World_Wide_Web
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

「WWW」と「ウェブ」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「WWW (曖昧さ回避)」、「ウェッブ」をご覧ください。

世界初のウェブブラウザ(閲覧ソフト)については「WorldWideWeb」を、電子掲示板で用いられるインターネットスラングについては「(笑)」をご覧ください。

インターネット
Opte Projectによる、インターネットの一部を通した
ルーティングパスの視覚化
主要項目アクセス(英語版) - 検閲 - 民主主義
情報格差 - デジタル権利(英語版)
情報公開 - インターネットの歴史
インターネット現象
ネットワーク中立性
先駆者(英語版) - プライバシー(英語版)
社会学(英語版) - 使用率(英語版)
ガバナンスICANN
Internet Engineering Task Force
インターネットガバナンスフォーラム(英語版)
インターネットソサエティ
情報基盤(英語版)Domain Name System
Hypertext Transfer Protocol
インターネットエクスチェンジ
Internet Protocol
インターネット・プロトコル・スイート
インターネットサービスプロバイダ
IPアドレス
POP3 email protocol
Simple Mail Transfer Protocol
サービスブログミニブログ)- 電子メール - Fax
ファイル共有 - ファイル転送(英語版)
ゲーム - インスタントメッセージ
ポッドキャスト - 電子商店街
インターネットテレビ - VoIP
World Wide Web(検索エンジン










World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ、略名:WWW)とは、インターネット上で提供されるハイパーテキストシステム。Web、ウェブ、W3(ダブリュー スリー)[1]とも呼ばれる。俗には「インターネット」という表現がワールド・ワイド・ウェブを指す場合もある。


目次

1 概要

2 歴史

3 社会的影響

4 技術

4.1 仕組み

4.2 標準規格

4.3 JavaとJavaScript


5 統計

6 雑学

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク

9.1 標準規格


概要ウィキペディアの周辺の World Wide Web をグラフィック表現したもの。複雑ネットワークの一例でもある。

ワールドワイドウェブではドキュメント(ウェブページ)の記述には主にHTMLXHTMLといったハイパーテキスト記述言語が使用される。ワールドワイドウェブで使われるハイパーテキストとは、文書中に別の文書のURLへの参照を埋め込むことで(これをハイパーリンクと呼ぶ)インターネット上に散在する文書同士を相互に参照可能にするシステムである。閲覧者は表示している文書中でハイパーリンクが付された箇所をクリックやタップなどする事でハイパーリンク先の文書を表示させることができる。

世界中に張り巡らしたような、文書間のつながり方が蜘蛛の巣を連想させることから、世界に広がる蜘蛛の巣を意味する「World Wide Web」と名付けられた。尚、蜘蛛の巣は現実のケーブルの配線を表しているわけではない。HTMLの記述方式は比較的単純なため、急速に広く普及した。

ワールドワイドウェブにアクセスするためのソフトウェアユーザーエージェント)は WWW クライアントと呼ばれる。そのうち、利用者による閲覧を目的としたものは特にウェブブラウザ(WWW ブラウザ、あるいは単にブラウザ)と呼ばれる。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE