おもちゃ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「玩具」の項目を執筆しています。

おもちゃ、玩具(がんぐ)とは、人が悦楽のために使う道具のこと。例えば、楽しいスポーツのためのラケットやグローブ、ユニフォーム、楽しい仕事のための電話パソコンなどを指す。

また、悦楽のためであれば、「おもちゃ」に特定の用途は定義されない。例えば、楽しい仕事のための電話やパソコンは、楽しければそもそも仕事のためである必要はない。また、電話には離れた相手と会話するため、パソコンには書類の作成やデータの整理のためなどという用途があるが、「おもちゃ」としての場合はこのように使う必要はなく、例えば気が済むまで鉄パイプで破壊したり、あるいはアナルオーガズムに達するまで自分の肛門の中に挿入することができる。

また、取るに足らないようなつまらないもの、用途の不明なものについて、楽しめる用途を見つければ、その用途で「おもちゃ」として使うことが可能となる。例えば、すぐそこの道を歩いている知らない人のことを「おもちゃ」とすることも可能。捕まえて人気のない場所へ連れていき、気の済むまで娯楽のために使うことができる。だが、このようにして自己の悦楽を追求したものは、多くが病院や刑務所の中に入れられる。

このように「おもちゃ」という概念は危険性をはらむため、一般的には娯楽のみを目的として安全に設計されたものが「おもちゃ」と呼ばれ、トイザらスやドン・キホーテで販売されている。
玩具の例

したがって以下では余計だが一応、上記で述べた一般的な意味でのおもちゃについて解説する。

おもちゃには子供向けのおもちゃと大人向けのおもちゃがある。まず、子供向けのおもちゃには、子供の健全な発育を補助する目的がある。例えば着せ替え人形で子供は服飾についての感性を育むことができ、おもちゃの調理器具では見よう見まねで料理の仕方を覚えることができる。また、ルービックキューブに熱中すれば頭脳は柔軟になり、やがて強力な特技を身に着けられる。だが、子供の発育が進めばその意味は薄れ、目的は徐々に歪んでいく。やがて、おもちゃを所有する目的は所有欲を満たすこととなり、おもちゃを所有することは経済力を誇示するためのステータスになっていく。その最終形態が大人のおもちゃである。

大人のおもちゃには二つの種類があり、いい大人でもハマれるような趣味のためのもの、例えば模型やフィギュアのようなものと、もう一つはいわゆる「セルフプレジャー」を目的としたエロい意味でのおもちゃがある。後者のおもちゃについては、おもちゃの中では珍しく、所有者の多くにとって入手の動機が所有欲とは全く異なるものとなる。それはすなわち、ちんちんをおもちゃの中に挿入したいとか、おもちゃを肛門の中に挿入したいとか、あるいはおもちゃでクリトリスを吸引したいとかいうものであり、所有欲よりも歪なものである。
外部リンク

現職K官とやらないか? 投稿者:淫乱ポリス [転載禁止]c2ch.net


関連項目

ゲーム

ごっこ遊び

サイコロ


この記事「おもちゃ」はアンサイクロペディアに存在する玉石混交の記事の中でもの部類、それも綺麗なエメラルドの原石に当たります。
しかし、実際はエメラルドのように見えるだけの 29c 鹸化したウンコに過ぎず、すなわちまだ書きかけの状態にあります。
より詳しい方がこの記事を充実させてください。 (Portal:スタブ)
d5b

更新日時:2022年7月3日(日)01:40
取得日時:2022/08/18 07:54


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4829 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef