Youtube
[Wikipedia|▼Menu]

YouTube, LLC
企業形態LLC
設立2005年2月14日(13年前) (2005-02-14)
本社 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンブルーノ チェリー通り 901
北緯37度37分41.5秒 西経122度25分35.4秒? / ?北緯37.628194度 西経122.426500度? / 37.628194; -122.426500座標: 北緯37度37分41.5秒 西経122度25分35.4秒? / ?北緯37.628194度 西経122.426500度? / 37.628194; -122.426500
事業地域全世界
創業者スティーブ・チェン
チャド・ハーリー
ジョード・カリム
主要人物スーザン・ウォシッキーCEO
チャド・ハーリー(アドバイザー)
所有者Google(2006年 - )
ウェブサイトwww.youtube.com
アレクサ
ランキング
2位[1]
種類動画共有サービス
広告Google AdSense
登録任意
(動画の投稿、動画へのコメントや評価の場合は必要。閲覧のみの場合不要)
ユーザー数10億人以上
対応言語76言語
開設2005年2月14日 (2005-02-14)
現況運営中

プロジェクト YouTube

YouTube(ユーチューブ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンブルーノに本社を置く世界最大の動画共有サービス。Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管テレビ)」という意味である[2]


目次

1 歴史

2 動画

2.1 視聴

2.1.1 有料サービス


2.2 アップロード

2.3 YouTube Live

2.4 Google+との連携

2.5 マルチアングル動画


3 世論への影響

4 収益化

4.1 弊害


5 著作権問題

5.1 YouTube側の対応

5.2 テレビ局の対応

5.3 レコード会社の対応

5.4 法廷闘争

5.5 日本における著作権法改正案


6 アクセス規制措置

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 関連項目

9 外部リンク


歴史カリフォルニア州サンブルーノにあるYouTube本社。

2005年2月14日、PayPalの従業員であったチャド・ハーリースティーブ・チェンジョード・カリムらがカリフォルニア州サンマテオで設立した[3]。設立のきっかけはハーリーらが友人にパーティーのビデオを配る方法として考えた技術を使い、「皆で簡単にビデオ映像を共有できれば」と思いついたことによる[4]。初めて投稿された動画は、ジョード・カリムがサンディエゴ動物園の象の前にいる様子を映した「Me at the zoo」である[5]

セコイア・キャピタルからの投資を受け、12月より公式にサービスを開始[6]。10月に会社をカリフォルニア州サンブルーノに移転した。

アメリカでは2005年12月頃にNBCの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』がアップロードされていたことからブログなどで話題になり[7]、2006年上旬にはYouTubeの映像をブログなどに貼り付け簡単に見られるAPIも公開され爆発的に普及した。日本でもこの頃からブログなどで紹介され人気が上昇した。

2006年4月にアメリカの映画制作会社のワインスタイン・カンパニーディメンション・フィルムズと提携し、映画の予告編がYouTubeで配信された[8]。これを初めとして様々な企業や団体がYouTubeにチャンネルを持ち、コンテンツを公開するようになった。

YouTubeはサーバの回線コストだけで月間100万ドルに達すると言われていたため、どう収益を上げていくかが注目されていたが[9]2006年10月9日に16億5000万ドルの株式交換でGoogleの買収に同意した[10][注 1]

アップロードされた動画に対し厳しい規制が取られてしまうのでは」と一般ユーザーから危惧が持たれていたが、ハーリーCEOは「YouTubeはGoogleに買収されたが、今後もYouTubeとしたブランドで独立したサービスを提供し続ける」と述べた。またGoogle側も類似サービスであるGoogle Videoのサービスを継続し、検索窓を通じてYouTube内の動画を検索するサービスを開始した[11]

その後、タイム誌の「Invention of the Year for 2006」に選出[12]

2007年3月、民間調査会社のネットレイティングスから日本国内家庭からの利用者が1000万人を超えたことが発表された[13]。同年5月、第11回ウェビー賞を受賞[14]

2008年11月22日、YouTube本部が主催する公式イベント「YouTube Live」がサンフランシスコで開かれ、11月23日には東京で「YouTube Live Tokyo」が開かれた。

2013年9月14日、YouTubeが主催する公式イベント『YouTube エンタメウィーク』が開催される。プロデューサーは高須光聖

2014年7月、YouTubeが常時SSL化(常時https)された。

2017年12月、YouTubeがオリジナルビデオである『YouTube Originals』を開始した。アイドリッシュセブンのスピンオフ作品などが視聴できる。[15]

2018年4月3日カリフォルニア州サンブルーノの本社オープンカフェで、銃乱射事件が発生。サンディエゴに住む39歳女性ユーチューバーによる犯行とみられ、容疑者女性は自殺した。容疑者はYouTubeと長年争っており、YouTubeがコンテンツクリエイターを抑圧しようとしていると主張、投稿したビデオに対する支払いが止められたことに憤っていた[16][17][18]
動画
視聴

サービスは基本無料で利用できる。登録していなくても、多くの動画を見ることが出来る。動画の評価をしたり、コメントを残すことや、再生リストの作成には、無料の会員登録が必要である。Ajaxと呼ばれる技術が用いられており、YouTubeを利用するにはJavaScriptを有効にする必要がある。

かつてはAdobe Flashを用いた動画再生が行われていたが、2015年からHTML5での再生が標準になった[19]

再生リスト(キューに追加・追加先)により、動画をまとめたり自動再生(リピート)やシャッフル再生をすることができる。

2006年当時から機能追加も活発に行われており、大画面テレビでの視聴向け(家庭用ゲーム機含む)の「YouTube TV」[20]や「YouTube Leanback」も公開されている。
有料サービス

YouTube RED - 一定料金を払うことで動画に広告が表示されなくなるサービス。一部の国と地域で実施されている。

レンタル - 有料コンテンツに料金を払うと、時間限定で動画を視聴できるサービス。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:87 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE