お約束
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…文学離れとお約束[編集]日本の文学作品を見てほしい。え?嫌だって?それはバッドエンドばっかりだからかい?

実際、驚くべきでもなんでもないが日本の文学作品はバッドエンドが非常に多い。ヤンデレ精神崩壊ストーリーの元となった、森鴎外の『舞姫』(最後に発狂したヒロインを置いて逃げる)、死亡フラグの原点となった、夏目漱石の『こころ』(さまざまな伏線を張って最後は自殺)など、お約束を好む人間には耐えがたいバッドエンドが待っている。(というより、文学作品はほかの創作よりもより現実に即しているためこうなってしまうのである。)従って、文学離れの原因はお約束を好む傾向にあるという見解もある。

しかし、文学小説は商業誌ではないので売り上げを気にする必要があまりない。したがってこのような形式でも全く問題はなく、文学を理解できる人にさえ読んでもらえれば十分なのであろう。いや、むしろバッドエンドであることが竹取物語で確立された日本文学のお約束である。
お約束が嫌いな方へ

現実世界に目を向けてください。あなたが求めているものはそこにあります。
関連項目

4388
暗黙の了解

ご都合主義

ヒーロー

正義

現実

約束の地

誰にも言うな

ベタ

時代劇

予定調和

超展開


この項目『お約束』は、お約束な展開ばかりで面白くありません。もっと奇を衒ったことを書いてくれる人を探しています。 (Portal:スタブ)

↑スタブを張るのはアンサイクロペディアの記事でのお約束の一つである。

更新日時:2018年12月16日(日)21:01
取得日時:2021/06/21 00:46


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7990 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef