Youtube
[Wikipedia|▼Menu]

YouTube, LLC
企業形態LLC
設立2005年2月14日(13年前) (2005-02-14)
本社 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンブルーノ チェリー通り 901
北緯37度37分41.5秒 西経122度25分35.4秒 / 北緯37.628194度 西経122.426500度 / 37.628194; -122.426500座標: 北緯37度37分41.5秒 西経122度25分35.4秒 / 北緯37.628194度 西経122.426500度 / 37.628194; -122.426500
事業地域全世界
創業者スティーブ・チェン
チャド・ハーリー
ジョード・カリム
主要人物スーザン・ウォシッキーCEO
チャド・ハーリー(アドバイザー)
所有者Google(2006年 - )
ウェブサイトwww.youtube.com
アレクサ
ランキング
2位[1]
種類動画共有サービス
広告Google AdSense
登録任意
(動画の投稿、動画へのコメントや評価の場合は必要。閲覧のみの場合不要)
ユーザー数10億人以上
対応言語

76言語[2]
アフリカーンス語

アゼルバイジャン語

インドネシア語

マレー語

カタルーニャ語

チェコ語

デンマーク語

ドイツ語

エストニア語

英語(英国方言)

英語(米国方言)

スペイン語(スペイン方言)

スペイン語(ラテンアメリカ方言)

バスク語

タガログ語

フランス語(フランス方言)

フランス語(カナダ方言)

ガリシア語

クロアチア語

ズールー語

アイスランド語

イタリア語

スワヒリ語

ラトビア語

リトアニア語

ハンガリー語

オランダ語

ノルウェー語

ウズベク語

ポーランド語

ポルトガル語(ポルトガル方言)

ポルトガル語(ブラジル方言)

ルーマニア語

アルバニア語

スロバキア語

スロベニア語

フィンランド語

スウェーデン語

ベトナム語

トルコ語

ブルガリア語

キルギス語

カザフ語

マケドニア語

モンゴル語

ロシア語

セルビア語

ウクライナ語

ギリシア語

アルメニア語

ヘブライ語

ウルドゥー語

アラビア語

ペルシア語

ネパール語

マラーティー語

ヒンディー語

ベンガル語

パンジャブ語

グジャラート語

タミル語

テルグ語

カンナダ語

マラヤーラム語

シンハラ語

タイ語

ラーオ語

ビルマ語

グルジア語

アムハラ語

クメール語

中国語(簡体字)

中国語(繁体字)

中国語(香港方言)

日本語

朝鮮語

開設2005年2月14日 (2005-02-14)
現況運営中

YouTube(ユーチューブ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンブルーノに本社を置く世界最大の動画共有サービス。Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管テレビ)」という意味である[3]
目次

1 歴史

2 動画

2.1 視聴

2.1.1 有料サービス


2.2 アップロード

2.3 YouTube Live

2.3.1 スーパーチャット


2.4 Googleとの連携

2.5 マルチアングル動画

2.6 YouTube プレミア(YouTube Premieres)


3 世論への影響

4 収益化

4.1 弊害


5 著作権問題

5.1 YouTube側の対応

5.2 テレビ局の対応

5.3 レコード会社の対応

5.4 法廷闘争

5.5 日本における著作権法改正案


6 アクセス規制措置

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 関連項目

9 外部リンク

歴史 YouTubeの創業者たち : 左からチャド・ハーリースティーブ・チェンジョード・カリム

2005年2月14日、PayPalの従業員であったチャド・ハーリースティーブ・チェンジョード・カリムらがカリフォルニア州サンマテオで設立した[4]。ハーリーはペンシルベニア州立インディアナ大学でデザインを、チェンとカリムはともにイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校計算機科学を学んだ[5]

メディア上でよく取り上げられる一説によれば、ハーリーとチェンが2005年の初めにYouTubeのアイディアをひらめいたのは、サンフランシスコのチェンのアパートで開かれたディナーパーティの動画を共有するのに苦労したことがきっかけだったとされている。カリムはこのパーティに出席しておらず、そのようなパーティが開かれたこと自体を否定している。チェンは、パーティは実際に開かれたとした上で、「YouTubeはディナーパーティをきっかけにされた」という物語は、わかりやすいストーリーを必要とするマーケティング上の都合によってかなり強調されていることを認めた[6]

カリムによると、YouTubeの発想のきっかけとなったのは、2004年にジャネット・ジャクソンが起こした第38回スーパーボウルでのハプニング(パフォーマンス中にジャクソンの胸が露出した)と、同じく2004年に発生したスマトラ島沖地震だった。カリムはインターネット上でそれらの事件の動画を探したが、どちらの出来事の動画も簡単には見つけることができず、その体験が動画共有サイトのアイディアを生んだという[7] サービス開始から2011年まで使用されたYouTubeのロゴ。Broadcast Yourself とのスローガンが含まれていた。

YouTubeはベンチャーキャピタルが出資するスタートアップ企業として開業した。主な出資者はセコイア・キャピタルであり、2005年11月から2006年4月までの間に1150万米ドルをYouTubeに投資した[8]。当初、YouTubeの本社はカリフォルニア州サンマテオのピザ販売店・日本食レストランの2階に置かれていた[9]。www.youtube.comのドメインは2005年2月14日に有効化された[10]。ハーリーとチェンによれば、最初期のYouTubeは動画版のHot or Not(英語版)(ユーザーが異性の画像をアップロードできる出会い系サイト)を目指しており、その方向性を示したのはカリムだった[6][11]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:127 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE