アイギス
[Uncyclopedia|▼Menu]

アイギスとは、アトラスから発売されたジュブナイルRPG(手っ取り早く言うとギャルゲー)ペルソナ3(FES)の真のヒロインであります。目次

1 概要

2 ヒロインとしての優遇ぶり

3 アイギスをめぐる陰謀論

4 仕様

4.1 膂力

4.2 オルギア

4.3 ペルソナ

4.4 意味不明な機能

4.5 追加武装


5 アイギスは本当に「ロボット」か?

6 ファン待望の立体化

7 関連項目

概要

CV:坂本真綾(ライトニングさん、ルナマリア、フィオナ・イェルネフェルト)

身長:163cm

体重:バキューン!!

血液型:バキューン!!と見せかけて、実はエラーコード404。

生年月日:2000年2月くらい

一応私立月光館学園2年F組に所属。同時に桐条グループの研究部門の所有物でもある。その扱いの良さもあり、「?であります」と「なるほどなー」の二つの台詞で多くの男性プレイヤーを撃沈した、まさに「戦車」。てゆうか、何故に女性型?ちなみに、首の大きな真っ赤なリボンを外してしまうと異様に首が長く見える。また、足がまるで馬の蹄のようであり、この辺は好みが分かれる。(このゲームの作曲をやっちまった奴は気に入らない派)
ヒロインとしての優遇ぶり こういう妄想をするプレイヤー多数。

一応「人間」の扱いなのだが、「ヒト」ではない。この点うるさい奴もいるので気をつけよう。なんにせよ、その最大のアドバンテージは制服を着ているとき以外は常に「裸」であること。実際、戦闘中は裸、あろうことか露天風呂でも裸。そのため、下手な生身のキャラクターより遥かにいやらしいというのも紛れも無い事実。

また彼女の身体は機械であり、中身が見えようがどうしようが「単なる部品」なので規制は不要である。画像も乳首が見えているかのようだが、部品なので何の問題もない。

この点を存分に生かして無茶苦茶な妄想をするプレイヤーが続出。最早ダ検閲により削除。そんな彼女に対抗できるのは会長だけ。
アイギスをめぐる陰謀論

実はこのゲームは、実際に社会に女性型ロボットが出回った際に世の男共がどのような反応を示すかをテ 64bb ストするために発売されたのではないかともごく一部、ダッフルコートくらいの範囲でいわれている。FESの通常版、アペンド版が異常に高い値段で販売されたのもロボット製作費用の収集のためではないかとも。まあ、あのような結果では足しにもなんないだろうけど。一説によると、あまりにアイギスを検閲により削除ルとしか見ない男共が多かったため、2007年8月現在実用化が3.5/2.851秒ほど遅れてしまったという。そんな奴らを駆除して少しでもアイギスの実用化を早めるために開発されたのがメティスとのこと。「姉さんは私が守ります」
仕様

最高速度:130km/h

最大積載量:300kg以上
膂力

腕力、握力共に高く、その辺の鎖くらいなら易々引き千切るし、ホッチキスだって平然と握りつぶす。その様子を目の当たりにした伏見千尋はチョメチョメしてしまった。てか、そんな握力発揮したらハンドガンの銃身が歪むんじゃ……?それ以前に、銃器しか使えないんだからそんなに膂力を上げる必要あんのか、コラ?と思ったが、これらアホみたいな膂力は光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士になるためだったんですね。分かります。
オルギア

一時的にステータスを底上げする、「オルギアモード」を搭載。が、何故か発動した途端に攻撃が命中しなくなる気が。あまり変わった気もしない。それに、すぐ効果切れるし、使用後はオーバーヒート。あまりの使い勝手の悪さにアイギス自身も使用方法を忘れてしまっていたりする……。
ペルソナ

使用ペルソナは物理バカ。とにかく物理攻撃しか覚えない。加入当初は「電光石火」で鬼神のごとくだが、すぐに使えなくなる。「ヒートウェーブ」を覚えたあたりで持ち直すもこれまたすぐに用済み。深層モナド以降は物理耐性のある敵が殆どで、全HPの1/3を削って出した攻撃のダメージが20にも満たなかったときは泣ける……。しかも「チャージ」を覚えない……。HP消費を禁じる命令コマンドが無いためやたら死にかける。ザコ戦では出番無いぞ。「ディアラハン」と「サマリカーム」が無かったら完全にスクラップ。いや、ダッ検閲により削除か。これほど使えるときとそうでないときで開きがあるキャラも珍しいっちゃあ珍しい。
意味不明な機能

ロボットなのに疲労する。流石に風邪を引くことは無いが。でも、何気にうぜえ。頑張るときには耳から煙が……。壊れてるんじゃ……?
追加武装

FESでついに念願のフルアーマー化。全身ハリネズミのごとく武装し、あらゆる敵をなぎ倒せるようになった…が!ストーリーの進行上、その脅威の威力は仲間に向けられることになってしまう。ちなみに本人は強力な武器より妹メティスのスカートパーツがうらやましい。黒沢巡査に頼んで作ってもらおうと画策中。
アイギスは本当に「ロボット」か?

作中ではアイギスはイマイチ「ロボット」らしさを見せない。まあ、シナリオの練りこみ不足と言ってしまえばそれまでなんだけどさ。他の作品の「ロボット」と比較して、決定的に異なるのが目に見える「破損」の度合い。アイギスは本編中ではせいぜい左肩のパーツが外れた程度だが、ゼノサーガシリーズにおいて、KOS-MOS岳羽ゆかりに匹敵するバカ女シオン・ウヅキを体がバラバラになっても守っていたりする。体をぶっ壊すのは「ロボット」らしさを見せる上で非常に重要。が、アイギスにはこれが決定的に欠けている。タカヤ(ペルソナ3)のS&W M500から主人公達をかばったりとか、そういうのが無い。そんなんで、「偽りの命」とか、「自分には命が無い」とか言われても、説得力ないんだよなぁ、ホント……。何のための「アイギス(Aegis)=盾」なんだか……。
ファン待望の立体化

コトブキヤ、アルターより発売予定。でも、アルターの方に人気が集中しちゃってるのは内緒。
関連項目

ファイナルファンタジーXIII

ロボ娘


アオーン! オレサマ シッテル! 「アイギス」マダ

カキカケ
カヒツシナイト オレサマ オマエ マルカジリ! (Portal:スタブ)


更新日時:2020年10月18日(日)22:50
取得日時:2021/07/27 08:43


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef