Wikipedia:出典を明記する
[Wikipedia|▼Menu]

この文書はウィキペディア日本語版のガイドラインです。多くの利用者が基本的に同意しており、従うことが推奨されますが、方針ではありません。必要に応じて編集することは可能ですが、大きな変更を加える場合は、先にノートページで提案してください。ショートカット:
WP:CITE
WP:CS
WP:REF

編集案内
ヘルプFAQ
記事内容のルール

著作権
中立的な観点
検証可能性
独自研究は載せない
存命人物の伝記
信頼できる情報源
出典を明記する
自分自身の記事
原典のコピーはしない
無意味な記述
ネタバレ
外部リンクの選び方
何ではないか

記事を執筆する

独立記事作成の目安
素晴らしい記事を書くには
完璧な記事
編集方針
スタブ
曖昧さ回避
カテゴリの方針
リダイレクト
テンプレート
ページの分割・統合
ページの改名
翻訳のガイドライン
画像などアップロード
ページの編集は大胆に
連続投稿を減らす
常に要約欄に記入する
スタイルのルール

記事名の付け方
スタイルマニュアル
レイアウト
導入部見出し
人物伝フィクション
表記ガイド
外来語表記法
記事どうしをつなぐ
赤リンク
大言壮語をしない
言葉を濁さない
すぐに古くなる表現
箇条書き
雑多な内容の箇条書き
過剰な内容の整理
自己言及を避ける

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

ここでは、出典を明記することの必要性と参考文献の書き方について説明します。

ウィキペディアを執筆する際に、書籍や外部ウェブサイト、現地案内板など(Wikipedia:信頼できる情報源)を参照していることでしょう。そのときは、情報源を明記してください。つまり、参考文献(書籍や論文、ウェブページなど)を見つけるための情報(書誌情報)を書いてください。

これにはいくつか理由があります。
内容に問題がないか確認できる - ウィキペディアの記事は、検証が可能である必要があります。文献が示されていれば、文献を入手するか図書館で閲覧することにより、どのような情報が書かれているか確認することができます。また、執筆に用いた情報源の著者・年代や文脈が明らかになることにより、中立的な観点かどうか調べやすくなります。

読者がさらに調べるときの参考になる - 読者がその情報について、もっと知りたいと思ったときに、文献リストがあればそこから調査できます。

著作権・著作隣接権の遵守 - 著作権法に従って参考文献の記述を引用する場合は、引用の範囲と引用元を明示しなければなりません(Wikipedia:著作権およびWikipedia:著作権で保護されている文章等の引用に関する方針を参照)。また、引用でない部分についても情報源を明記することで、情報源を違法に丸写ししていないかどうか確認しやすくなります。

参考文献のスタイルは、以下で説明します。スタイルから外れていても、誰かが修正してくれるでしょうが、情報を漏らさず記入するように注意してください。

参考文献の節には、記事の内容を裏付ける実際に参考にした文献を挙げてください。項目に関連する読者の参考になりうる書物については、「関連書籍」などとセクション名を分けて区別してくださると、記事の内容を検証するうえで助かります。
目次

1 出典の示し方

1.1 本文中に注釈を挿入する

1.2 個別参照法

1.3 記事末尾に参考文献を記載する


2 記載すべき情報

2.1 書誌情報の書き方(和書)

2.1.1 項目の並び順

2.1.2 項目間の区切り

2.1.3 著者名

2.1.4 書名

2.1.5 発行所名

2.1.6 刊行年月日


2.2 書誌情報の実例(和書)

2.2.1 著者が一人の例

2.2.2 共著の例

2.2.3 編著の例

2.2.4 翻訳書の例

2.2.5 雑誌論文の例

2.2.6 書籍中の論文の例

2.2.7 ウェブサイトの例


2.3 書誌情報の書き方(外国語文献)

2.3.1 著者名

2.3.2 書名


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:67 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE