きくらげ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キクラゲ」の項目を執筆しています。 木に生えたキクラゲ。

木耳(きくらげ)とは木に寄生するクラゲの一種である。
概要

なぜ木に耳と書いてきくらげと読むのかは、耳に似ていてに寄生するからといわれている。に耳ありの語源はここから来ていて、昔の木造住宅にキクラゲが生えることが多かったことから来ている。しかし実際のところ耳というよりは、使い古されて黒くなったアーン♥♥を連想させる。

その生態は長らく謎であったが、日本の動物学者の木倉源三(きくらげんぞう、1782?1835)による長年にわたる調査の結果、満月の夜にから上陸したクラゲが、海岸の松の林に寄生していることが明らかとなった。

クラゲが陸に上がるという説は鎌倉時代からあったのだが、これを見ると呪われるという噂とともに流布したため解明しようというものは江戸時代まで現れなかった。

この行動については謎も多いがクラゲマーチと呼ばれ、クリスマス島のレッドクラブの大移動のような習性ではないかと指摘する学者もいる。前述どおり家の中に生えることもあり、厳重にに戸締りをしても侵入するためサンタクロースとの関係があるといわれている。その後海岸の松に寄生したクラゲは5年ほどの時間をかけ黒く変化していく。

一般家庭で料理に使われているキクラゲは、松の林について一年ほどのミズクラゲを乾燥し、醤油で煮込んだやっすいものである。各家庭で簡単にできるが、カツオノエボシのようなドククラゲをキクラゲにするとそのままでお召し上がりになるので注意したい。最近はエチゼンクラゲのものが多く市場に出回っており安価だが肉厚な身が人気である。

中華の本場中国では珍しいクラゲをキクラゲにし、食べるのを楽しむ文化がの時代からあったとされる。日本で最古のきくらげの書物への登場は枕草子清少納言も「キクラゲのコリコリいとおかし」と記した。
こぼれ話

南半球諸国に建っている中華料理店で用いられている物は、実はご当地名産のペンギンの肉であり、生物学的には「門」レベルで違う全くの別物である。

フード・マイレージの観点からはこれで良いと言えるのだが、菜食主義者(広義の)の為に正当な表示が義務付けられねばならない。しかし、何故かなかなか実現していない。
関連項目

メンマ

まんこ

c06 このキクラゲは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2020年12月15日(火)15:36
取得日時:2021/09/13 19:53


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4504 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef