アノマロカリス
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アノマロカリス」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒アノマロカリス」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アノマロカリス」の記事を執筆しています。

アノマロカリスは古代の動物である。その異常な姿から奇妙奇天烈生物などと呼ばれることがあり、本人はそれを恥じているため、滅多に出てこなくなっている。
来歴

アノマロカリスは語意としては『奇妙なエビ』である。それは当初発見された姿がエビの尻尾に似て、異常な特徴があったことによる。その特徴とは、何と前半身がない、というとんでもないものであった。つまり、頭部も胴体も足もなかったのである。それでよくエビだと判断したものだと思うが、これは研究者がエビフライのみでエビを見知っており、上半身がないことで攪乱されなかったためである。 ただし、それでは上半身がないことも異常とは感じらないわけで、では彼は何を奇妙と判断したかと言えば、それはつまり、その化石には衣が見えなかったのだ。フライであればつきもののパン粉独特の表面構造がなかったのである。

しかし後にエビを刺身で食ったことのある学者がこれを指摘、胴体部の探索が行われることになった。そして20世紀末、イギリスのウィッチントンがこれを発見したことを発表した。彼の発表したその姿は、あまりにも想像を絶するものであった。何と、エビの尻尾と思われていたものは、巨大な胴体の先端にあって、口の周りの触手だったというのである。つまり、エビの尻尾二本を口の前につけた奇妙な動物だ、というのである。

これはその奇想天外な姿から一般の人気を博し、さらにその顛末を記した本が売れたことで、NHKでドラマに取り上げられるまでになった。 公表されている復元図
隠された事実

だが、事態には、さらに信じられないどんでん返しが待っていた。というのは、その姿のあまりの奇天烈さに、疑問を持つ研究者が続出したのである。彼らはウィッチントンの標本を精査し、その結果、彼が大きな誤解をしていることを発見した。そのエビっぽい形の出ているところを詳しく調べて、そこに穴があり、エビの尻尾はその穴から出ていることを発見したのだ。

他方で、それ以前にエビのしっぽ部分だけの化石が多数発見されていることは、この穴とエビのしっぽがしっかりと繋がってはいないことを意味すると考えるのが当然であろう。つまり、エビのしっぽは単に差し入れてあっただけなのである。

そうなれば事態は明らかだ。その穴は、位置から判断して鼻の穴とわかるし、鼻の穴にエビを差し入れる理由など、一つしかない。彼らはエビの胴体を食べた後、その尻尾を鼻に刺し、隠し芸をしていたのである。つまりこの動物は宴会を開いていたと言うことでもあり、これは生物学史上、もっとも古い 4a72 宴会芸の証拠と考えられるのである。

ただ、これは同時にこの動物が高度の知能を持っていたこと、恐らく文明すら持っていたことを示すものであり、人間の尊厳を大きく揺るがしかねない事実でもある。そのため、この事実は一部科学者の中で深く秘匿されることとなった。

現在でもここに示すようなアノマロカリスの図は見ることが出来る。だが、それらの学者は、それが全くの出鱈目であることを知っている。実際に箱の姿は仮のものであったばかりでなく、さらに鼻にエビを差し入れることの出来る手と、そんな風に調子に乗った時には必須の手ぬぐいかぶりを有していたのは疑う余地のない事実であり、研究者達はこの図を眺めては、皮肉にこうつぶやくのだ。「復元図なんて、そう当てには出来ないんだけどね」

なお、学名の命名規約上はアノマロカリスはエビの尻尾に付いた名であり、ここでいうアノマロカリスを鼻に刺した動物は名前を持っていない。もちろん上記の事実を知られないためである。同時に、アノマロカリスの胴体も未だ不明なわけだが、これもこのまま探求されないで終わる公算が大である。
関連する生物

なお、アノマロカリス、というより、アノマロカリスというエビを鼻に刺した動物は強靱な歯を持っており、その歯形の着いた三葉虫化石も発見されている。その歯形は三葉虫の腹部の横から入っており、もう少し深く入れれば三葉虫は三日月型となり、アノマロカリスの形に近くなる。この事から、一部の学者はアノマロカリスを鼻に刺した動物は三葉虫をその代わりに使ったことがあるのでは、という可能性を指摘している。だが、鼻に三葉虫(の断片)を挿した化石は発見されていない。

一説には、彼らの中には、やはりエビを差し入れるのが正統派であり、三葉虫を加工して挿すのは邪道、との判断があり、異端視されたためごく少数にとどまったか、あるいは迫害されたためではないかというものもある。いつの世も、先進的な試みは虐げられるものである。

更新日時:2017年2月2日(木)10:37
取得日時:2021/09/18 01:13


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5835 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef