで一気に登頂に成功させた。登頂後リレーチームは叫んで勝ち誇って見せるのであった。ニーハオトイレと水の出が少ないシャワーで頑張ったロイター3人組には敬意を表したい。週末のデイヴの誕生日のためにビールをくすねていたのは内緒だ。
6/17-6/19 新疆ウイグル自治区
前哨として、4月に警察当局が聖火リレーを妨害する恐れがあるとして、ウイグル族住民70人を逮捕した。また五輪関連で20名ほど処刑済み。1日目(6月17日 ウルムチ市内)、2日目(6月18日 カシュガル)、3日目(6月19日 石河子市→昌吉市)の日程。これまでと毛色の違う妨害チームによる、意味の違うガチな妨害が懸念される中、リレーチームも武装警官等のガチな防御体制、沿道の店に閉店を要求し、家には窓を閉めるよう要求、まるで聖火がThe Noon(邦題:真昼の決闘)に出てくるお礼参りにくる悪党のような状況での開催となった。長野の警備陣を真似したのか両脇を白服部隊で固める目新しさ。1日目第6走者がウイグル舞踊を踊りながら走れるほどの短い間隔によるバケツリレーに、親父だらけの運動会とこれまで培ってきた経験がいかんなく発揮されている。なお、スタジオの司会は新疆版古舘伊知郎である。結局のところ小泉もといゲイリー・クーパーは現れず、無事に終了した。なお、宴を見せずに、街をリレーチーム側が発展させたことをスタジオで宣伝しまくる放送局に審査員は不満たらたらである。
6/20-6/21 ラサ(チベット)
リレーチームが「容赦なく厳罰を下す。手加減は一切しない」と抱負を発表。各種ぺナルティの発生による高得点が期待されたが、さほどぺナルティは発生せず、期待はずれに終わった。
8/3-8/5 四川省内
エベレスト登頂によって大地の怒りを買ったのか、12日に四川省にて大地震が発生。建物が崩れ落ち、道路が原型を留めないほどである。リレーチームは被災者に対して1分間の黙祷、開、閉会式の省略を決めたものの、リレー自体は強行。まだ、災害復旧の目処も立たないうちの宣言であり、リレーチーム動員兵がそのまま全員妨害チームになる、「チャウシェスクの悪夢再び」の可能性も含めて見所となった。リレー中の義援金募金のやらせの発覚や、5月17日にリレー直後に起きたバスガス爆発事件発生等にさすがのリレーチームも恐れ入ったのか、5月19日から21日までを全国哀悼日としてリレー中断を決定した。これまでの妨害チームの猛攻に耐え続けたリレーチームの突然の決断に審判員一同開いた口が塞がらなくなっている。リレーは再開されたものの四川省は一旦ルートから外れることとなり、最後のほうへと回された。また、5月17日のバスガス爆発事件について、当初賭博がらみと報道されていたものの、妨害チームの仕業である可能性も含めて捜査を開始した模様。
衰退化?
7月21日に二度目のバスガス爆発事件が発生し、同時にこの件については静観を続けていたアルカイダ系のイスラム過激派が、2つのバスガス爆発事件の犯行を認め妨害チームとしての参戦を発表した。敵に回してはいけない最悪のグループを敵に回してしまったリレーチームは、警備員の数を約10倍(当社比)に増やし、妨害チームどころか蟻の一匹すら入る隙間も作らないことを急遽決定。この決断にあきれ返ったためか妨害チームは徐々に姿を消し、8月頃には妨害は全くと言っていいほど発生せず、あるチベット人が「漢民族がやっていることであり、興味はない」と発言するなど、最早誰も気にしないものとなってしまった。さすがのリレーチームも、本物のテロは恐ろし過ぎたようだ。
8/6-8/8 北京
聖火自体は6日に北京入りしていた。ルートは当初「和」の字を描くようなコースだったとされているが、大きく変更された。妨害チームは妨害どころか立ち入りさえも禁じられたため、爆破予告をしたり警備員を攻撃する事によって点を稼ごうとする手段に出るが悉く失敗。長く続いたエクストリーム・聖火リレーは、もはや体を無くした状態で終焉を迎えそうだ。ただその一方で、曇り空を晴天に見せようと演出するなど、天気さえも偽装しようとする中国らしさは垣間見れたゲームといえる。
8/9 開会式当日
9日0時過ぎ、聖火は遂にゴールを果たした。その最終走者に選ばれたのは、中国華僑のボスで『体操王子』とも呼ばれた李寧であった。李氏はトーチを手にしたままその身体能力で宙吊りになりながら場内を一周し、祥雲(めでたい雲)と呼ばれるトーチ型の聖火台に点火するという離れ技を披露。これには妨害チームも感服しきりであった。かくして130日間、137000キロもの距離を巡った「傷だらけの聖火」は聖火台に灯り、エクストリーム・聖火リレーは、実に尻すぼみな形で幕を閉じたのであった。
競技日程・採点結果

エクストリーム・聖火リレーの採点方法は、その独特なルールのためにいまだ確立されておらず、各団体において現在も協議中である。しかし、今大会のチーム順位に関してはおおむね一致しており混乱は少ない。むしろ、それぞれの視点で演技を採点するのがこのスポーツの醍醐味であるとも言える。

#チーム日時順位得点抗議
(1点)旗警備順路変更消火
(種火:9000点)乱闘乱入
(50点)逮捕者
(50点)その他の得点備考
1ギリシャ
3月24日-1620点200人+10点+10点+100点0点0点3人23人0点 ⇒[6]
2アルマトイ4月2日棄権(リレー自体は開催)
3イスタンブル4月3日-820点200人+10点+10点0点0点0点6人6人0点 ⇒[7]
4サンクトペテルブルク4月5日予選落ち50点-------1人
5ロンドン4月6日暫定4位5875点1000人+50点+50点+25点1500点×1+500点25人37人0点 ⇒[8]
6パリ4月7日暫定1位18000点1000人+50点+50点+500点1500点×4+1000点25人28人中断3000点
構成500点
副市長による消化未遂350点
公権力による事実上の黙認500点
ダライ・ラマへの名誉市民認定:1500点
世界へ与えた好影響1000点ゴール阻止
トーチ・ドライブ
7サンフランシスコ4月9日暫定3位9678点413(議会賛成数)
+2000人+100点+25点+3000点0点+1000点1人1人中断3000点
美術40点(手製戦車)ゴール阻止
順路の大幅な変更
サプライズチェンジによる
現地華僑放置
8ブエノスアイレス4月11日予選落ち240点200人+10点+30点0点0点0点0人0人0点5700人警備
水風船による消火活動
マラドーナ回避
9ダルエスサラーム4月13日失格(試合放棄)52点0人0点0点+50点0点0点0人0人ノーベル平和賞受賞者辞退(2点おまけ)やる気なし
10マスカット4月15日小田原評定徹子の部屋
終わらぬ宴炸裂
#チーム日時順位得点抗議
(1点)旗警備順路変更消火
(種火:9000点)乱闘乱入
(50点)逮捕者
(50点)その他の得点備考
11イスラマバード4月16日審議中150点150点(自然鎮火)非公開スタジアム内
聖火リレー
12ニューデリー4月17日暫定2位17700点5000人+200点+500点0点0点0人180人芸術3000点(裏聖火リレー)裏聖火リレー開催
鉄のカーテンによる妨害チームの完全なる排除
13バンコク4月19日-1230点150人+10点+20点0点0点+50点0人0人+1000点(逆・メディアコントロール)
14クアラルンプール4月21日-505点100人+5点+50点0点0点+200点0人3人誘拐、保護有り
15ジャカルタ4月22日-2000点1000人0点+100点+500点0点0点0人8人Toach at Home
16キャンベラ4月24日審議中暫定5150点
(審議中)2000人-300点(警備+50点青服急遽受入-350点)100点1500点x3+500点?7人芸術2000点(メッセージ・イン・ザ・スカイ ⇒[9])聖火台にて3回消火
リレーチームとMEN IN BLUEのまさかの乱闘
17長野4月26日審議中暫定2656点(審議中)1000人程度?(詳細発表待ち)10点
-1500点(溢れる中国国旗)650点(警備体制3000名、県警本部長出場+50、ヴァギナフォーメーション+100点)
-1500点(親中警備)
-1000点(自主的なメディアコントロール)
+750点(国宝前→刑務所跡の空き地)150点×2(自然鎮火)100点(駅前乱闘)
50点(スタート前小競り合い)3人(150点)6人(300点)芸術点600点(Buddhist Service)
特別点0点(門前払い?)
投トマト +50点 投卵 +50点 投ペットボトル50点
発煙筒50点
芸術点50点(ムーンマン ⇒[10]
負傷者-4点 軽傷4名聖火防衛隊入国拒否
トーチ・門前払い→プリズン・ベイカンシー。
18ソウル4月27日審議中暫定10519点(審議中)4000名程度?抗議市民団体数10015点
-500点(中国国旗)8550点(警備体制8300名、ブロックフォーメーション+50、シールド・オブ・バス+200)+150-+250点(1000人単位小競り合い)1人(50点)5人(250点)900点(辞退ランナー9名×100点)
コース事前非公開
+850点 ・ペットボトルや石、角材の投げ合い(200点) ・シンナーファイアー(400点) ・洒落にとれない抗議寸劇(200点)・リアル旋風脚(50点)
抗議チーム負傷+4点 軽傷4名
19平壌4月28日失格(リレー自体は開催予定)
#チーム日時順位得点抗議
(1点)旗警備順路変更消火
(種火:9000点)乱闘乱入
(50点)逮捕者
(50点)その他の得点備考
20ホーチミン4月30日-
21台北5月1日棄権(聖火の受け入れを拒否、リレー中止)競技自体が発生しないため
22香港5月2日-
23マカオ5月3日-
39チベット6月20日-
6月21日-
40ウイグル6月25日-
6月27日-70人(暫定)

各国スタート地点比較



ロンドン:ウェンブリー・スタジアム(イングランドのサッカー聖地)

パリ:エッフェル塔(パリのシンボル)

サンフランシスコ:AT&Tパーク南の広場

デリー:大統領官邸(国の最高意志決定機関)

バンコク:ヤワラート(アジア地域では最大のチャイナタウン)

平壌柳京ホテル(未完成とはいえ世界で16番目、国内最大の建造物)

長野:空き地(明治維新から昭和30年代まで刑務所があった土地で、後に勤労者福祉センターが建てられるも解体。現在は舗装すらしていない)

脚注^ 中国政府の弾圧により記録が無いため。

あの江頭2:50は、エクストリーム・聖火リレーin長野にて、聖火ランナーにドリアンを渡そうとしたが失敗し、それを善光寺に奉納した。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エクストリーム・聖火リレー」の項目を執筆しています。

オリンピック

北京オリンピック

聖火リレー

エクストリームスポーツ

中華人民共和国

チベット

外部リンク

チベットFAQ>エクストリーム・聖火リレー

流行記事大賞 金賞受賞記事

この記事は2008年流行記事大賞にて金賞を受賞しました。
歴代の金賞受賞記事を探す
 ・編・歴  エクストリームスポーツ 

英数字○○抜きで | 2.5GHz帯免許争奪戦 | 24時間テレビ | ASL | BUZZ | DDR | DQNの川流れ | ETC | E電 | F5連打 | ODAT | THE [email protected]Xbox 360激闘編) | IT業界離れ| JR西日本207系電車 | LINE | MIDIシーケンサー | NIIZA | PKO | Run for money 逃走中 | SONYタイマー | Suica | SUMOU | USGPE | Yahoo!知恵袋
あ行あああああああああ! | アイアンクロー | アイスクリーム | アイロニング | 朝青龍殴られ | アニメ観賞 | アフガン航空相撲 | 天下り | アメ横 | アメリカンフットボール | 家出 | 生き埋め | イギリス料理 |居残り| ウォーリーをさがせ! | いじめの仕返し | いたずら電話 | 一気飲み | 一生のお願い | 田舎に泊まろう | イナバウアー | 居眠り | イルカンジ狩り | 飲酒運転 | インターホン | インベーダーゲーム | ウィキペディア | ウィキペディア執筆 | ウィキペディア・リレー | ウォーターフォール・プログラミング | 腕相撲 | エア東大受験 | ええじゃないか | エキナカツアー | エコライフ | エスカレータで1段とばし | エロゲー | エロ本隠し | エロ本隠しinパソコン | エロ本狩り | 宴会芸 | エンドレスファックス | 大垣ダッシュ | 置き石 | 屋上ダイブ | お琴割り | 大人の修学旅行 | オナニー | おなら | 鬼ごっこ | おねだり | オペ | おめでとうコール・おめでとうメール | オヤジ狩られ | | 親不孝 | オラオラ無駄無駄 | お料理片手にお洗濯
か行カーチェイス | カーナビ | カーマゲドン | ガールズスメルスメリング | 外国人犯罪 | 階段レース | 書き分け | 核戦争 | かくれんぼ | かけこみ降車 | かけこみ乗車 | 駆け込み需要 | 過剰定員 | 7ffa 学校でウンコ傘泥棒 | 仮名遣 | カミングアウト | 仮面ライダー響鬼 | 仮面ライダーW | ガラスの仮面 | 監禁 | 寒中水泳 | 浣腸 | カンニング | カンニングペーパー | 記憶喪失 | 記事荒らし | キセル乗車 | 帰宅 | 肝試し | 逆走 | 虐待 | キャッチボール | 究極の偽善 | 九死に一生 | キューブ | 急ブレーキ | 強行突破 | 京都奈良3泊4日修学旅行 | 協力防空戦 | ギョムタマダ | ギロチン | 金印探し | 禁オナニーマラソン | 金魚救い | 金玉潰し | 緊縛 | 祇園祭 | クイズマジックアカデミー | 草むしり | クソゲー | 靴投げ | 苦難の行軍 | 組体操 | グモッチュイーーン | クラウドファンディング | クリスマス | 栗まんじゅう問題 | クレイジータクシー | クレーム | クロックタワー | 軍靴の足音 | 京福電気鉄道 | ゲーム探し | 下水道ごっこ | 激辛 | 仮病 | 毛むしり | ケンカ | 喧嘩 | 現場中継 | ゴールデンウィーク | 公共事業 | 高速バス | 交通違反取締り | 交通事故 | 荒野行動 | 黒板消し落とし | 国立大学法人事務職員 | 誤植 | 誤字訂正 | 個体値厳選 | ゴミ出し | ごみ詰め | コンサート | コントローラー投げ | 昆虫採集
さ行サービス残業 | サイクリング | 最高裁判所裁判官国民審査 | サイコロの旅 | サイバーテスト | 殺害予告 | サボタージュ | 三冠王 | 三国人 | 山菜採り | 散歩 | ジェネシス | 屍姫 | 自作自演 | 自殺 | 試食 | 死体遺棄 | 下着泥棒 | 失神 | 自宅以外は大便禁止 | じっとしている | 自動販売機 | 締め切り破り | 下山 | 下山ダッシュ | ジャイアンシチュー | 弱者 | 謝罪 | 写真撮影 | 首相退陣 | 車内熟睡 | シャリだけ残し | じゃんけん | 修学旅行 | 十字軍 | 渋滞 | 終電 | 祝勝会 | 宿題を家に忘れました | 取材合戦 | 出産 | ショートカット | 賞味期限 | 乗務 | 女性専用車 | 遵法闘争 | 地雷処理 | 尻たたき | 新河岸駅 | 新幹線グモ | 信号無視 | 人身事故 | 人生共和国ルール版) | 人生が変わる1分間の深イイ話 | 新聞勧誘 | 新聞奨学生 | 西瓜割り | スカートめくり | スクールデイズ | スケート | スタンディングオナベーション | ストーカー | ストーブリーグ | ストリート・サバイバル | ストロングスイング | ズクダンズンブングンゲーム | スパイラル自殺 | 相撲(リンチ殺人) | スリーピング | 聖火リレー | 席取り | セキレイ | セクハラサイコロ | 切腹 | 全会一致 | 占拠 | 戦争 | 全裸マラソン | 全力を挙げて見逃す | 全国交通安全運動 | 全日本大学駅伝対校選手権大会 | 想像妊娠 | 遭難 | 雑煮 | ソーシャルメディア | 組閣作業 | 速度制限無視 | ゾンビから逃げる


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:133 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef