World_Wide_Web
[Wikipedia|▼Menu]

「WWW」と「ウェブ」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「WWW (曖昧さ回避)」、「ウェッブ」をご覧ください。

世界初のウェブブラウザについては「WorldWideWeb」を、インターネットスラングについては「(笑)」をご覧ください。

インターネット
Opte Projectによる、インターネットの一部を通した
ルーティングパスの視覚化
主要項目アクセス(英語版) - 検閲 - 民主主義
情報格差 - デジタル権利(英語版)
情報公開 - インターネットの歴史
インターネット現象
ネットワーク中立性
先駆者(英語版) - プライバシー(英語版)
社会学(英語版) - 使用率(英語版)
ガバナンスICANN
Internet Engineering Task Force
インターネットガバナンスフォーラム(英語版)
インターネットソサエティ
情報基盤(英語版)Domain Name System
Hypertext Transfer Protocol
インターネットエクスチェンジ
Internet Protocol
インターネット・プロトコル・スイート
インターネットサービスプロバイダ
IPアドレス
POP3 email protocol
Simple Mail Transfer Protocol
サービスブログミニブログ)- 電子メール - Fax
ファイル共有 - ファイル転送(英語版)
ゲーム - インスタントメッセージ
ポッドキャスト - 電子商店街
インターネットテレビ - VoIP
World Wide Web(検索エンジン










World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ、略名:WWW)とは、インターネット上で提供されるハイパーテキストシステム。Web、ウェブ、W3(ダブリュー スリー)[1]とも呼ばれる。俗には「インターネット」という表現がワールド・ワイド・ウェブを指す場合もある。


目次

1 概要

2 歴史

3 社会的影響

4 技術

4.1 仕組み

4.2 標準規格

4.3 JavaScript

4.4 アプレットとプラグイン


5 統計

6 雑学

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク

9.1 標準規格


概要ウィキペディアの周辺の World Wide Web をグラフィック表現したもの。複雑ネットワークの一例でもある。

ワールドワイドウェブではドキュメント(ウェブページ)の記述には主にHTMLXHTMLといったハイパーテキスト記述言語が使用される。ワールドワイドウェブで使われるハイパーテキストとは、文書中に別の文書のURLへの参照を埋め込むことで(これをハイパーリンクと呼ぶ)インターネット上に散在する文書同士を相互に参照可能にするシステムである。閲覧者は表示している文書中でハイパーリンクが付された箇所をクリックやタップなどする事でハイパーリンク先の文書を表示させることができる。

世界中に張り巡らしたような、文書間のつながり方が蜘蛛の巣を連想させることから、世界に広がる蜘蛛の巣を意味する「World Wide Web」と名付けられた。尚、蜘蛛の巣は現実のケーブルの配線を表しているわけではない。HTMLの記述方式は比較的単純なため、急速に広く普及した。

ワールドワイドウェブにアクセスするためのソフトウェアユーザーエージェント)は WWW クライアントと呼ばれる。そのうち、利用者による閲覧を目的としたものは特にウェブブラウザ(WWW ブラウザ、あるいは単にブラウザ)と呼ばれる。また、ワールドワイドウェブのサービスを提供するソフトウェアを「WWWサーバソフトウェア」あるいは単に「ウェブサーバ」という。

検索エンジンウェブディレクトリの出現により、ワールドワイドウェブは徐々にその真価を発揮し始める。数学的な理論に基礎付けられたウェブページの順位決定法を実用化することによって、検索エンジンの首座は一気呵成に確定した。それとは対照的に、すべての分野に亘って個々の事例の集積を要するウェブディレクトリの作成は、継続的で地道な作業によって成し遂げられる辞書の編纂と似ている。前者が数学的手法に依存しているのに対し、後者は分類学的手法によっている点が対照的である。
歴史バーナーズ=リーがCERNで使用していたNeXTcube。最初のWWWサーバとなった。

ウェブの根底にある考え方は1980年ティム・バーナーズ=リーロバート・カイリューと構築したENQUIRE (エンクワイア)に遡ることができる。その名称は「エンクワイア・ウィズィン・アポン・エブリシング」[2]というビクトリア朝時代の日常生活のハウツー本に由来していて、バーナーズ=リーが幼少のころを思い出して付けたものである。それは現在のウェブとは大分違うが、根本的なアイデアの多くを含んでおり、更にはバーナーズ=リーの WWW 後のプロジェクトである セマンティック・ウェブ の考え方をも含んでいた。しかし、ENQUIRE は一般に公表されるまでには至らなかった。

1989年3月、欧州原子核研究機構 (CERN) のティム・バーナーズ=リーは「Information Management: A Proposal」(情報管理: 提案)を執筆し、ENQUIRE を参照しつつさらに進んだ情報管理システムを描いた[3]。彼は1990年11月12日、World Wide Web をより具体化した提案書「WorldWideWeb: Proposal for a HyperText Project」[4]を発表した。実装は1990年11月13日から開始され、バーナーズ=リーは最初のウェブページ[5]NeXTワークステーション上に置いた。

その年のクリスマス休暇の間に、バーナーズ=リーは WWW に必要な全ツールを構築した[6]世界初のウェブブラウザウェブエディタでもある)と世界初のWWWサーバである。

1991年8月6日、彼は World Wide Web プロジェクトに関する簡単な要約[7]をalt.hypertextニュースグループに投稿した。この日がWWWがインターネット上で利用可能なサービスとしてデビューした日である。

ハイパーテキストの概念は1960年代にまで遡ることができる。テッド・ネルソンザナドゥ計画ダグラス・エンゲルバートoN-Line System (NLS) などである。ネルソンもエンゲルバートも、ヴァネヴァー・ブッシュマイクロフィルムベースの夢の装置 memex の影響を受けたものであり、memex は1945年の論文「As We May Think」[8]で描かれている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE